小田代原

期日 2016年(平成28年) 9月27日(火)
 


コース・タイム
9/27
 宇都宮(8:05) ⇒ 赤沼P(9:23)
     赤沼(9:36) → ハリギリ広場(10:56-11:35) → 小田代展望台(12:18-13:00) → 赤沼(14:03)
 赤沼P(14:09) ⇒ 大江戸温泉霧降(15:00)
9/28
 大江戸温泉霧降(8:43) ⇒ ロマンチック村(9:27:10:00) ⇒ 自宅(10:25)

メンバー
 チコ,私


 そろそろ,小田代原の草モミジが始まっているだろうということで,戦場ヶ原から小田代原を歩いてきた。前回9月1日にも同じコースを歩いたのだが,戦場ヶ原で小学生の団体に会い,その騒々しさに嫌気が差したのを教訓として,今日はその時の逆コースを歩くことにした。
 平日なので
赤沼駐車場に停まっている車は少なかった。


 早速身支度をして歩き出した。この時間では、まだ,小学生の団体は姿を見せていない。
 
奥白根山の頂上が見えた。


 小田代方面への分岐を右に折れて,戦場ヶ原自然研究路に入る。


 入口の所の水はけが悪く,何時もぬかるんでいる。自然研究路は全て木道が設置され,靴を汚す場所は唯一ここだけだ。


 サクラの紅葉は早い。サクラは葉の散るのも早い


 戦場ヶ原の向こうに男体山。今日は空気が澄んでいるので,山頂が近くに見える。


 「ワタスゲデッキ」で写真を撮っていた若いカップルに声をかけた。まず,二人の写真を撮ってあげてから,「どこから来ましたか」と聞いたところ,直ぐには返事が返ってこなかった。日本人ではないことは分かったので,英語で聞き直そうとしたところ,「台湾です」と答えてくれた。私たちの写真も撮ってくれるというので撮って貰った。良い記念になった。


 木道は所々日陰になり,快適な散歩道だ。


 草モミジは小田代原が有名だが,戦場ヶ原の草モミジもきれいだ。正面中央は太郎山


 空気が澄んでいるので,空の青色が濃い。黄色になりつつあるダケカンバの葉と白い雲。どれもがみな輝いている。


 足元に,ミズナラの芽生えがあった。ドングリから芽を出したばかりの赤ちゃんだ。これが,運が良ければ数十年後には大木になる。


 ハリギリ広場で湯を沸かし,コーヒータイムにした。ベンチで休憩中に,湯滝の方から小学生の団体がやってきた。ガイドが先導する少人数のグループで,立ち止まってはガイドが何やら説明をしている。少しすると,赤沼の方からも小学生の団体がやってきた。こちらは,教師(添乗員)が先導する多人数グループだ。ただ歩くだけで通り過ぎていった。
 今日のコース取りは正解だったようだ。私たちは,これから直ぐに右に折れ,小田代原に向かうので,赤沼駐車場の近くに戻るまで,小学生の団体とは会わないだろう。
 
小田代原に着いた。北分岐から反時計回りに小田代原を一周することにした。カラマツ林の向こうに男体山が見える。このカラマツ林はまだ緑色だが,やがて黄葉し,「金屏風」になる。


 小田代原展望台で昼食にした。ベンチに腰を下ろし,バーナーで湯を沸かし,ミニカップ麺を食べた。ここは,「展望台」と言っても,特別に高くなっている場所ではない。先日も,他のハイカーから「展望台はどこですか?」と聞かれたが,案内標識に「展望台」と書かれているのだから,高いところと思い込んでも仕方ない。
 
小田代原の草紅葉は,グラデーションがきれいだ。日光自然博物館発行の「日光の花325」に,「小田代原の草もみじ」という項目があり,種類と色が書かれている。それに依れば,
 
ヤマアワ → 白
 ノガリヤス → うす紫
 ヤマヌカボ → うす紫
 エゾヌカボ → ピンク
 ホザキシモツケ → 深紅



 小田代原に佇むシンボルツリー「貴婦人」 最近,寄る年波のため,痛みが目立ち始めた。倒れてしまうのは,意外と早いかも知れない。


 赤紫のガラス玉のような実は,マイヅルソウの実だ。
 赤沼駐車場に戻ってきた。大型バスが20台以上停まっていた。全部が小学生の団体ではないようだが,一緒にならなくて良かった。


 今日の宿は,大江戸温泉物語日光霧降だ。赤沼駐車場から約50分かかった。この宿は,料金の割には料理が美味しく,私たちのお気に入りの宿の一つだ。霧降という名前の通り,夕方から深い霧に包まれたが,霧は夜半には上がった

 5時5分,東の空が明るくなってきた。南東の空には細い月が輝いていた。


 コンパクトデジカメを,最大望遠にして細い月を捕らえた。この月は更に細くなり,10月1日には新月になる。


 5時25分,東の雲が黄金色に輝いた。


 朝焼けは,頭の真上の方まで広がっていた。


 太陽が顔を出したのは5時36分 日が登ると,朝焼けは姿を消す。


 朝風呂から戻るとき,赤薙山の山肌が朝日を受けて赤く染まっていた。カメラを取りに部屋に戻っている間に太陽は雲に隠れてしまった。



 帰路,道の駅「宇都宮ロマチック村」に寄って野菜などを買って帰った。粒の大きな栗が美味しそうだったので買って帰り,渋皮煮を作った。チコに教えを受けながら,何とか自分でやることができた。最初のゆで時間が長すぎたのか,破裂してしまったものもあり,なかなかうまくいかなかった。次回にはもう少し上手に作ろう。

ページトップへ