高 山

期日 2017年(平成29年) 1月 3日(火)
 


コース・タイム
 宇都宮(6:35) ⇒ 竜頭の滝上P(7:32)
   駐車場(8:09) → 東尾根(8:38-42) → 頂上(10:00-22) → 合流点(11:18-22) → 熊窪(11:46) → 栃窪(12:00-04) →
                                  → 赤岩(12:23) → 休憩(12:30-38) → 竜頭の滝(13:00-08) → 駐車場(13:17)
 駐車場(13:26) ⇒ 宇都宮(14:29)

メンバー
 単独

 正月の高山登山は,2010年ヤッホー宇都宮の新年登山から始まった。それ以後,2011年,2013年,2015年と続き,今年で5回目だ。
 
高山は,中禅寺湖と戦場ヶ原の間にあって標高が1667.5mある。標高が高いので,雪も比較的多いのだが,登山口の標高が1350m程あるので標高差は320m弱で,登りやすい山だ。
 天気予報も良かったので,
1月3日に登ることにして,6時30分に自宅を出,コンビニで朝食と昼食を買って日光に向かった。日光宇都宮道路を走っている間に陽が昇った。いつもの写真だが,バックミラーの中に陽が昇った。
 正面に見える女峰山の山肌がバラ色に輝いた。でも,頂上には雲がかかっている。


 いろは坂を登っていっても,路面にも路肩にも雪はない。

  いろは坂の第11カーブでは,正面から陽が射す。一瞬目がくらみ,前が見えなくなる。そのことを知らずにこのカーブに入ると,慌てることになる。




 中禅寺湖畔でも周りに雪はない。菖蒲が浜から竜頭道路に入ると雪が現れた。路面は凍結している。慎重に車を進めた。


 竜頭の滝上駐車場に着いたが,駐車している車は全くない。薄く雪が覆っているが,積雪は1cmもない。


 車の車外温度計は氷点下2℃を示している。比較的暖かだ。ここは風も吹いていない。



 車内で朝食を食べ,身支度をして歩き出した。今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツにモンベルのクリマブロックロッシュジャケット。その上にラテラのDUALUXジャケットを着た。頭にはニット帽を被った。ザックの中にの軽合金製の14本爪アイゼンを持ち,チェーンアイゼンを履いてスタートした。ストックはザックに取り付け,ピッケルを手に持った。今日はストックの出番はなかった。

 高山の登山口 今年は雪が少ない,というか殆ど積もっていない。一昨年の写真と比較するとよく分かる。



 2015年1月5日の登山口の写真 
 例年はこのくらいの積雪がある。



 この尾根を直登する。ここにも雪はないが,地面はカチカチに凍り付いている。ピッケルの石突きもはじかれるほどだ。


 約30分で尾根の上まで登った。雪がないので,さすがに速い。


 尾根の背を進むと,間もなく夏道と合流する。これほど雪が少なければ,夏道を通っても危険はない。この夏道は,かつて雪崩が起きて遭難者が出たことがあり,積雪時には歩かない方が良い。


 南側の斜面では,雪は全く見られない。


 暑くなったので,ラテラのDUALUXジャケットを脱いでウインドブレーカーを着た。


 中禅寺湖の水面が光っている。その奥のピークが半月山


 山頂への最後の斜面をジグザグに登っていく。



 上の写真と同じ場所の,2015年1月5日の写真。通常はこのくらいの積雪がある。


 枝の向こうに見える男体山も雪は少ない。


 戦場ヶ原にも雪は見えない。白く見えるのは,開拓農家の畑。


 山頂記念

   2015年1月5日の山頂



 山頂で少し休憩して下山を開始した。一昨年は,来た道を戻ったのだが,今年は山頂から西に下り,中禅寺湖の北岸を歩いて菖蒲が浜まで行くことにした。登山道は,斜面をジグザグに下って無名峠に行くのだが,今日は,真っ直ぐに西に下ることにした。

 さらに,途中から南に延びる尾根を下った。最後までこの尾根を下りたかったのだが,急傾斜の岩場になったので途中で右に逃げて下った。


 雪はなく,斜面を落ち葉が覆っている。歩きやすそうだが,落ち葉の下は凍結しており,アイゼンがないと下れない。チェーンアイゼンから14本爪のアイゼンに履き替えて斜面を下った。


 無名峠から熊窪に向かう登山道まで下りてきて,下って来た尾根を振り返った。見上げて写真を撮ると傾斜が分からないが,かなりの傾斜がある。
 ここでアイゼンを外し,ピッケルもザックに固定した。これから先はほぼ平坦路なので,ストックも必要なかった。



 熊窪が見えてきた。


 湖畔に近づくと風が出てきた。寒くなったので,ラテラのジャケットを着た。


 熊窪浜 湖面は穏やかだ。


 遊歩道の真ん中に大きな石がある。
 同じ石の,2004年2月28日の写真 そのときはこのくらい雪があった。



 栃窪まで来た。オオヤマザクラが湖面に向かって枝を伸ばしている。


 オオヤマザクラの蕾は,これからの本格的な寒さを乗り越えるため,固い鎧を着けている。


 栃窪から赤岩を目指して緩やかに登る。


 ここを通るときにいつも休憩するベンチ岩。正面に見える社山も,雪が吹き掛けて霞んでいる。


 菖蒲が浜まで戻ってきた。 かつてあった菖蒲が浜スキー場の駐車場奥にはシラカンバの林がある。四季折々にきれいな姿を見せてくれるのだが,今日は白い幹が寒そうだ。


 今日は,車を滝上の駐車場に置いてあるので,そこまで登らなければならない。竜頭の滝に沿って登っていく。観光客も少なく,静かだ。


 やっと駐車場に着いた。5時間と少しで1周してきた。もっと雪の上を歩きたかったのだが,今回は叶わなかった。

 駐車場で身支度を解き,帰途に就いた。
 この時期としては暖かでたのしい山歩きができた。




ページトップへ