大 菩 薩 嶺

期日 2017年(平成29年) 1月17日(火)
 


コース・タイム    
  宇都宮(3:40) ⇒ 丸川峠分岐駐車場(6:47)
     駐車場(7:12) → 丸川荘(9:22-37) → 大菩薩嶺(11:33-44) → 雷岩(昼食)(11:56-12:24) →
                                  → 大菩薩峠(13:19-23) → 上日川峠(14:27-41) → 駐車場(16:23)
  駐車場(16:42) ⇒ 宇都宮(19:52)

同行者
 forestさん,Dさん

 大菩薩嶺は以前から登ってみたい山ながら,機会がなくてまだ登ったことはない。そこへ,forestさんから誘いがかかった。冬期は,車道が冬期閉鎖になり,丸川峠分岐にある駐車場の先でゲートが閉じられる。そのため,行程が長くなり,丸川峠から大菩薩嶺,大菩薩峠を通って一周すると約13kmになる。駐車場の標高が1030mで山頂が2056.9mだから1000m以上の標高差がある。さらに雪道になるので,私の足では一周するのに8時間以上かかる。
 8時には行動開始ができるよう,
7時30分に駐車場集合となり,宇都宮の自宅を3時40分に出発した。北関東道の壬生ICから高速道に乗り,東北道から圏央道を通って八王子から中央道に入った。談合坂SAで朝食を取り,登山口へ向かった。
 談合坂SAのフードコート。さすがに客はまばら。


 丸川峠分岐の駐車場に着いた。途中の路面に雪は無かったが,駐車場には雪が残っていた。程なくforestさんも友人のDさんと一緒に到着した。今日はこの3人で歩く。

 身支度をして歩き出したのは7時12分。予定より早くスタートできた。
 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツにモンベルのクリマブロックロッシュジャケット。その上にラテラのDUALUXジャケットを着た。頭にはニット帽を被り,チェーンアイゼンをザックに入れた。靴は夏用のTECNICA ACONCAGUA-GTXストックは1本をザックに取り付け,1本を手に持ってスタートした。



 作業道から分かれ,山道に入る。




 間もなく尾根に出る。この尾根を詰めて丸川峠に出る。


 この尾根には痩せたところが何カ所かある。トレースがしっかりしているので,踏み跡を外さなければ足をとられることはない。


 丸川峠まで640mほど登らなければならない。スローペースで登ったが,かなり汗をかいた。


 丸川峠に近づくと積雪量が増える。



 丸川峠にある丸川荘 週末には営業するようだが,今日は無人だ。



 低温のために,ザックの横に付けていたスポーツ飲料が凍り始めた。2013年1月奥日光高山以来だ。この時は日中の気温が氷点下8℃だったので,今日もそのくらい下がっているようだ。
 


 丸川峠から見た富士山 ここまで来る途中でも,木の枝越しに見えてはいたのだが,ここで初めてきれいに見えた。


 丸川峠を後にして大菩薩嶺に向かう。ここで安全のためチェーンアイゼンを着けた。気温が低く,雪を踏むとキュッキュッと鳴く。


 傾斜が緩くなると山頂は近い。


                                              大菩薩嶺山頂は,樹林に囲まれ展望はない。

 帰宅後に写真をチェックしていて分かったのだが,ピンボケ写真が多くあった。特に,望遠にして撮った写真はほぼ全滅だった。原因はよく分からないが,低温のためにピント合わせ機構が正常に動作しなかったのかも知れない。でも,撮影時には,ピントが合ったことを示す「ピピッ」という音が聞こえていた。
 低温では,バッテリーの能力が極端に下がるので,予備バッテリーを胸ポケットに入れて暖めておき,途中で交換した。

 山頂から少し進むと雷岩に出る。一気に見晴らしが良くなり,正面に富士山が姿を現す。山頂に懸かっている雲は今日一日取れることはなかった。


 雲は多めだが,風も弱く良い天気だ。


 雷岩 雷岩を越えたところで腰を下ろし昼食にした。


 眼下には甲州市(塩山)が広がっている。


 この鞍部がさいの河原


 昼食を終えて斜面を降り,さいの河原に向かう。


 さいの河原を過ぎて登ったピークが親不知ノ頭。 上空の雲が増えてきた。


 眼下に大菩薩峠。 建物は「介山荘


 大菩薩峠


 方位盤


 正面に鷹巣山。 雲取山はこの連山の左奥になる。


 新宿の高層ビル群が見えた。さらにこの左には,スカイツリーらしい姿も見えたのだが,望遠で撮った写真はピンボケで使えなかった。


 大菩薩峠記念





 山小屋介山荘 ここで縦走路を外れ下山する。


 駐車場目指して,長い帰途に就いた。駐車場まで約3時間かかる。


 
福ちゃん荘


 ロッジ長兵衛

 日当たりの良い南斜面では,雪は少ない


 千石茶屋



 千石茶屋からは車道歩きになる。16時を廻ると,日も傾き,影が長くなる。


 駐車場に戻ってきた。一周するのに9時間10分かかった。私は,膝の痛みが出ることもなく無事に歩いてこられた。下りでは両膝にサポーターを着けたが,それが良かったのかも知れないが,今日履いた靴が夏用のACONCAGUA-GTXだったこともあるのだろう。何より軽量で,冬用のZAMBELON PERMO GT ZA-980 より片方で400gも軽い。駐車場の車は2台だけになっていた。

 今日出会った登山者は,駐車場で一緒だった2人連れと,昼食を食べているときに追い抜いていった単独行者,その後にすれ違った2人連れの合計5人だった。


 自宅から登山口まで自動車で3時間,そのあと9時間の登山を終えて,再び3時間かけて自宅まで戻った。宇都宮から大菩薩嶺の日帰りができるなんて,昔は考えられなかった。これも高速道路網のおかげだ。疲れたが楽しい山歩きだった。forestさん,またお願いします。

ページトップへ