古 賀 志 山

期日 2017年(平成29年) 2月16日(木)
 


コース・タイム
 自宅(8:20) ⇒ 駐車場(8:48)
   駐車場(9:00) → 不動滝(9:11-23) → 御嶽山(10:16) → テラス(昼食)(10:20-11:23) → 古賀志山頂(11:50) →(猪落)→ 駐車場(12:40)
 駐車場(12:48) ⇒ 自宅(13:19)

同行者
  チコ

 冬型の気圧配置も緩み,風も弱まるという予報が出たので,古賀志山に登ることにした。いつもは,赤川ダムに駐車し,東尾根を登るのだが,今日は南側の林道古賀志線の中程にある駐車スペースに車を置き,南側から登ることにした。
 今日は平日なので,
駐車スペースにも余裕があった。
 車を停めた所から山道に入り,尾根を一つ越えて不動滝に向かった。地図には無い道だが,歩く人が多いのかしっかりしている。


 不動滝の周囲は岩登りのフィールドだ。既に岩に取り付いているグループが見えた。


 不動滝は,水量は少なく,最近では水の落ちていないときの方がが多い。滝壺の平坦地には不動尊が祀られている。


 ヒノキの植林の間を登っていく。傾斜がきつく,スローペースで登った。


 稜線に到着する手前に「アルマヤ堂」という,洞窟があった。かなり大きな洞窟だ。


 更に少し登ると縦走路に出る。


                                       縦走路の合流点に立つ標識


 ハシゴを登って御嶽山に向かう。


 御嶽山からの眺め。(写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます。)


 御嶽山の山頂から少し西に進んだところに南に面した大きな岩のテラスがある。そこで早めの昼食を摂った。風もなく暖かな陽射しを受けて眠くなるような時間だった。
 山頂に戻り,縦走路を
古賀志山の山頂に向かった。この大きな岩は右側を巻く。


 少し進むと,展望の良い岩がある。ここからは日光連山がよく見える。(写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます。)


 古賀志山頂は多くのハイカーで賑わっていた。


 山頂から縦走路を少し戻り,猪落コースを降ることにした。


左手には大岩壁が見える。この岩壁の縁を降りていく。


 クサリ場も数カ所有り,緊張を強いられる。


 古賀志山頂から50分ほどで林道古賀志線に降り立った。



 上空にパラグライダーが飛んでいた。


 駐車場に戻った。 車が増えていた。



 猪落コースは初めて降ったが,急斜面で,簡単ではなかった。地面が濡れている時などは滑落の危険が増すが,岩が好きな人にはお勧めのコースだ。



ページトップへ