古賀志山

期日 2017年(平成29年)3月4日(土)
 


コース・タイム
 自宅(9:20) ⇒ 駐車場(9:55)
    駐車場(10:00) → 東尾根東端(10:39) → 東稜見晴らし(11:54-12:23) → 反省岩(13:08) → 釣り堀(13:40) → 駐車場(13:55)
 駐車場(14:00) ⇒ 自宅(14:30)


メンバー
 チコ,私


 良い天気に誘われて,朝食後に急遽思い立って,古賀志山に行くことになった。マンサクの花も咲いているだろう。古賀志山のマンサクは,連年2月中旬頃から,3月中旬頃までその花を見ることができる。
 いつもより遅い時間と言うこともあって,駐車場にはたくさんの車が停まっていた。隅の方に空きを見つけ車を停めた。
 今日は,自転車のグループが多い。自転車乗りには,丁度良い季候になってきた。


 赤川ダムのダムサイトから古賀志山を見た。今日は雲一つ無い良い天気だ。工事のために水位を下げていたダム湖も,今日はほぼ満水に近い。


 釣り堀の方に向かう道が,工事のために全面通行止めの表示が出ていた。表示された期日になっているのだが,まだ工事は開始されず,通行は可能だった。


 東尾根の東端には,マンサクの木が2本ある。期待していたとおり,たくさんの花を着けていた。


 今日は,花のアップを撮影するために,デジタル一眼を持ってきた。青空をバックに,良い写真が撮れた。


 尾根道を東稜見晴らしに向かった。陽射しが暖かで,歩くと汗ばんでくる。


 東稜見晴らしに着いた。風が出てきた。霞んでいて見晴らしはない。富士山はもちろん筑波山も見えない


 見晴らしには1本の温度計が立木にくくりつけられていた。体感ではもう少し高い温度かなと思ったのだが,意外と低い温度だった。

 今日は,山頂へは行かずにここから戻ることにした。
 帰路は,往路を逆に辿った。途中の「反省岩」で休憩した。ここからは中尾根が良く見渡せる。


 中尾根の岩壁ではロッククライミングをしている人が見られた。トップロープで,かなり難しそうなルートを上っていた。主尾根の南面には岩登りのゲレンデがいくつかあり,ロッククライミングする人はたくさんいるのだが,中尾根で壁登りをする人は珍しい。


 別の岩場には別のグループ


 東端から急坂を下っていくと,数人の人が,大きなヒノキの根元から上部を見上げている。パラグライダーが強風にあおられて不時着したらしい。少し離れて見上げるとパラシュートが木の頂きに懸かっているのが見えた。けが人はいなかったようでなにより。


 赤川に沿ってダム湖の方に歩いていった。ここには梅の木があって,その花を見るのも楽しみの一つだったのだが,最近,その多くが切り倒されてしまった。僅かに残った木が花をたくさん着けていた。


 駐車場まで戻ってきた。車の数はかなり減っていた。
 
 今日は,急遽思い立ってやってきた古賀志山だったが,楽しく歩くことができて良かった。このようなすばらしいフィールドが身近にあって幸せだと思う。


ページトップへ