古 賀 志 山

期日 2017年(平成29年) 3月29日(水)
 


コース・タイム
 自宅(8:00) ⇒ 駐車場(8:27)
     駐車場(8:40)→東稜見晴(10:06-21)→御嶽山(昼食10:45-11:22)→不動滝(12:00)→南登山口(12:33)→展望台(13:02)→駐車場(13:16)
 駐車場(13:23) ⇒ 自宅(13:47)

同行者
 キクさん

 
 今日は,キクさんと谷川岳に登るはずだった。ところが,この時期にしては珍しい大雪が降り,那須岳では痛ましい雪崩事故が発生した。那須岳ほどではないが,谷川岳にも降雪があり,天神平では新雪が15cmほど積もった。天神尾根は雪崩に関しては比較的安全なコースなのだが,中止することにした。トレースが安定する頃を見計らって再度挑戦する。
 せっかくの良い天気なので,キクさんと
古賀志山を歩いてくることにした。
 認知度が上がり,休日には満車に近い状態の
赤川ダム駐車場も,今日は平日なので,車はまばらだ。



 北登山道を富士見峠に向かった。水害で傷んだ登山道も,修復は進んでいない。

 水場から更に登ると,ベンチのある広場に着く。ここから右に登って中尾根に行くこともできる。



 富士見峠方向に更に登ったところで,富士見峠に登る道から分かれ,正面の谷に入る。この谷を詰めて,直接に東稜見晴の手前に登る。富士見峠に登る道は,ここから右に折れていく。数日前に降った雪が残っていた。


 カタクリが蕾を着けていたが,今日歩いたコースでは咲いているものには会えなかった。頂上で会った人の話によると,他の場所では咲いているものもあったらしい。


 東稜尾根を目指して登っていく。雪は残っているが,凍結しているわけではなく,歩くのに問題はない。


 東稜見晴に着いた。霞んでいて遠くは見えない。筑波山もかろうじて確認できる程度だ。


 古賀志山頂 ベンチがたくさん作られたが,これでも休日などは満員になってしまう。


 山頂から少し西に進んだところに露岩があり,北方,西方がよく見える。ここから見る日光連山は絶景なのだが,今日は雲が多く,男体山も頂上付近は雲に隠れている。


 高原山も霞んでいる。


 御嶽山は,古賀志山主稜線のほぼ中央にあるピークで,元々地元ではここを「頂上」と呼んでいた。ここが「御嶽山」と呼ばれる所以は,幕末期の弘化四年(1842)に古賀志村「中組」「下組」の氏子たちが,この頂上に木曽御嶽山を勧請したことに由来する。(池田正夫著「古賀志の里歳時記」) 従って,この頂上を「御岳山」と書くのは誤りだ。


 御嶽山の少し先に見晴らしの良いテラスがある。そこで早めの昼食を摂った。ゆっくりと休んでから,戻って再び御嶽山を過ぎ,滝神社方向に降った。


 日陰と言うこともあって,雪がかなり残っていた。凍結はしていなかったので,危険を感じるほどではなかった。


 不動滝の岩壁では,いくつかのグループが岩登りのトレーニングをしていた。ここにはいろいろな難度のルートが設定されていて,トレーニングゲレンデになっている。


 不動滝から,主稜線の中腹を巻くルートを進んだ。猪落としコースとと交わるところに大きな岩穴がある。ここでヒカリゴケを見ることができる。


 ヒカリゴケは自分から発光しているわけではなく,体表の細胞がレンズ状になっており,外光を反射して光って見える。ヒカリゴケは,奥日光など標高の高いところに多く見られ,古賀志山のような標高の低いところでは珍しい。


 更に巻き道を進んだ。暖かで,眠くなるような時間だった。


 南登山口へ降りた。
 車道を少し降ってから右のトリムコース方向に入りった。途中には展望台が作られていた。



 展望台から眺めた赤川ダム。残念ながら,手前の木が伸びすぎ見晴らしはあまり良くない。


 ダムサイトから見た古賀志山


 駐車場に戻ってきた。車がかなり増えていた。

 のんびりと,楽しいハイキングができた。古賀志山は,身近にありすぎてその良さを見逃しているが,改めて良さが分かった。


 キクさんとは,来週にでも谷川岳に行こうと約束して別れた。


ページトップへ