谷 川 岳

期日 2017年(平成29年) 4月5日(水)
 


コース・タイム
  自宅(5:07) ⇒ 波志江PA(5:54-6:00) ⇒ 赤城SA(6:18-29) ⇒ ベースプラザ(7:00)
    ロープウエイ(8:00-19)
      天神平(8:30) → 田尻尾根上(8:58) → 熊穴沢避難小屋(9:40-46) → 天狗岩(10:36-42) →
          → 山頂(11:50-12:30) → 天狗岩(13:06-10) → 避難小屋(13:31) → 田尻尾根上(14:08-14) → 天神平(14:28)
   ロープウエイ(14:35-49)
  ベースプラザ(15:15) ⇒ 自宅(17:00)

同行者
   単独

 実は,1週間前の3月29日に谷川岳を計画していたのだが,前週末から降雪があり,天神平でも新雪が15cm積もった。春先の新雪は雪崩の危険が増す。そこに27日に那須茶臼岳で雪崩事故が発生して多数の遭難者が発生した。そこで,万が一を考え,谷川岳登山を延期した。
 天気予報を確認しながら,実施日を探していたが,4月5日に絶好な気圧配置となり,好天の確立が高くなったので実行することにした。一緒に行くはずだったキクさんは仕事で行けなくなったので,単独行になった。
 
谷川岳ロープウエイの平日始発は4月から8:00になったので,それに間に合うように5時に宇都宮の自宅を出た。北関東道から関越道を通ってロープウエイの駐車場まで約2時間で行ける。

 北関東道を西進しているときに
陽が昇り,ドアミラーにその姿が映った。
 
波志江PAのコンビニで昼食を調達し,関越道の赤城SAで朝食を食べた。温かい物を食べると,身体が目覚める。

 水上ICの誘導路に入ると,正面に真っ白な谷川岳が見える。谷川岳に近づいていくと手前の山に隠れて見えなくなってしまう。


 2時間かからずにロープウエイ駐車場「谷川岳ベースプラザ」に着いた。駐車場へは1階から入る。




 平日と言うこともあって,駐車場の車は少ない


 6階でチケットを買い,7階から連絡通路を通って乗り場へ。チケットは,JAF会員証を見せて往復切符が100円引き。先頭のゴンドラに乗ることができた。



 ロープウエイは,標高差540mを一気に登り,標高1300mの天神平まで運んでくれる。動き始めと言うこともあってスピードは抑えめで,天神平まで約20分かかった。

 ロープウエイで高度が上がっていくと背後に白毛門が見えてくる。左の三角形のピークは笠ヶ岳


 更に高度が上がると,白毛門笠ヶ岳の間に朝日岳が見えてくる。


 ゴンドラには10人が乗車。この時期はスキーヤースノーボーダーが大半なのだが,今日は,板を持たない登山者が意外と多かった。
 天神平で,それぞれに登山の準備。 トレースはしっかり付いているようだが,先行者のトレースを利用させて貰うために,私はあえて出発を遅らせた。


 これから登る谷川岳の頂上が見える。


 スキー場の外周に沿って田尻尾根を目指して登る。歩き始めてのいきなり急登で,しっかりと汗をかいた。
 今日の服装はボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツダクロンの長袖シャツ。頭にはヘルメットを被り,スキー用のゴーグルを着けた。靴は冬用のZAMBELON PERMO軽合金製の14本爪アイゼンを履いた。今日はストックは持たずピッケル持ってスタートした。



 スローペースで登ったのだが,気温が高い上に風が無く,暑い。途中で天神平を振り返った


 田尻尾根の上まで約30分。平均的なタイムだ,けっして遅くはない,正面に谷川岳が大きく聳えている。


右に目を移すと,白毛門から朝日岳に繋がる稜線がたっぷりと雪を蓄えている。


 天神平を俯瞰する。箱庭のようだ。


 田尻尾根から斜面をトラバースして天神尾根に向かう。斜面のトラバースでは,雪崩に注意する必要がある。


 天神尾根がずっと先まで見通せる。先行者が点々と見える。


 左には,マナイタグラの岩壁とその左奥に白い三角形の小出俣山(オイヅマタサン)が見える。


 熊穴沢避難小屋はまだ雪の下だ。小屋の位置を示す鉄柱が僅かに顔を出している。私が今までに経験した中で最高の積雪だ。今年は雪が多い。



 休憩していた人に写真を撮って貰った。暑いので長袖を巻くっている。強風を想定して持ってきたスキー用ゴーグルは選択を間違った。暑くてかなわないが,他にサングラスを持ってきていなかったので,我慢するしかなかった。

 いよいよここからが本格的な登りだ。山頂まで標高差500mをひたすらに登る。


 マナイタグラの岩壁と小出俣山


 山頂までに露岩が3個所ある。ここは最初の露岩(標高1560m


 真っ白な雪の斜面をただひたすらに登る。風景が変わらないので,登っている実感が湧かない


 振り返ると,登ってきたコースが見渡せる。


 二つ目の露岩 最も大きな岩で,「天狗の溜まり場」と呼ばれるところだ。(標高1670m)


 さらに少し登ると三つ目の露岩が現れる。最近「天神ザンゲ岩」という看板が立った。西黒尾根のザンゲ岩をなぞったものだが,標高が1820mで,ほぼ同じ高度だ。


 左には,オジカ沢の頭からマナイタグラへの吊り尾根が見える。


 最後の「」のような急登を登り切ると肩の小屋が見えてくる。私を追い越していった若い女性は,あまりに急傾斜なために,両手を雪に突き,四つん這いで登っていった。


 肩の小屋も半分が雪に埋もれている。このように,屋根に雪が届いている姿を見るのは初めてだ。


 方位塔が見えたが,石積みの土台は完全に雪の下で,方位板だけが顔を出している。


 山頂(トマノ耳)記念 後方はオキノ耳。オキノ耳まで足を伸ばす人もいたが,私はバテたのでここまでにした。



 山頂からのパノラマ マナイタグラ方向  (写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます) 今日は透明度がなく,遠方は霞んでいてよく見えない


 至仏山方向  (写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます)


 仙ノ倉岳方向  (写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます)


                          日白山方向  (写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます)

 日白山には,山友のクリちゃんが登っている。現在山頂にいるはずだ。


 肩の小屋とマナイタグラ


 下山開始(標高1900m付近)


 下山路(標高1780m付近)


 下山路(標高1650m付近)


 天狗の溜まり場


 下山路(標高1500m付近)


 熊穴沢避難小屋


 西黒尾根を望遠レンズでとらえた。積もった厚い雪は崩れ落ち始めている。


 至仏山と笠ヶ岳


 武尊山


 田尻尾根の上まで降ってきた。


 天神平に向かって急斜面を降る。


 スキー場の斜面に陽が当たり輝いている。


 ロープウエイ駅までもう少し。


 駅の入口でアイゼンを外し,ヘルメットも脱いで身支度を解いた。「山と自然ネットワーク」に下山届けを出し,ロープウエイに乗った。ロープウエイの窓から見える谷川岳に,今日一日の無事を感謝し,別れを告げた。


 とにかく最高の良い天気だった。積雪期の谷川岳は今回で7度目だが,今までで最高の天気だった。ただ,残念だったのは,気温が上がったせいか,空気の透明度が低く,遠方の山が見えなかったことだ。
 朝の行動開始から長袖シャツ1枚で寒くなかったし,それどころか暑くて,汗をたくさんかいた。好天の予報が出ていたためか,平日なのに登山者はたくさんいた。登山者が多いと言うことは,単独行の私にとっては安心できることでありがたかった。
 ゆっくり登ったので,息が上がることはなかったが,足の筋肉が言うことをきかなくなり,足が上がらなくなった。

ページトップへ