閉じる
戦 場 ヶ 原

2017年(平成29年) 4月19日(水)


コース・タイム

4月19日(水)
 自宅(8:10) ⇒ 赤沼駐車場(9:25)
   駐車場(9:35) → ハリギリ広場(昼食10:50-11:30) → 小田代原(12:15) → 石楠花橋分岐(12:55) → 駐車場(13:25)
 赤沼駐車場(13:35) ⇒ 湯元小西ホテル(13:50)

4月20日(木)
 小西ホテル(8:55) ⇒ 第一展望台(9:20) ⇒ 第二展望台(9:30) ⇒  歌ヶ浜(9:50) ⇒ ロマンチック村(10:50-11:10) ⇒ 自宅(11:45)

同行者
    チコ

 日光湯元の旅館に予約が取れたので,チェックインの前に 戦場ヶ原 を歩くことにした。天気予報は良かったのだが, 宇都宮を出るときには,日光方面は雲に覆われ,男体山もその麓しか見えなかった。
 日光宇都宮道路(日光バイパス)では,両側の 山桜 が満開だった。陽射しがないので,鮮やかさはないが,十分にきれいだった。


 いろは坂を登り,中禅寺湖畔まで来ると,対岸に社山 が輝いていた。


 県営の赤沼駐車場 は,4月はじめから開場されていた。 周囲の雪は完全には除かれてはいないが,駐車する車は少なく,それで十分だった。背後の 男体山も雪解けは進み,雪は筋状に残るだけだった。


 赤沼交差点まで来ると,湯元方向に三岳 が見える。今日の空には,雲が多い。


 赤沼川に沿って進む道はぬかるんで いる。


 赤沼分岐から右に折れて自然研究路 に入る。木道の傷みが進み,つぎはぎの板が目立つ。


 初めて見る注意看板 だ。確かに,アイゼンは木道を痛める。


 戦場ヶ原も,日当たりの良いところでは雪は融けているが,所々 雪が残っている。


 朽ちた木に穴か空いている。アカゲラの巣 か?


 戦場ヶ原から見る男体山 


 大真名子山と小真名子山


 冬の間に木道がかなり傷んで いた。傾きがひどく,補修しないと危険だ。


 環境省の指示を受けた業者が,木道を調査 していた。


 この時期は,咲いている花もなく,珍しいものは何もないが, ツルコケモモの赤い葉だけが目だった。


 小鳥は多かった。これは多分シジュウカラ

 いつものハリギリ広場 のベンチで昼食にした。今日は久しぶりにインスタントラーメンを作った。
 
 
 先を急ぐ必要はないので,ゆっくりと時間を使い,昼食後,小田代原に向かい歩き始めた。

 歩道の窪んだところ に,雪が残っている。


 小田代原から 男体山を見た。


 小田代原の西端までいくと,「貴婦人 」が正面に見える。


 小田代原の芽吹きはもう少し先になる。


 大真名子山 小真名子山の間に 女峰山の頂上が見える。


 小田代バス停のトイレは,業者が点検中だった。 低公害バスが運行を始める4月26日から使えるらしい。歩道を通って赤沼に向かった。


 太鼓橋 正しくは「湯川赤沼橋 」という。


 駐車場に戻ってきた。

 湯元の旅館のチェックインは14時30分。少し早いが旅館に向かうことにした。

 旅館では,ロービーで少し待たされたが,定刻前に部屋に入る事ができた。

 この旅館のネイチャーガイド安倍さん とも会ってお話することがでた。

 早速,温泉に入った。露天風呂に入っていると,サーッと音がして (アラレ) が降ってきた。部屋に戻って窓の外を見ると,風も強くなり,本格的に雪が降ってきた。 雪は夜半まで降り続いた。


 翌朝外に出てみた。雪は止み,青空が広がっていた。旅館の屋根の上に 金精山が光っていた。




駐車場の車には5cm程の雪が積もっていた。




 ゆっくりと朝食を食べ,旅館を後にした。

 4月14日に開通した中禅寺湖スカイライン を登ってみることにした。 第一展望台からは,正面に 男体山が見える。


 男体山の左には,中禅寺湖を挟んで白根山 が見える。白根山はまだ,文字通り真っ白だ。


 カメラを望遠にして山頂 を捕らえた。左手前の尾根は「白根隠山


 中禅寺湖唯一の島,「上野島 」 今日は,中禅寺湖マス釣りの船釣り解禁日 。たくさんの釣り船が浮かんでいた。


 女峰山から赤薙山に繋がる稜線が見える。


 女峰山と帝釈山を繋ぐ吊り尾根がよく見える。


 第二駐車場に移動した。ここから見る社山 は,頂がなだらかに見える。


 皇海山から 袈裟丸に至る稜線


 さらに視線を左に移すと,富士山 が見えた。
 富士山の左に見える白い山は南アルプスの北岳


 スカイラインの帰路に歌ヶ浜 に寄った。ここから見る社山 の姿が,私は好きだ。


 白根山もよく見えた。


 歌ヶ浜を後にして,いろは坂を降り,自宅を目指した。
 昨日は,後半,予想外の雪に見舞われたが,今日は良い天気だ。後ろ髪を引かれながら帰途に就いた。
 ページトップへ