戦 場 ヶ 原

期日 2017年(平成29年) 6月5日(月)
 


コース・タイム
 自宅(6:57) ⇒ 赤沼駐車場(8:09)
     駐車場(8:19) → 泉門池(10:15) → 駐車場(11:20)
 赤沼駐車場(11:28) ⇒ ロマンチック村(12:19-13:11) ⇒ 自宅(13:39)

同行者
 チコ

 ズミワタスゲを見ようと,戦場ヶ原を歩いた。今日は,戦場ヶ原を往復することだけにして,お昼頃には駐車場に戻ることにした。
 明智トンネルの出口から見える
奥白根山も,雪解けが進んでいた。

 赤沼駐車場には8時頃に到着したが,駐車場は半分ほど埋まっていた。


 駐車場からは,奥白根山の頂上を見ることができる。

 赤沼茶屋から山道に入ると,ミヤマウグイスカグラが花をつけていた。



 ズミは,木によって花の咲く時期がずれているので,長い間花を楽しむことができる。この木はほぼ満開だ。


 この木は,咲いている花よりも蕾の数の方が多い


 戦場ヶ原の見渡せる場所でワタスゲを探したが,あまり見られない。今年は「外れ」の年なのかも知れない。


 多く見られる場所でもこの程度。


 ワタスゲは逆光で見るのもきれいだ。


 ズミを撮影中
 ワタスゲの花



中央に白く見えるのは湯滝だ。奥の最も高い山が温泉ヶ岳(ユゼンガタケ)


 クロミノウグイスカグラ  グミの仲間で,黒く熟する。

 小鳥が飛んできて近くの枝に止まった。シジュウカラだ。


 カラマツの雌花も大きくなった。

 これはニュウナイスズメ

 ツルコケモモ

 エゾノコリンゴ ズミとの見分けが難しいが,花は白く大きい。


 イヌエンジュ

 カキドオシ



 バイケイソウ


 シロバナエンレイソウ


 泉門池の手前の道ばたに ヤマシャクヤク が咲いていた。ここで見るのは初めてだ。


 泉門池  雨が降らないせいか,湧き出す水の量も少なくなっており,水位が下がっている。


 泉門池からは,往路を戻った。千手ヶ浜のクリンソウが咲き出したという情報もあり,多くの人が千手ヶ浜を目指すクリンソウフィーバーが始まったようだ。今日は平日だというのに,赤沼駐車場には「満車」の表示が出ていた。
 クリンソウは,奥日光の大切な観光資源なので尊重しなければならないが,もともと個人が植え育てたもので,自然のものとは言えないものだ。「花壇」としてはきれいだなと思うが,園芸品種も混じっており,生態系の保存という観点からは問題点も指摘されている。

ページトップへ