尾 瀬 学校キャンプ

期日 2017年(平成29年) 8月1日(火)〜3(木)
 



コース・タイム
8月1日(火)
 学校(8:10) ⇒ 大清水(11:07-50) ⇒(シャトル)⇒ 一ノ瀬(12:02)
   一ノ瀬(12:17) → 三平峠(13:40-43) → 長蔵小屋(14:47)
8月2日(水)
   長蔵小屋(7:55) → 沼尻(9:05-30) → 彌四郎小屋(11:11-12:00) → 三条の滝(13:55-14:15) → 彌四郎小屋(16:04)
8月3日(木)
   彌四郎小屋(8:31) → 竜宮小屋(9:05-15) → 牛首三叉路(10:04-20) → 山ノ鼻(11:00-12:00) → 鳩待峠(13:15)
 鳩待峠(13:40) ⇒ 学校(15:15)

同行者
 中学2年生36人,引率(ガイド,添乗員含んで)9人

 この中学校の尾瀬キャンプは今年度で5回目になる。2012年に第1回が実施され,翌2013年に第2回が実施された。この2回は1年生で実施されたが,他の学校行事との関係で2年生で実施することになり,2014年度は実施せずに,翌2015年度から2年生で実施している。最初2回は御池から入り,見晴山ノ鼻に宿泊し,鳩待峠に抜けた。2015年度からは,大清水から入り,尾瀬沼見晴に宿泊し,鳩待峠に抜けている。今年度もこのコースで実施した。

8月1日(火)

 学校集合は8時。公立校と違い,遠距離通学者も多いので,あまり早朝の集合はできない。簡単な出発式を行い,大型バス1台で学校を出発した。

 途中で小雨に見舞われながら,いろは坂金精峠を抜け,大清水に到着した。 時々雨の降りかかる天気で安定しない。バスの中で昼食の弁当を食べ,身支度を調えて,一ノ瀬行きのシャトルバスに乗った。シャトルバスは,ワゴンタイプの小型車4台で,毎時正時と30分に大清水と一ノ瀬を出発する。今回は3台では乗り切れなかったので,ピストン輸送してくれた。


 一ノ瀬で,全員が揃うのを待って,ザックの背負い方をレクチャーしてから歩き出した。今は雨は降っていなかったのだが,いつ降ってくるか分からないので,カッパのズボンだけを履いて歩き出すように指示した。

 三平峠の手前で,雨が強くなったので,カッパの上を着るように指示した。


 三平峠から三平下までの降りは,木道が濡れているので,特に滑りやすい



 ゆっくり歩いて,三平下に到着した。雨は小降りにはなったのだが,カッパを脱ぐことはできなかった。やはり,安価なビニルカッパでは,内部から汗で濡れてしまう。できるだけきちんとしたカッパを用意するように言ったのだが,強制もできず,難しいところだ。


 早稲沢湿原から見える燧ヶ岳は,半分から上が雲の中だ。また雨が強くなった。


 計画より早めに長蔵小屋に着いた。雨はほぼ上がっていたのだが,いつまた強くなるか分からないので,大江湿原の散策は中止にした。その後,雨は殆ど上がり,宿舎になった別館と入浴や食事のための本館との往来は,不便はなかった。

8月2日(水)

 翌朝は私一人早起きして
大江湿原の散策に出た。低く靄が立ち込めて,幻想的な光景を作っていた。靄の中に,咲き残ったニッコウキスゲが黄色に目立っていた。


 朝靄に浮かぶ,大江湿原のシンボル「三本唐松


 対岸の皿伏山に朝日が当たり始めた。


 燧ヶ岳に懸かった雲にも朝日が当たり,オレンジ色に輝いた。


 コオニユリの朱色が,朝靄の中でも目立っていた。


 長蔵小屋本館の前はミズナラなどの自然林だったのだが,立木が全部切り倒され,大型機械が入っていた。新しいビジターセンターを作るのだという。尾瀬を訪れる人のための施設を作るために,これほどまでに自然を破壊するということが,私にはどうしても理解できない。尾瀬を自然破壊から護るために,作りかけた観光道路の建設を中止した環境省が,なぜこのようなことをするのか,環境省の考えを聞いてみたいものだ。長蔵小屋のスタッフの話によれば,この森はウグイスの営巣地であり,多くの野鳥がやってきていたのだが,いまはその周囲の林からも野鳥の姿が消えたという。


 朝食
 ヤマメの甘露煮が美味しかった。


 朝食後,宿舎に戻り,身支度をしてビジターセンター前に集合。記念写真を撮ってから出発した。今日は天気が良いので,雨具は付けずに出発した。
 
沼尻に到着した。2015年9月に消失してしまった休憩所の再建が始まったようだ。丸太が運び込まれ,土台となるコンクリート製の杭の上には,高さをそろえるための工事がなされていた。


 天気が良いと気分まで爽やかになる。


 見晴に向けて出発した。青空が眩しい。


 木道に脇にギンリョウソウが咲いていた。


 ほぼ計画通りに
彌四郎小屋に到着した。
 まずは部屋に入り,荷物を置いてから食堂で昼食。今回のキャンプでは,食中毒の防止のために,2日目以降の昼食は,全て山小屋に用意して貰うことにした。



 今日の昼食はカレー



 食事を終えたら,雨具と飲用水を持って三条の滝に向かった。


 一本橋を渡る。三条の滝への道はあまり整備されてなく,昔の尾瀬を思い出させる道だ。


 三条の滝

 この時期は,水量も多く,大迫力だ。


 計画通り,16時少し過ぎには彌四郎小屋に戻ることができた。


 入浴の時間には少し間があるので,私は付近の散策にでた。   オオバギボウシ


 キンコウカ


      ミズチドリ


 ミズチドリ(拡大)


 見晴の山小屋群。彌四郎小屋は最も手前にある。陽射しはあるのだが,背後の燧ヶ岳は,中腹以上が雲の中だ。


 トキソウ 最盛期は過ぎたのだが,まだ咲き残っていた。


 ナガバノモウセンゴケ   尾瀬以外では見ることのできない希少種だ。小昆虫などを捕らえると,葉が丸まって獲物を包み込む。


 オゼヌマアザミ  これも,尾瀬に生育する希少種だ。


 夕食はとんかつ。昨年は,二晩ともハンバーグになってしまったので,今年は事前調整でダブらないようにした。



8月3日(木)

 上空に雲が多かったのか,朝の冷え込みは少なかった。早く起きてきた生徒たちと,付近を散策した。
 アヤメ平の方の雲に朝日が当たって色がついてきた。



 小屋に戻って朝食


 小屋の前に集まって記念撮影。背後の至仏山にはまだ雲がかかっている。


 山ノ鼻に向かって出発  至仏山にかかっていた雲も取れてきた。


 ヒツジグサ  未(ヒツジ)の刻(14時)ころに開花するというのでこの名前がついたという。


 オゼコウホネ  オゼコウホネは,尾瀬月山弥陀ヶ原にしか生育しない希少種だ。私が知る限り,木道から見えるものは,2個所しかない。


 オゼコウホネ 上記とは別の場所


 オオマルバノホロシ 別名は「尾瀬茄子」 事実,花は茄子によく似ている。小さな茄子のような実がなり,赤く熟す。実は有毒


 山の鼻小屋で昼食。今日の昼食は「豚丼」
 昼食後,
鳩待峠に向かって出発した。
 木道の焼印も西暦表示に 
山ノ鼻と鳩待峠の間の木道は,東京電力が整備している。
 鳩待峠からのヘリ輸送。今日は見晴地区への輸送だ。


 鳩待峠 この広場には,2年前から緊急車両以外の乗り入れを禁止している。混雑しなくて良い。


 少し下の駐車場で迎えに来たバスに乗り,学校に向かった。
 途中,トイレ休憩のために,
日光湯元の駐車場に停まった。以前は,菅沼ドライブインと,日光口PAの両方に停車したのだが,どうやら1回で良さそうなので,ちょうど中間の日光湯元に停まることにした。
 宇都宮市内は,夕方の交通ラッシュで,北道路を出てから学校まで40分かかった。
 今年の学校キャンプは,初日だけ雨に降られたが,残り2日間は良い天気に恵まれ,すばらしい尾瀬キャンプになった。
 私にとっては,この1ヶ月間に3度尾瀬を訪れたことになるのだが,その中でも,最も良い天気だった。3度ともほぼ同じコースを歩いたので,この1ヶ月間で咲いている花の移り変わりがわかり,とても良い経験になった。

ページトップへ