龍 王 峡

2017年(平成29年) 11月10日(金)



コース・タイム
 自宅(9:31) ⇒ 龍王峡P(10:51)
    駐車場(11:00) → 虹見の滝(11:12) → むささび橋(11:50) → 駐車場(12:20昼食)
 竜王峡P(12:45) ⇒ ロマンチック村(13:37-57) ⇒ 自宅(14:24)

同行者
 チコ

 しばらくぶりでハイキングに出かけた。 最盛期は過ぎたと言っても,奥日光は渋滞が避けられない。そこで,方向を変えて 鬼怒川温泉に向かった。 龍王峡 は夏季にいちど来たことはあったが,紅葉期には歩いたことがなかった。どんな紅葉が見られるのか楽しみだ。
 平日というのに,龍王峡の駐車場 は満車に近かった。私同様に暇な人は多い。
 遊歩道に入るにはこの鳥居をくぐる。


 まず最初に虹見の滝 に出会う。時刻によっては虹が見られる。


 この神社は「五龍王神社」という。


 虹見の滝の上流にある竪琴の滝





 竪琴の滝から少し戻って虹見橋 を渡った。橋の上から下流方向 を眺めた。途中から,河原に降りる道もある。


 橋から上流方向 を眺めた。岸壁と紅葉の組み合わせがきれいだ。


 橋の上から虹見の滝を見た。 


 対岸へ渡り,遊歩道 を上流に向かう。遊歩道はよく整備されている。紅葉がきれいだが,日陰なので鮮やかさが足りない。


 ゆっくりと歩くには絶好の歩道だ。


 対岸の滝にが架かっていた。


 初夏には水芭蕉が咲くという湿地。


 むささび橋を渡って対岸に渡る。




 むささび橋から上流方向を見る。


 下流方向


 紅葉 


 むささび橋を渡った先には,休憩舎とむささび茶屋 という売店があり,飲み物や軽食を販売している。


 茶屋の近くの湿地には水芭蕉 が芽を出していた。


 紅葉は,日が当たると輝く。


 野岩線の竜王峡駅  トンネルとトンネルの間の僅かな隙間にできた駅で,ホームの半分はトンネルの中だ。


 線路の上の陸橋を渡って駐車場 に戻った。相変わらず,駐車場の車は多かった。

 今日は風もなく穏やかで,静かなハイキングができた。次回は,弁当を持参して,もう少し先まで行ってみよう。

 帰路,宇都宮ロマンチック村に立ち寄り,野菜を買って帰った。



ページトップへ