閉じる
社 山

2018年(平成30年) 2月27日(火)



コース・タイム
 自宅(6:35) ⇒ 歌が浜駐車場(7:28)
   歌が浜(8:04) → 狸窪(8:44-56) → 阿世潟(9:24-32) → 阿世潟峠(10:06-13) → アンテナピーク(10:43-51) → 山頂(12:04-31) →
 → 昼食(13:01-21) → 阿世潟峠(13:46) → 阿世潟(14:03-06) → 狸窪(14:40) → 歌が浜(15:17)
 歌が浜駐車場(15:30) ⇒ 自宅(16:36)

同行者
    単独

 社山 は私のお気に入りの山で,天候さえ選べば,真冬でも楽しく登ることができる。昨年,一昨年と連続で 2月末 に登っている。今年も,好天の予報が出たので社山に登ることにした。
 宇都宮の自宅を出たのは6時35分。宇都宮環状道路を走っていると, 太陽が顔を出した。東の空には雲が多く,雲の間に陽が昇った。

 日光バイパスを走って行くと,正面に,雪をかぶった女峰山 が朝日を受けて輝いて見えた。何度見ても感動する姿だ。


 いろは坂を登って行ったが,路面に雪は無く,ほぼ乾いていた。 第二明智トンネルの入り口。斜面の雪も少ない。


 トンネルを出たところから見える奥白根山 も今日はよく見えた。


 ほぼ1時間で歌が浜の駐車場 に着いた。対岸の社山 の姿が美しい。今日はたっぷりと雪遊びができそうだ。


 奥白根山もよく見えた。


 車内で朝食を食べ,身支度した。
 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルの インスレイションパンツ,トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツにモンベルの クリマブロックロッシュジャケット。その上にネットで見つけた中国製の UNCO&BORORジャケット を着て,頭にはニット帽を被った。今日の靴は,夏用の TECNICA。軽いので履きやすい。ザックの中に 6本刃の軽アイゼを持ち, ストックは1本を手に持ち,1本をザックに取り付けた。 スノーシュー ピッケル は持って来なかった。もし,それらが必要な事態になったら迷わず引き返す。
 中国製のUNCO&BORORジャケット は厚手の起毛裏地が付いていたので,それを取り外し,薄手の裏地を付け直した。
 手すりに付く名物の,しぶき氷のつらら はできていなかった。


 半月道路から分かれて湖畔道 に入った。路面は,一部に雪が残っている状態で,特に歩きにくいことは無かった。


 旧イタリア大使館別荘は,現在は冬期休館中だ。


 湖畔に出て社山 を眺めた。湖面が鏡のように景色を写している。


 男体山もきれいだ。


 中禅寺湖の水位はやや下がっているようだ。


 狸窪 まで約40分。ここまでは除雪ができていたので,ほぼ夏時間で歩くことができた。暑くなったので,ジャケットを脱ぎ, ウインドブレーカーを着た。このゲートの先は除雪されていない。ここで, 6本爪アイゼンを付けた。


 狸窪から先の積雪は 30〜40cm 程度。しかし,しっかりとトレースができているので,踏み跡を外さない限り足が潜ることは無い。


 狸窪から30分で阿世潟 に着いた。これもほぼ夏時間だ。


 阿世潟で小休止し,阿世潟峠 に向かった。雪は締まっており歩きやすい。


 陽の差し込んでいるところは暖かい。


 約30分で阿世潟峠 に着いた。これもほぼ夏時間だ。


 社山の方向に向かって 尾根 を歩き始めた。


 ここまで来ると富士山 が見えるのだが,今日は見えなかった。


 山頂方向 を望む。残念ながら,ここから見えるピークは,山頂の手前のピークで,山頂では無い。


 私が勝手に名付けた「社山キレット 」 


 山頂に向かって 尾根を登る。雪が増えてきたが,気温が低いので,サラサラした雪だ。ここで,山頂から降ってきた ソロの男性登山者 に出会った。今日出会った登山者はこの人一人だった。


 奥白根山から 太郎山 までのパノラマ (写真をクリックすると,山名入りの大きな写真が見られます)


 この登山道の中で私の最も好きな場所 だ。


 山頂が近づくと積雪が増える


 阿世潟峠から1時間50分で山頂 に着いた。駐車場から休憩を含めて4時間かかった。積雪期としてはやむを得ないタイムだ。



 山頂で自宅に電話した。
 ところが,自宅では,漏電ブレーカーが落ちて停電中 とのこと。
そこで,各回路のブレーカーをすべて切ってから,メインを入れ,順次回路ブレーカーを入れていけば, 漏電している回路が分かるから,そうするように言った。
 結果,予備回路に接続した200VのIHレンジがNGだということが分かったので, その回路だけ切って,他を入れるように指示した。こうすればIHレンジを除いて他は使えるようになる。

 山頂からFB に投稿しようとしたが,電波状態が悪く,うまくいかないので諦めた。自分で改造した アイゼンに不具合が生じたので,応急処置をした。 天気は良く,風も弱く,寒さは感じなかったが,アイゼンに付いた雪は完全に凍り付いているから,気温は低かった。
 アイゼンの応急処置もできたので,昼食は途中で食べることにして, 下山を開始した。


 ダケカンバの林がきれいだ。


 いつも食べている,アンテナピークの手前で昼食を食べた。 昼食後,阿世潟峠を経て,阿世潟に向かった。
 阿世潟のダケカンバ林


 駐車場に戻ってきた。男体山 も半分が雲に覆われてきた。


 社山の背後にも雲が増えてきた。


 駐車場の車は変わらなかった。


 天気も良く,雪も最高で,楽しい登山ができた 。最近は運動不足なので,体力が落ちてきているのは自覚しているが,今日はあまり苦しくなく登山することができた。 やはり,単独行はマイペースを維持でき,自由に休憩ができるので,楽だ。

 ページトップへ