谷 川 岳

期日 2018年(平成30年)  3月26日(月)
 




コース・タイム
 自宅(5:08) ⇒ 赤城高原SA(6:34-53) ⇒ 谷川岳ベースプラザ(7:29)
   山麓駅(8:30) ⇒(ロープウエイ)⇒ 天神平駅(8:45)
    天神平(8:50) → 田尻尾根(9:18-22) → 熊穴沢避難小屋(9:54-59) → 露岩(10:28) → 天狗岩(10:51) → 天神ザンゲ岩(11:31) →
     → トマノミミ(12:04-28) → 天神ザンゲ岩(12:43) → 天狗岩(12:54) → 露岩(13:04) → 田尻尾根(13:52) → 天神平(14:10)
   天神平駅(14:20) ⇒(ロープウエイ)⇒ 山麓駅(14:35)
 ベースプラザ(14:53) ⇒ 自宅(16:45) 

同行者
    単独

 東日本が広く高気圧に覆われ好天の予報が出た。今年も,昨年に引き続いて谷川岳に登ることにした。積雪期の谷川岳に登るのは,今回が8回目だ。途中敗退が2回,肩の小屋までが1回で,山頂を踏めたのは4回だ。途中敗退は悪天候のためで,積雪期の谷川岳では,天候の善し悪しが成否を分ける。
 3月平日のロープウエイ運行開始は
8時30分。少し余裕を見て5時少し過ぎに宇都宮の自宅を出た。北関東道の壬生インターから高速を走って水上インターで降りて,ロープウエイの駐車場「ベースプラザ」まで2時間ほどで行ける。
 北関東道を高崎JCTに向かって走っていると,背後に
陽が昇り,サイドミラーに写った。


 赤城高原SAに入り,朝食を食べた。山登りのときは,コンビニで買ってきた助六寿司を車の中で食べるのがお決まりだったが,昨年4月の谷川岳登山から,このSAで暖かいものを食べることにした。体にも良いし,何よりも体が目覚める。
 建物の裏に出ると,正面にたっぷりと雪を被った
谷川岳の双耳峰が見えた。手前に伸びてくる尾根が今日登る天神尾根だ,わくわくする。


 水上インターで,出るために側道に入ると,谷川岳が正面に見える。私は,ここから見る谷川岳の姿が大好きだ。


 駐車場到着は7時30分。ゆっくりと身支度をして,6Fの切符降り場に上がった。まだ時間があったので,外に出て天神尾根方向を見た。正面中央のピークが天神峠で,手前に降ってくる尾根が田尻尾根だ。今日は予報通り良い天気だ。雲一つ無い。


 切符の発売開始が8時30分。往復切符が,JAFの会員証提示で100円引きの1960円。 先頭のゴンドラに乗ることができた。高度が上がると,背後に白毛門が見える。高崎のSさんは,積雪期の白毛門に登るという。私には無理だ。


 15分で天神平に着いた。田尻尾根の向こうに今日目指す山頂が見える。アイゼンを着け,ヘルメットを被り出発した。 今日の服装はボトムはCWXにモンベルのインスレイションパンツ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツポリエステルの長袖シャツと,その上にダクロンの半袖シャツを重ねた。朝のうち着ていたDUNCO&BORORジャケットはスタート時点で既に脱ぎ,ウインドブレーカーを着た。靴は夏用のTECNICA軽合金製の14本爪アイゼンを履いた。ストックをザックに取り付けピッケルを持ってスタートした。今日はストックの出番は無かった。
 今日持って行ったピッケルは, グリベルエアテックという商品で,長さは63.5cm。私としては気に入っているピッケルなのだが,緩傾斜で杖として使うには,もう少し長さが欲しいと感じていた。そこで,
石突を少し延長してみた。何しろ,いざというときに命を預けるツールなので,強度など慎重に検討して製作した。詳細はいずれ後の機会に報告する。


 左のピークがトマノ耳。 ほくろのような丸い大岩が西黒尾根のザンゲ岩


 天神平から田尻尾根の上まで急斜面を一気に登る。日差しが強く,風が無いので暑い。ウインドブレーカーも脱いだ。


 田尻尾根の上から天神平を俯瞰する。


 山頂が近づいた。


 更に半袖シャツも脱いだ。


 天神峠を巻いて,天神尾根に取り付く。先行するスノーボーダーが休んでいた。このグループと前後しながら山頂を目指した。


 荒々しい岸壁はマナイタグラの岸壁。急斜面なので,あまり雪が付かない。


 小さなピークを巻いて進む。この時期,斜面のトラバースは雪崩に注意しなければならない。


 熊穴沢避難小屋。昨年は,鉄柱の上部が50cmほどしか出ていなかった。今年は昨年より雪が1mほど少ない


 真っ白な山は浅間山


 富士山も見えた。目視では確認できても,写真に撮るとこの程度にしか写らない。


 天狗岩が見える。景色が変化しないので,登っている実感がわかない


 天狗岩は休憩ポイント。


 更に頂上を目指す。雪が風で飛ばされ,笹が顔を出している


 天神ザンゲ岩 ボードを担いだ若者のグループに追いついた。


 最後の急斜面を登ると,肩の小屋が見えてくる。


 肩の広場の方位塔も見える。昨年は,基部の石組みが完全に雪の下だった。今年は昨年より雪が少ない。左に見えるピークがトマノ耳だ。見えているが,疲れていてなかなか着かない。


 やっと山頂(トマノ耳)に到着した。山頂にいた人に写真を撮ってもらった。

 天神平を出発して,3時間15分で山頂に着いた。昨年とほぼ同タイムだ。
 登る時間を競争する気持ちは無いのだが,この時間で登ることができ,自分としては満足だ。自分の体力測定のバロメーターの一つになっている。


 山頂からのパノラマ写真(西方) (写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます。)


   山頂からのパノラマ写真(東方) (写真をクリックすると山名入りの大きな写真が見られます。)


 肩の小屋


 山頂で自宅に電話し,FBに写真を載せた。昼食のおむすびを食べ,名残惜しいが下山することにした。オキノ耳まで行くことも考えたが,今日は疲れているので自粛した。


 オジカ沢の頭からマナイタグラに繋がる吊り尾根


 急斜面を降る。雪はザクザクに腐り,一足ごとに足が流れる。足の筋肉に疲れが溜まり,リズム感良く降ることができない。


 足下だけを見て降るのは勿体ない。目の前には高度感のある見事な景色が広がっている。


 天狗岩まで降ってきた。この上下で,気温も雪の質も大きく変わる。ますます雪が柔らかになってきた。


 この急斜面を降ると熊穴沢避難小屋だ。小屋の前で休憩している登山者が見える。


 避難小屋を過ぎ,正面が天神峠だ。ここから峠を左に巻いて,田尻尾根の上を越す。


 田尻尾根 正面の山は武尊山


 田尻尾根の上から天神峠を見上げる。雪面が光っている。


 この急斜面を降って天神平に出る。あと一息だ


 この急斜面,登るよりは楽だが,降りもかなり辛い


 無事に天神平まで降りてくることができた。最後の急斜面で左膝の内側に痛みが出た。今日は膝サポーターも持ってきていたのだが,使わなくてすんだ。
駅の入り口で,アイゼンを外し,ヘルメットを脱いだ。
 ロープウエイのゴンドラは3分置きに出ており,直ぐに乗ることができた。動き出して直ぐ,
天神峠と田尻尾根からの登山道が見渡せた


 谷川岳の双耳峰が日光を受けて輝いていた。2時間前まであそこに居たなんて信じられない。
 山頂から右手前に伸びる尾根が
西黒尾根。左の稜線が天神尾根。登山道は見えている稜線の少し裏側。ロープウエイが高度を下げると,山頂は手前の尾根に隠れて見えなくなる。



 今年も,雪の谷川岳に登ることができた幸せだった。何よりも天候に恵まれたのが最大の幸運で,こんなに良い天気は滅多にない。自分の体力の確認もできて大満足だ。それにしても,朝5時に自宅を発ち,山頂まで行って夕方5時には帰宅できるなんて,夢のようだ。もう少し山歩きを続けさせてください。

ページトップへ