閉じる
尾 瀬 キャンプ下見

2018年(平成30年) 7月3日(火)-4日(水)



コース・タイム
7/3(火)
 自宅(4:30) ⇒ 学校(5:00) ⇒ 戸倉駐車場(7:05-15) ⇒(タクシー)⇒  大清水(7:25-30) ⇒(乗り合いタクシー)⇒ 一ノ瀬(7:43)
  一ノ瀬(7:55) → 石清水(8:40) → 三平峠(9:30-45) → 三平下(10:06-25) → 長蔵小屋(打合せ・昼食)(10:50-13:00) →
   → 長蔵墓所(13:10) → 沼尻(14:10-30) → 弥四郎小屋(16:05)
7/4(水)
 弥四郎小屋(7:20) → 赤田代(8:00) → 平滑ノ滝(8:15) → 三条ノ滝(9:10) → 平滑ノ滝(10:05) → 赤田代(10:25) →
 → 弥四郎小屋(11:05-15) → 竜宮小屋(11:50) → 牛首三叉路(12:30) → 山の鼻小屋(13:15-14:00) → 鳩待峠(15:26)
 鳩待峠(16:00) ⇒(シャトルバス)⇒ 戸倉駐車場(16:30) ⇒  学校(18:40) ⇒ 自宅(19:00)

同行者
 中学校I先生(女性),N先生(男性)

 宇都宮市内にあるこの私立中学校 では,毎年8月に2年生が尾瀬キャンプ を実施している。私がかつてその学校に勤務していたこともあって, 毎年そのガイドを頼まれている。今回はその 下見のために,中学校の先生二人と 尾瀬に行ってきた。 天気予報は良くはなかったのだが,当日の 雨への対応訓練にもなるので出かけることにした。
第一日(7月3日)
 宇都宮市内の学校に集合し,N先生の運転する車で,尾瀬に向かった。宇都宮から2時間5分ほどで 戸倉第一駐車場 に着いた。平日なので,停まっている車は少なかった。
 戸倉の駐車場から大清水 までタクシーに乗った。昨年は3,000円前後で行けたのだが,今年は4,000円を越えた。値上がりしたのか。
 大清水でタクシーを降り,シャトルバス に乗った。当日も利用させてもらうので,時間や人数などを告げて,対応をお願いした。
一ノ瀬の休憩所 は,昨年から売店の営業を止めていたが,今は,内部を改造し,無料休憩所として整備されていた。


 アマドコロ ナルコユリ に似ているが,ナルコユリはアマドコロより,葉の幅が狭い。 


 オオバタケシマラン タケシマラン より大型で,花の付き方が異なる。


 マタタビ マタタビには雄花の咲く 雄株と、雌花および両性花の咲く 雌株がある。これは雄株


 三平峠  ゆっくり歩いたのだが,1時間35分で到着した。


 三平下に下る途中の足下に,コケイラン が咲いていた。


 三平下で小休止して。長蔵小屋に向かった。早稲沢湿原には コバイケイソウが咲いていた。


 花を拡大した。果たして梅の花 に似てるか。


 ハクサンチドリ


 ワタスゲ


 早稲沢湿原から見た燧ヶ岳


 ミゾホオズキ


 イチリンソウ


 白花のハクサンチドリ



 長蔵小屋の前にヒメサユリ が咲いていた。


 ヒオウギアヤメ


 長蔵小屋で打合せを済ませ,昼食を食べてから,沼尻に向かった。 ヤナギランの丘近くから見た大江湿原 。ワタスゲの向こうに三本唐松。


 大江湿原のシンボル,三本唐松


 木道に沿ってコバイケイソウ が咲く。


2015年の9月下旬 火災 で焼失してしまった沼尻の休憩所が再建されていた。よかった。 トイレも新しくなった。


 建物は,以前より小さくなったが,板敷きの広いデッキ ができていた。まだ未完成のようだが,やはりこの位置に休憩所は必要だ。


 小さな池塘にルリイトトンボ が飛んでいた。


 シウリザクラのような花を付けるのはテツカエデ だ。


 見晴に着いた。ひのえまた小屋 が改修されていた。外壁がログハウス風になり,窓がアルミサッシになった。


 弥四郎小屋 


 早速風呂に入り,夕食後に打合せをした。

第二日(7月4日) 
 夜半から雨が降ってきた。 かなりしっかり降った。朝方,明るくなる頃には小降りになった。


 朝食


 雨が上がってきた。外に出てみるとアサギマダラ が横になっていた。死んでいるのかと思ったが,手に取ってみると脚や触覚が動いている。先日,TV番組で, アサギマダラが死んだふりをすると言うことを知ったばかりだった。 少し時間がたつと飛び立っていくという。飛び立っていけるように,外のテーブルの上にそっと置いた。 その後,その場を離れてしまったので,飛び立っていく姿は確認していない。


 雨が小降りになったので,雨が強ければ割愛するはずだった 三条の滝へ,出発した。  ウラジロヨウラク


 ツルコケモモ


 トンボの羽化に出会った。


 三条の滝分岐の標識 が新しくなった。

 三条の滝  水量は,例年に比べやや少ない。




 三条の滝から戻り,山の鼻を目指した。 トキソウ


 サワラン   尾瀬ではアサヒラン と呼ばれる。


 トンボソウ


 竜宮の出水口近くのヌタ場にサギスゲ が固まって生えていた。ヌタ場 を回復させるために植えたものらしい。近くには新しいヌタ場ができていた。 ヌタ場は昨年より増えていた,シカは増えているらしい。木道に並行するシカ道も目立っている。


 ヒツジグサ


 希少種のオゼコウホネ が咲いていた。


 山の鼻小屋 で打合せをしてから昼食を食べ,鳩待峠に向けて出発した。昨年完成した 休憩所

 川上川橋 を渡って鳩待峠に向かう。



 ゆっくり歩いて,1時間25分で鳩待峠 に到着した。汗を拭いて一休みしてから駐車場に向かい,乗り合いタクシーに乗り込んだ。 乗り合いタクシーは,原則的に満員になると発車するシステムなので待たされることも多い。 今日も20分ほど待たされてから戸倉の駐車場に向かって出発した。


 戸倉の駐車場でN先生の車に乗り換え,帰途についた。

 ページトップへ