閉じる
小 田 代 原

2018年(平成30年) 9月19日(水)



コース・タイム
 自宅(8:00) ⇒ 赤沼駐車場(9:19)
   赤沼(9:41) → 泉門池(10:57) → 小田代原(11:36ー12:09) → 赤沼(13:19)
 赤沼駐車場(13:29) ⇒ 宇都宮ロマンチック村(14:33-55) ⇒ 自宅(15:25) 

同行者
   チコ

 今年の夏は異様に強烈で,暑さ負けなどしたことのなかった私だが,いささか夏バテで,山に行く元気が出なかった。
 9月ともなれば,さすがに暑さも一段落で,天気予報と睨めっこしながら,奥日光に出かけてきた。 8月1日に尾瀬から帰って以来,7週間ぶりに山靴を履いた。

 平日なので,いろは坂も車は多くない。いつもの,明智トンネルを出たところから 奥白根山がよく見えた。


 中禅寺湖畔からは社山 がきれいに見えた。冬になる前に社山に登りたいが,今の体力では無理かもしれない。


 赤沼駐車場 に着いた。先週日曜日には午前9時半には満車になったと言うが,さすがに平日の今日は半分以下だった。背後に 男体山がきれいに聳えていた。


 駐車場の入り口にあるナナカマド の実は,色づき始めていた。実が赤くなる頃には,葉も赤くなる。


 戦場ヶ原に入ると,ズミ がたくさんの実を付けていた。今年は大豊作のようだ。


 ワタスゲデッキから男体山 を眺めた。戦場ヶ原は草紅葉が始まっていた。


 今の時期は花は少ない。その中でも目立つのはウメバチソウ だ。白い花びらには,暗く見える透明な筋が見える。


 リンドウ これは「リンドウ」 エゾリンドウやオヤマリンドウとは違う。


 戦場ヶ原には首都圏の小学生 が修学旅行や校外学習でやってくる。今日もガイドに先導されたたくさんの小学生がやってきていた。 戦場ヶ原を訪れる小学生には3つの形態がある。一つは,10人程度のグループ毎にガイドがついている形だ。 戦場ヶ原や奥日光の自然学習には最も望ましい形だ。二つ目は,7〜8人のグループで,自主的に見学・観察を行っていく形だ。 これは,アクティブラーニングとして,観察や学習の内容内容よりも,児童の自主的な活動を重視する考え方だ。 事前学習や事後学習をきちんとやることが大切だが,最近はこのような学校も増えてきた。 三つ目の形態は,クラス単位で,教師が引率し,ほとんど説明などせずに通過するだけの学校。この形は,少なくなっては来たが,まだある。 金も手間もかからず,最も簡便な方法だが,せっかく奥日光に来たのに,こんな歩き方では勿体ない。


 大真名子山の向こう側から雲が湧いてきた。


 ツルコケモモの実が赤くなっていた。  アメリカではこれを大量に栽培し,「クランベリー」 として出荷している


 今年度に掛け替えられた「青木橋」  鉄骨の橋桁には木材が貼り付けられ,鉄骨が外部から見えないようになっている。


 サラシナショウマが咲いているかと思って泉門池 まで行ってみたが,花は終わっていた。泉門池から小田代原に回った。
小田代原では,草紅葉が進んでいた。


 西側に回り込むと小田代原全体が見渡せる。草紅葉 はそれぞれに色が違うのだが,今年は全体的に暗い色で,鮮やかさが少ない。


 小田代原のシンボル「貴婦人」は今日も気高く佇んでいた。


 小田代原のベンチで昼食にし,赤沼に戻った。途中からは,先ほどとは違った角度 から小田代原が見える。


 この時期に目立つ花は,シロヨメナ


 この,薄紫の花が, 「ヨメナ」


 今年は,どんぐり の豊昨年のようだ。林の中を歩いていると,「ハツン!」という音が聞こえる。どんぐりが落ちてクマザサに当たる音だ。 このような経験は今まであまりなかった。これらはみな, ミズナラ のどんぐりだ。どんぐりはツキノワグマの主食で,どんぐりが豊作の年は,里まで下りてくることは少なくなると言う。


 赤沼駐車場に戻って来た。小学生を迎えに来た大型バスがたくさん止まっていた。

 久しぶりの奥日光は,最高の天気で迎えてくれた。やはり,奥日光は素晴らしい。

ページトップへ