閉じる
社 山

2019年(平成31年) 1月20日(日)




コース・タイム
 自宅(6:25) ⇒ 歌が浜駐車場(7:25)
   歌が浜(8:02) → 狸窪(8:38) → 阿世潟(9:05-14) → 阿世潟峠(9:41) → アンテナピーク(10:08-16) →
     → 山頂(11:11-25) → 昼食(11:58-12:21) → 阿世潟峠(12:47-53) → 阿世潟(13:13-20) → 狸窪(13:45) → 歌が浜(14:20)
 歌が浜駐車場(14:33) ⇒ 自宅(15:34) 

同行者
    単独

 先週,高山へ向かう車から見た 社山の姿が心に残り,登りたくなった。
 社山は手頃な山だが,歌ヶ浜の駐車場から往復で7時間前後かかる。危険箇所こそ無いが,けして簡単な山では無い。 昨年は2月27日に登ったのだが,往復で(休憩を含んで)7時間15分ほどかかった。
 少しでも早く歩き出したいので,6時半に家を出て,日光に向かった。 天気予報では良い天気のはずなのだが,上空は雲に覆われている。
 日光道路を走っていると,ドアミラーに朝日が昇った 。しかし,雲に遮られ,太陽の姿は見えなかった。

 少し進むと,正面の男体山 に朝日が当たった。



 いろは坂を登っていくと,雲の間から太陽が姿を現した。

 第二明智トンネルを抜けたところから見えるはずの奥白根山 も雲の中だ。


 歌ヶ浜の駐車場に着いた。対岸の 社山 の姿が美しい。上空は雲に覆われ,日差しは無い。風は弱く,湖面は波立っていない。


 車の車外温度計は0℃ を示している。意外と暖かい。
 車の中で,途中のコンビニで買ってきた助六寿司を食べ,朝食とした。

 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルの インスレイションパンツ,トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツ に薄いアクリルのシャツを着て,その上にモンベルの クリマブロックロッシュジャケットを着た。その上に UNCO&BORORジャケット を着て,頭にはニット帽を被った。
 靴は夏用のテクニカ。 ザックの中に 6本爪アイゼンを持ち, チェーンアイゼンを履いてスタートした。 ストックはザックに取り付けた。
 UNCO&BORORジャケット は,歩き出して体が温まってきたところで脱いでしまった。


 対岸の社山に薄日が当たり始めた。


 だが,奥白根山 は雲の中で見えない。奥日光は,日本海で発達した雪雲が伸びて来ることが多く, 関東平野が好天の時でも,晴れるとは限らない。


 歌ヶ浜名物の「つららすだれ」  強い西風でしぶきがかかり,つららが発達する。


 ベンチが面白い状態になっている。足下は完全に凍り付き,スケート場 のようだ。チェーンアイゼンを履いていて正解だった。


 ここでは,つららが横につながり,壁になっている。


 湖畔道 に入ると,雪はほとんど無い。アイゼンも不要になったので,ここで脱いだ。


 湖畔から社山 を見た。陽が当たって輝いてきた。


 狸窪を過ぎても,路面に雪はあまり無い。


 男体山の頂に懸かった雲は取れない。


 阿世潟 に着いた。約1時間で,ほぼ夏時間だ。ここで6本爪アイゼンを履いた。



 阿世潟峠 への登りは,北斜面なので雪は多いのだが,今年は少なかった。


 阿世潟峠まで登ってくると,いつも,富士山 を探す。見えるときには,ここに見えるのだが,残念ながら今日は見えない。



 小ピークを回り込むと,社山の山頂 が見える。


 私が勝手に名付けた「社山キレット」





 さらに少し登って振り返った 。天気が悪いせいか,全体がどんよりしている。


 でも,意外と見通しは良く,カメラの望遠レンズを使うと, 中宮祠の町並みがよく見えた。


 山頂に近づくにつれて雪の量が増えてきた,風も出てきた。


 もう少しで山頂だ。


山頂 は登山者で賑わっていた。今日の登山者数は,15人程度だった。 さすがに今日は日曜日。冬季にしては登山者が多かった。


 山頂記念  山頂まで3時間10分で登ることができた。 昨年2月に登ったときには,今年より雪が多かったこともあって,4時間かかった。
 スマホ用の自撮り棒を買った。 この写真は,自撮り棒のリモコンを使って撮影したもの。天気が良ければ背後に男体山が見えるのだが,今日は何も見えない。
 風が出てきて寒くなってきた。自宅に電話し無事登頂を報告し,FBに写真をアップして下山にかかった。
 風に混じって,雪が飛んでくる。「吹越し」 と言われるものだ。濡れるほどでは無いが,寒い。

 吹越しのせいで,遠方が霞んでいる。



 途中で昼食を食べ,阿世潟峠 まで降りてきた。


 阿世潟 もひっそりとしている。13時を過ぎたばかりなのだが,夕方の静寂だ。


 今日一日,男体山 に懸かっていた雲は取れなかった。頂上付近だけを覆っているので,これも 「笠雲」と言うのだろうか。


 歌ヶ浜の駐車場に戻ってきた。岸壁には氷の塊が大きく発達していた。


 「吹越し」がだんだん強くなってきて,対岸の社山 も霞んできた。


 駐車場の車の数は,朝とあまり変わらない。



 天気予報ほどに良い天気にはならなかったが,無事に行ってこられた。 阿世潟までの時間を短縮しようと,少しスピードを上げたのだが,バテずに行ってこられた。
 雪のあるうちに,もう一度登りたい。

ページトップへ