閉じる
茶 臼 岳

2019年(平成31年) 4月8日(月)



コース・タイム
 自宅(6:30) ⇒(東北道)⇒ 峠の茶屋駐車場(7:45)
   駐車場(8:20) → 中の茶屋跡(9:10) → 峰の茶屋(9:54-10:10) → 山頂(11:13-24) → 峰の茶屋(12:03-35) → 駐車場(13:15)
 駐車場(13:35) ⇒ 専慶寺(14:45-15:00) ⇒ 自宅(16:05) 

同行者
    単独

 3月末から,茶臼岳 に登ろうと,良い天気を待っていたのだが,なかなか良くならなかった。ところが,二日前になって,それまで” C-登山不適”が,9時から15時までの間だけ,” A-登山適 ”に変わった。迷ったのだが,早出・早着なら登山可能だと判断して,登ることにした。
 自宅を6時半に出て,東北道 を那須に向かった。空は厚い雲に覆われていたが, 北の方の空は明るくなってきた。


 那須ICで高速を降り,那須岳に向かった。正面に見える那須連山 も上部は雲に覆われていた。


 那須ホテル前の展望台に車を止めて, 茶臼岳 を望んだ。依然として山頂は雲の中だ。天気は回復するのだろうか。ちょっと心配になった。


 峠の茶屋駐車場 に着いた。曇り空だが風は弱い。ガスもかかっていない。 天気はこれから良くなることに期待して,茶臼岳に向かうことにした。

 今日の服装は,ボトムはCWX にモンベルのインスレイションパンツ ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツ ポリエステルの長袖シャツと,その上に ダクロンの長袖シャツを重ねた。頭には ニット帽を被った。冬用の ジャケット は必要ないと判断して持ってこなかったが,朝のうち寒かったので,車の中で着てきたナイキのジャンパーを着た。 ウインドブレーカーはザックの中に持った。
 今日の靴は,夏用のTECNICA 6本刃の軽アイゼンは,駐車場を出たところで履いた。 ストックは2本をザックに取り付け ,ピッケルを持って出発した。

 まだ登山シーズンではないので,駐車場の車はまばらだ。


 登山口の鳥居は半分ほどが埋もれている。


 鳥居の横を通り抜けて,正面の斜面を登り,登山道 に出た。ここには,まだ,雪がたっぷりあった。


 樹林帯を抜けると,雪は殆ど無くなった。茶臼岳の双耳峰 が望めた。


 右側には朝日岳 が聳えている。朝日岳も,稜線には雪は無い。


 朝日岳と峰の茶屋の間には剣ヶ峰 があり,朝日岳に登るにはここを越えるか巻かなければならない。剣ヶ峰の南面には 大きな雪渓 があり,遅くまで残る。この雪渓のトラバースには雪崩の危険があり,冬季には剣ヶ峰を越えて旭岳に向かう。 まだ雪渓は大きいが,トラバースするトレースがついている。昨年の3月には,この雪渓をトラバースして朝日岳に登った。


 峰の茶屋に向かう道には雪は殆ど残っていない。


 朝日岳に陽が当たってきた。別名を 「那須穂高」と言うように,その荒々しさは迫力がある。


 峰の茶屋が近づいてきた。


 峰の茶屋の手前には大きな雪渓 があり,遅くまで残る。この雪渓を登って,茶臼岳への登山道に出ることもできる。


 峰の茶屋で一休みし,茶臼岳 に向かった。峰の茶屋はまだ冬季閉鎖中で,冬季入口だけが開放されていた。


 峰の茶屋から見える登山道 には雪は見えない。


 高度が上がると,真っ白な大倉山 が輝いているのが見えた。


 噴気孔から立ち上る噴気は少ない。この噴気は,大部分が 地下水 が熱せられたものなので,地下水の少ない冬季は噴気は少ない。


 山頂直下の大雪渓 も小さくなった。今日は,出発時から6本爪のアイゼンを履いてきた。途中の雪の無いところでも我慢して履いてきた。 この雪渓を登り切ったところでアイゼンを脱ぎ,その後はアイゼンを履かなかった。アイゼンを履かずに駐車場まで降った。


 山頂の鳥居と奥宮の祠


 山頂からの展望 (写真をクリックすると大きな写真が見られます。 )


 山頂から,旧火口を一周して下山することにした。途中から,眼下に 峰の茶屋が見えた。


 雪解け時には,火口の底に水が溜まり,釜沼 を作る。少しだけ溜まった水が凍り付いている。


 峰の茶屋手前まで降ってきて,山頂を振り返った。


 峰の茶屋で昼食を食べ,駐車場に向かって歩き出した。


 鳥居 まで降ってきた。降りは早い。急がなかったのだが,40分で降ってきた。
 今日履いてきた夏用の登山靴は,底の凹凸が少なく,雪への食い込みが足りない。 そのため,どうしても踏み込んだ足が流れてしまうことが多い。やはり,冬用の靴にはかなわない。


 駐車場に着いた。車は減っていた。
 今日の天候は,好天を期待したのだが,雲が多く,思ったほどには良くならなかった。 だが,風は弱く,雨の心配がなかったのだから良しとしなければならない。

 登山者は少なく,静かな茶臼岳を満喫できた。今日出会った登山者は全部で6人だった。

 峠の茶屋駐車場までの道路が開通するのは,原則4月1日だ。 ロープウエイが開業 するのは,年によって異なるが,3月18日前後で,この日以降はロープウエイ駅駐車場まで車で入れる。 それ以前に茶臼岳に登る場合には,は大丸の駐車場から歩かなければならない。
 昨年 は,3月16日にロープウエイが開業したので,3月18日にロープウエイ駅駐車場に車を置き, 朝日岳と茶臼岳に登った。 一昨年 も,3月20日にロープウエイ駅駐車場から茶臼岳に登った。
奥日光も同じ傾向だが, 年々雪は少なくなっている 。もったたくさんの雪に出会いたいのならば,もっと早い時期に,大丸の駐車場に車を置き, そこから歩かなければならない。

ページトップへ