閉じる
ア ヤ メ 平

2019年(令和元年) 5月 2日(木)



コース・タイム
 自宅(5:00) ⇒ 金精峠(6:10) ⇒ 戸倉駐車場(6:45)  戸倉(7:55) ⇒(シャトルバス)⇒ 鳩待峠(8:20)
   鳩待峠(8:25) → 横田代(11:00-40) → 鳩待峠(13:15)
 鳩待峠(13:30) ⇒(シャトルバス)⇒ 戸倉(13:55)  戸倉駐車場(14:10) ⇒ 金精峠(14:51) ⇒ 自宅(16:17)

同行者
    BAKUさん,HIBARIさん,ドラ吉さん,キレンジャクさん,ランさん

 例年,この時期に。BAKUさんたちと残雪の尾瀬を訪れている。昨年は,大清水から入って尾瀬沼ヒュッテに一泊し,翌日,往路を戻った。その前年の2017年2015年には,鳩待峠からアヤメ平を経由して尾瀬ヶ原に一泊し,翌日,原を縦断して鳩待峠に戻った。2016年には鳩待峠から日帰りで至仏山に登った。2012年2010年には,大清水から日帰りで尾瀬沼まで往復した。
 今年は,鳩待峠から,日帰りで
アヤメ平を往復することにした。
 今年も,
戸倉第一駐車場に8:00集合と言うことになった。駐車場に着いてから朝食を食べるので,少し余裕を見て5:00に自宅を出発した。群馬県との県境の金精道路は,4月25日の正午に冬季閉鎖が解除になったので,宇都宮に住むものとしては,ずいぶんと楽になった。
 日光道路を走っていると,正面に
女峰山が見える。雲は多いが,青空も見える。天気予報ではこれからよくなるという。


 細尾の交差点に止まると,正面に男体山が見える。だが,山頂だけ雲に隠れている。


 いろは坂を登り,明智トンネルの出口で見えるはずの奥白根山は,今日は雲に隠れていた。


 中禅寺湖までやってくると,対岸に社山の姿が美しい。


 金精道路を上ってきても,雪は少ない。日陰に僅かに残るだけだ。


 トンネルを抜け少し降ると菅沼だ。奥白根山の登山口には6台ほどの車が停まっていた。今の時期ならば,冬路の雪渓を登ることになる。雪の質と量にもよるが,楽な登山ではない。連休が明けたら登りたいと思っている。


 菅沼は,まだ凍っている。昨年通った時には,氷は解けていた。
 走行しながらの写真撮影なので,かなりぶれている。


 鎌田の交差点を右折し,尾瀬に向かう。尾瀬橋は斜張橋で,橋桁を吊るワイヤーが美しい幾何学模様を作る。


 交通量も予想したより多くは無く,2時間掛からずに戸倉第一駐車場についた。早速,宇都宮のコンビニで買ってきた助六寿司を食べ,準備に取りかかった。
 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルの インスレイションパンツ,トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツ アクリルの長袖シャツに,ダクロンの長袖シャツを重ねた。その上に薄いウインドブレーカーを着た。冬用のジャケットは持って来なかった。
 今日の靴は,冬用の
ZAMBELON PERMO GT ZA-980。今年は,谷川岳茶臼岳も含めて,全て夏用のTECNICAを履いていたので,この靴はこの冬初めて履く。ザックの中に 6本刃の軽アイゼンを持ち, ストックを2本ザックに取り付けた。



 途中から霧雨が降っていたのだが,駐車場についても降ったり止んだりだった。ふと,西の空を見ると,が架かっていた。朝の虹は天気が崩れる報せとも言うから,歓迎はできない。


 まもなくBAKUさんたちも到着し,乗り合いタクシーで鳩待峠に向かった。鳩待峠の休憩所前には,大きな雪の壁ができていた。


 アヤメ平への登り口は,休憩所の後ろだ。ステップの切ってある急な斜面を登って雪の上に出る。


 少し歩いて振り返ると,至仏山が見える。でも,上の方は吹雪いているらしく,空と山の境目が分からない。


 風が強いため,雲の動きが速く,天気の変化が激しい。鳩待峠から2時間半ほどで,横田代に着いた。
 横田代は,傾斜のある細長い湿原で,両端の標高差は50mほどある。



 青空も見えるのだが,日の陰る時間は長い。天気予報では,昼頃から風も弱くなり,晴れ間が多くなるはずだったのだが,天気の回復は遅れているようだ。


 少し登ると燧ヶ岳の姿がやや大きくなった。


 積雪期だけ登山が容認されているという景鶴山


 陽は射して居るのだが,黒い雲が増えてきた。風も,依然として強い。


 至仏山にも陽が当たり始め,山と空の境目が見えてきた。


 正面中央の,雲の被っている頂きが平ヶ岳だ。積雪期にも登る人がいるという。


 天気の回復も進まず,雪質も悪くなってきたので,今日の山行はここまでとした。風当たりの弱そうな所を選んで腰を下ろし,昼食にした。
 たっぷり休憩してから,下山に掛かった。
 芸術的な
ダケカンバを見つけた。これはすごい。どんな力が加わればこんな風になるのか。


 降りは早い。だが,砂浜のランニングのように,足が疲れる。


 ブナの実がたくさん落ちていた。


  ブナの実


 鳩待峠まで降ってきた。


 天気は不安定だったが,楽しく歩いてこられた。予定していたアヤメ平までは行けなかったが,大成功だった。お互いに歳をとり,無理ができない体になったが,無理さえしなければまだまだ山歩きは続けられる。
 来年の再会を約束して解散した。

 途中での渋滞は無かったが,
いろは坂のろのろ運転の大型バスに追いついてしまい,我慢を強いられた。大型バスも,地元の路線バスは,途中で道を譲ってくれるのだが,観光バスは絶対に道を譲らない。彼らには彼らの理屈があるのだろうが,なんとも我慢できない場合もある。運転に専念していて遅いのならば仕方ないのだが,乗客に車窓の観光をさせるためにことさら徐行しているように見える場合もあり,これは許せない。

ページトップへ