閉じる
硫黄岳-赤岳

2019年(令和元年) 6月17日(月)-18日(火)



コース・タイム
6/17(月)
  自宅発(3:45) ⇒ 赤岳山荘駐車場着(7:00)
   駐車場(7:30) → 堰堤広場(8:25-35) → 赤岳鉱泉(9:47-10:07) → 赤岩ノ頭(11:56-12:23) →
     → 硫黄岳(12:49-13:06) → 硫黄岳山荘(13:27)
6/18(火)
   硫黄岳山荘(6:27) → 奥の院(7:29-33) → 三叉峰(8:00) → 地蔵の頭(9:00) → 展望山荘(9:05-45) →
     → 赤岳頂上山荘(10:31-11:00) → 赤岳(11:05) → 阿弥陀岳分岐(11:40) → 行者小屋(12:50-55) →
     → 赤岳鉱泉(13:35-45) → 堰堤広場(14:41) → 駐車場(15:22)
   赤岳山荘駐車場(15:30) ⇒ 八ヶ岳山荘(15:45) 入浴,夕食,車中泊
7/19(水)
   八ヶ岳山荘(2:25) ⇒ 自宅(5:40) 

同行者
    【単独】

 この時期の八ヶ岳 は,高山植物が一斉に花を咲かせ,申し分の無い花の山 になる。昨年もこの時期に登り,素晴らしい山行を体験できたので,今年もぜひ行こうと考え, 天気予報を確認しながら,その時を待った。
 はじめは,6月13日,14日で計画していたのだが,直前に天気予報が悪く変わったので,4日ほど後ろにずらし, 17日-18日で実行した。宿泊予定の 硫黄岳山荘には,宿泊の予約を入れた。

 6月18日(月)
 宇都宮の自宅を4時少し前に出て,コンビニで昼食のおむすびを買い,壬生IC から高速道に乗った。北関東道波志江PAの少し先を走っているとき, ドアミラーに,朝日が昇った。

 壬生ICから北関東道に乗り,都賀JCTで 東北道に,岩舟JCTで再び 北関東道へ。高崎JCTで関越道 に入り,藤岡JCTで上信越道に入った。
 横川SAで休憩を兼ねて朝食を食べた。
 上信越道を佐久IC で降り,佐久市内から 国道142号に入り,立科町から 県道40号を白樺湖に向かった。

 白樺湖から,国道152号を降っていくと,正面に 甲斐駒ヶ岳が見えてきた。右隣には, 仙丈ヶ岳も見える。


 美濃戸口から細い山道を15分ほど登って, 赤岳山荘の駐車場 に着いた。満車と言うほどでは無いが,かなりの車が停まっていた。
 駐車料金を集金に来た,赤岳山荘のおばちゃんに,2日分の¥2,000.−を払った。
 さっそく,身支度をして出発した。
 今日の服装は,ボトムは
CWX Fox fireの夏用トレッキングパンツ。トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツに 同じファイントラックの ドラウトタフアルパインロングを着て, ダクロンの半袖シャツを重ねた。 ウインドブレーカーはザックの中に用意した。
 靴は,夏用のTECNICAで, ストック2本をザックに着けて出発した。
 今日は平日なので,登山者は少ない。美濃戸山荘 も人影は見えない。



 堰堤広場までは林道歩き だ。木漏れ日を浴びて,静かさの中を気持ちよく歩く。


 足下に咲いていたスミレ。これはタチツボスミレ 奥日光で見かけるタチツボスミレよりも,花が大きく,花びらに透明感がある。


 堰堤広場まで約1時間。ほぼ予定通りだ。橋を渡っていよいよ 山道が始まる。


 昨年の大雨の爪痕 が至る所に残っている。橋の流されたところには仮橋 が架けられていた。本格的な橋の建設のために,ヘリで運ばれた材木も準備されていた。


 堰堤広場から1時間10分ほどで赤岳鉱泉 に着いた。これも,ほぼ予定通りだ。休憩し,おむすびを1個食べた。


 赤岳鉱泉から硫黄岳 に向かうと,まず3本の流れを渡る。最初が大同心沢 ,次が,この裏同心沢 。橋は完全に流されており,飛び石伝いに流れを渡る。三つ目の沢はジョウゴ沢 だ。


 急な斜面をジグザグに登っていく。暑くも無く寒くも無く,快適な山登りだ。


 サクラが咲いていた。多分ミネザクラだろう。


 高度が上がってくると見晴しが良くなり,横岳から赤岳への稜線 が見えてくる。


 赤岳から中岳,阿弥陀岳  時間も過ぎているので,稜線に出る前に昼食を食べることにした。登山道の脇に腰を下ろし,おむすびを食べた。


 赤岩ノ頭 に着いた。本当の「赤岩ノ頭」はここから左に100mほど進んだところ。ここで,単独行の女性と立ち話。 その人は,昨夜は行者小屋に泊まり,朝早く文三郎尾根から赤岳に登ったのだが,強風と低温のために,尾根歩きを諦め, 文三郎道を降り,赤岳鉱泉から再び硫黄岳に登ったのだという。やはり,今朝まで強風は残っていたのだ。


 これから登る硫黄岳 を眺める。手前に見える標識は,オーレン小屋に降る分岐


 硫黄岳の山頂からオオダルミまでは,大きなケルン が道案内してくれる。


 山頂が近づくと,北方の見晴らしが良くなり,天狗岳 蓼科山が見えてくる。


 頂上は広い平坦地だ。古い三角点標石 があった。現在の地図では,火口に沿って東に約500mほど回り込んだところに,三角点の記号がある。


 平坦地のほぼ中央に,古い小屋 が残されている。かつて,ロボット雨量観測所 だったところで,荒天時には非難小屋の役目も果たしていたという。現在は,老朽化のため立ち入りが禁止されている。


 現在は,この大きなケルンがあるところが山頂 とされている。山頂標識には2760m と有るが,これは,ここから東に約250mほど行ったところの最高地点 の標高であって,ここの標高ではない。ここの高度は,最高地点より数メート低い。


 自撮り棒による記念写真 風が冷たく,頂上に着く前にウインドブレーカーを着た。


 今まで行ったことは無かったのだが,最高地点 まで行ってみることにした。火口壁に沿って大きな割れひびが入っており,いつ崩れても不思議では無い状態だ。 火口に近づきすぎないように,火口に沿ってロープが張ってある。


 特別な標石は見当たらないが,ここが最高地点 と思われるところ。小さな 石の祠 があった。地図の三角点の位置は,もっと東に行ったところなのだが,危険のため,立ち入りが禁止されていた。


 山頂を後にして,硫黄岳山荘 に向かった。 途中に咲いていたミネズオウ  とても小さな花だ。コンパクトデジカメで,マクロモードで撮影したのだが,風で花が揺れたり, 持ち手が震えたりして,なかなかピントが合わない。


 これはイワウメ やっと咲き始めたところ。


 硫黄岳山荘に着いた。一年ぶりだ。

 小屋に入って着替え,まずはこれ。ダウンのズボンとジャンパーを着たので寒くは無かったが,手足は冷たかった。


 夕食のメニュー 



 ここのオーナーは手作りにこだわっていて,野菜は殆ど,麓の畑で自家栽培していると言う。味噌汁の味噌も自家製だ。


 夕食は5時30分から だったので,夕食後でもまだ日は高い。付近を散策した。


 太陽は,もうじき稜線に沈む。



 部屋に戻り,他にすることも無いので布団に入った。いつものようにあまり眠れなかった。うとうとしながら朝を待った。


 6月18日(火)
 昨年の経験から,日の出の時刻は4時25分ころ と分かっていたので,4時20分にカメラを持って外に出た。 地平線は雲海に覆われていたので, 雲の上に太陽が顔を出したのは4時30分を過ぎていた。ガスが流れていき,ガスの切れ間を待って,太陽が姿を現した。


 朝日が,山荘の板壁 を照らし,登山者の影を写した。


 朝食の時間も5時30分から
 寝不足だが,体調は良いので,朝食も美味しく食べられた。

 昨日の夕食時は,40人 ほどが食事したのだが,今朝,食堂に集まった人は約20人 。朝食を食べずに出発した人がたくさんいたのだ。
 そんなに急いでどこまで行くのだろう。
 身支度をして出発した。気温が低く,風もあったので,ウインドブレーカー を着,オーバーズボンを履いた
 今回はヘルメット を持ってきていたので,ヘルメットを被ってスタートした。

 コメバツガザクラ 小さな壺形の花が可愛いい。


 阿弥陀岳の手前の,草付きの岩峰が 大同心
 今日は雲が多く,水蒸気も多いので,遠方はよく見えない。北アルプスも,最初のうちはかろうじて見えていたのだが,今はもう見えなくなった。
 昨年はよく見えた。⇒昨年のレポ



 横岳の主峰「奥の院」には登山者の姿が見える。


 阿弥陀岳と赤岳の間に, 仙丈ヶ岳が見える。


 最も手前が横岳の主峰「奥の院」 ,その向こうが,「大権現」 ,その向こうが「三叉峰」  この3つのピークについて面白いことがある。
 国土地理院の「電子国土web」によれば,奥の院2830,大権現2826,三叉峰2825となっており, 奥の院が最高峰 になっている。一方,1998年発行の昭文社「八ヶ岳・蓼科」によれば,奥の院の標高記載は無く, 大権現2829,三叉峰2825となっており, 大権現が「横岳の最高点」 と書かれている。同じ昭文社が1980年に発行した地図では, 奥の院2835 と書かれ,大権現の記述は無く,三叉峰の記述はあるが,標高の記載は無い。 まあ,新しいものほど正確なのだろうとは思うが,ちょっと面白い。 


 キバナシャクナゲ


 オヤマノエンドウ 青紫の花は,よく目立つ。


 奥の院には, 「横岳2829」 の標識があるが,国土地理院の「電子国土web」によれば,奥の院の標高は 2830となっている。


 赤岳と阿弥陀岳の間に, 北岳,甲斐駒ヶ岳,仙丈ヶ岳が見える。


 富士山もやっと姿を現した。今日は雲が多く,富士山の姿も隠されがちだ。


 イワカガミ


 探していたツクモグサ をやっと見つけた。花の後の綿毛が,老人の白髪(九十九髪・・ツクモ髪 )を想起させることからツクモグサと名付けた。


 ツクモグサ の花びらは,もともとあまり大きくは開かない。この程度でほぼ満開


 オヤマノエンドウの間からハクサンイチゲ


 ツクモグサの別の群落


 ほぼ満開


 チョウノスケソウ 名前は,明治の中頃,ロシアの植物学者 マキシモービッチの助手として本種を発見した 須川長之助にちなんで付けられた。
 花びらは8枚で,チングルマ に似ているが,チングルマでは花びらは5枚。


 チョウノスケソウ


 コメバツガザクラ


 ミヤマキンバイ シナノキンバイに似るが,シナノキンバイより小形。


 ミヤマタネツケバナ


 地蔵尾根分岐  疲労の具合や天候によっては,ここから下山することも考えて居たのだが,とりあえず 赤岳展望荘まで行くことにした。


 イワウメ


 赤岳展望荘


 ガスに覆われる時間が増えてきた。風も強くなった。展望荘 の休憩所に入り, ホットコーヒーを注文した。

 この状態だと,赤岳の頂上 まで登っても展望は期待できない。このまま,地蔵尾根を降ろうか。
 いろいろ考えたのだが,展望は無くても,頂上を踏むことに意義を見つけ,頂上まで行くことにした。


 時々ガスが晴れ,見通しが得られるときもある。


 少し登って展望荘を振り返った。今日歩いてきた, 硫黄岳からのルートも見渡せる。


 むき出しの岩壁 にクサリが取り付けられている。私は,クサリを使わず,四つん這いになり, 三点確保で登った。


 振り返ると,その高度感にドキドキする。


 頂上山荘が近くに見えてきた。相変わらず,ガスは流れている。


 頂上山荘に着いた。赤岳には,南北二つの頂上がある。頂上山荘が有るのは 北峰の山頂 だ。ここで,硫黄岳山荘で作ってもらったお弁当を食べた。 あまり食欲はなかったが,エネルギーの元と割り切って頑張って食べた。


 北峰に30分ほど居て,南峰に向かった。


 山頂(南峰)でに記念写真 写りが悪いのは天候のせいだ。

 展望は無いので,まもなく山頂を後にした。
 昨年来たときに,頂上山荘のスタッフに,「 どこを降りるのが最も楽で安全ですか? 」と聞いてみたところ,「ここまで登ってきてしまうと,降りるのも一苦労です。 どのコースを降りても,危険度も,大変さも殆ど変わりません。」
 と言うことなので,昨年と同じに,文三郎道 を降ることにした。

 急傾斜で足下は崩れやすく ,最大限の注意が必要だ。こんな急斜面がしばらく続く。先行者がいるので,絶対に石を落としてはならない。


 少し降ると,権現岳方面への分岐がある。


 更に降ると,中岳,阿弥陀岳方面への分岐 がある。時間と体力に余裕があれば,阿弥陀岳経由で降っても良いのだが,今日は無理はしない。


 足下が崩れやすい


 ザレ場が終わり,樹林帯 まで降ってきても急傾斜は変わらない。


 ミネザクラが咲いていた。


 行者小屋 に着いた。山頂から1時間45分かかった。足腰の筋力が弱まり,踏ん張りがきかないから,特に降りは慎重になる。
 この先は危険な箇所は無いから,ここでヘルメット を脱ぎ,帽子を被った。


 少し休んで赤岳鉱泉 に向かった。こんな道ならば,いくら歩いても疲れないのだが。


 約30分で赤岳鉱泉 に着いた。多くの登山者で賑わっていた。


 少し休んで駐車場に向かった。 足下にコミヤマカタバミ が咲いていた。


 これはシロバナヘビイチゴ  ヘビイチゴという名前が付いているが,オランダイチゴの仲間で,食用 になる。


 イワカガミ


 美濃戸山荘まで降りてきた。


 駐車場 に着いた。 赤岳鉱泉から1時間40分だった。さすがに降りは早い。


 昨日の行動時間は6時間 今日の行動時間は9時間。さすがに疲れた。
 駐車場で身支度を解き,美濃戸口の八ヶ岳山荘 に向かった。今日は,珍しく対向車と出会い,私がバックして,やっとの事ですれ違うことができた。 この道ですれ違うことは殆ど無かった。
 八ヶ岳山荘の駐車場に車を止め,入浴,そして生ビール。夕食を食べて車に戻り, 車中泊とした。
 今回は,あまり眠れなかった。午前4時に起きて自宅に向かうつもりでいたが,腕時計を見たら,午前3時少し過ぎだったので, そのまま起きて準備をした。走り出して,重大な間違いに気づいた。腕時計を見間違いし,まだ,午前2時過ぎだったのだ。
 そのまま自宅を目指したが,さすがに深夜は車が少なく,順調に走ることができた。でも,自宅まで 3時間15分かかったから,それほど時間短縮にはならなかった。
 八ヶ岳は大きな山だ。スケールが大きいく,それだけに,登ったときの喜びも大い。 当然に楽に登れる山では無いが,また登りたくなる山だ。 年齢のことを考えると,もう,無理はできないが,あと数年は登らせてもらいたい。

ページトップへ