閉じる
尾瀬キャンプ

2019年(令和元年) 7月23日(火)-24日(水)



コース・タイム
7/23(火)
 宇都宮(5:15) ⇒ 大清水(8:25-31) ⇒ 一ノ瀬(8:41)
  一ノ瀬(8:58) → 石清水(9:35) → 三平峠(10:23-38) → 三平下(10:56-11:08) → 長蔵小屋(11:29)
  長蔵小屋(12:35) → 沼尻休憩所(13:35-55) → 弥四郎小屋(15:49)
7/24(水)
  弥四郎小屋(8:30) → 竜宮小屋(9:10-20) → 牛首三叉路(10:13-25) → 山の鼻小屋(11:08-12:00) → 鳩待峠(13:20)
 鳩待峠(13:41) ⇒ 戦場ヶ原(15:20) ⇒ 宇都宮(16:40)
 
同行者
    文星芸大附属中学校2年生38人,引率教員5人,旅行社添乗員1人

 この中学校の尾瀬キャンプは今年度で7回目 になる。2012年に第1回が実施され,翌2013年に第2回が実施された。 この2回は1年生で実施されたが, 他の学校行事との関係で2年生で実施することになり,2015年度からは2年生で実施している。 最初の2回は 御池から入り,見晴 山ノ鼻に宿泊し, 鳩待峠に抜けた。このコースは,バランスの良いコースなのだが,とにかく, 登山口までの距離が遠く,時間がかかりすぎた。そこで,2015年度からは, 大清水から入り, 尾瀬沼見晴 に宿泊し,鳩待峠 に抜けている。
 ところが,学校の行事調整のために,昨年度まで2泊 で実施されてきた尾瀬キャンプが,今年は1泊 で実施することになった。 先生方と,実施コースについて検討した結果,概ね昨年度までのコースで,三条ノ滝を除き実施することにした。
 大清水から入り,第1日に 見晴まで行き,翌日は 鳩待峠 に抜けて帰ることにした。当然,第一日の距離が長くなり,学校出発を早めなければならなかった。

第一日 7月23日(火)

 学校発は5:15 。出発時には厚い雲に覆われていたが,戦場ヶ原 まで来ると,青空が広がってきた。


 ほぼ予定通り,3時間10分で大清水に着いた。


 大清水からは,マイクロバス4台に分乗し,一ノ瀬 に向かった。特別に配慮してもらい,1回で全員が乗ることができた。ありがたかった。
 一ノ瀬 で,服装のチェックや,ザックの背負い方をレクチャーし,早速歩き出した。
 足下に,ギンリョウソウが咲いていた。


 三平峠 までは良い天気だったのだが,峠を越えると空模様は一変し,黒い雲に覆われた。 三平下でついに雨が降ってきた。三平下で,全員に 雨カッパを着させた。
 雨はかなり強く降った。雨の中,長蔵小屋 に着いた。長蔵小屋の前にはヒメサユリが咲いていた。
 ここで昼食を食べることになっていたのだが,急な 停電 で,ご飯が炊けていないという。とにかく何か食べさせて欲しいとお願いして,カレーライス用のカレーはできていたので, カレーうどんにして出してもらうことにした。尾瀬沼地区は 商用電源 が来ている。普段は便利なのだが,停電になると多くの機能が停止してしまう。


 なんとか昼食を済ませ,沼尻 に向けて出発した。雨は殆ど上がったが,何時降ってくるか分からないので,カッパのズボンだけ履いてスタートした。


 大江湿原には,ニッコウキスゲ の大群落が一斉に花を咲かせていた。花の蕾が多いことは下見の時に気づいていたが,見事だった。 昨年は時期が今年よりも1週間ほど遅かったこともあって,ニッコウキスゲの群落は見られなかった。


 ニッコウキスゲ は1日花,今咲いている花は夕方にはしぼむ。そしてまた明日,同じくらいの花が咲く。


 大江湿原 を横切って小高くなったところから振り返った。私はここから見る大江湿原が好きだ。
 大江湿原のシンボルツリーである三本唐松 の立っているところを尾瀬塚という。


 標準タイムの1時間で沼尻の休憩所 に着いた。雨が落ちてきたので,ここでカッパの上を着るように指示した。


 沼尻を出ると,雨はだんだんと強くなった。 も鳴り出した。雷はまだ離れているので,危険を感じるほどでは無い。雨はさらに強くなり, 夕立 のような雨が連続するようになった。登山道には泥水が流れ,容赦なく靴の中まで入ってきた。雨が強いので,休憩を取らず, 弥四郎小屋 まで歩いた。1時間55分かかったが,全員が無事弥四郎小屋に着いた。
 5時から入浴,6時10分から夕食。


 雨はしだいに小降りになり,夕方には上がった。


第二日 7月24日(水)

 例によって4時20分には朝の散策 に出た。生徒も何人か付いてきた。
 至仏山 に朝日が当たり赤味を帯びた。雲は多いが青空も見える。今日一日なんとか天気が保ってくれるといいのだが。


 景鶴山にも陽が当たった。その手前の 東電小屋の辺りには靄がかかっている。


 サワラン 尾瀬では アサヒランという。


 ナガバノモウセンゴケにも夜露(雨?)が付いている。


 ミズチドリ


 小屋に戻って朝食  青リンゴゼリーの向こうにあるのはとろろ


 小屋の前で記念写真を撮り,出発。  至仏山 の頂に懸かった雲はまだ取れない。


 竜宮小屋の前のベンチで休憩。日差しが強く暑い。


 山の鼻に近づくと,ヘリコプター が何かを運んでいた。どうやら,研究見本園の木道 を掛け替えるらしい。


 オゼコウホネが咲いていた。


 ヒツジグサもやっと咲き出した。


 私は,山の鼻付近でしか見たことが無いオオマルバノホロシ   別名オゼナス


 山の鼻小屋の前の オオウバユリ の蕾  山の鼻小屋で昼食を食べ,鳩待峠に向けて出発した。 黒い雲が出てきたので,カッパのズボンだけを履くように指示したが,結果的には不要だった。


 雨に降られることも無く,山の鼻から1時間20分で鳩待峠 に到着した。


 鳩待峠から至仏山 を見ると,山頂は雲に隠れていた。雨に降られなかったのはラッキーだった。

 鳩待峠でバスに乗り,学校を目指した。途中,トイレ休憩のため, 三本松駐車場に寄った。
 私は何度も尾瀬に来ているので,雨に遭うのには慣れているが,今回ほど強い雨に遭ったのはあまり記憶に無い。 そんな中,生徒たちは弱音も吐かず,愚痴もこぼさず良く歩いたと思う。 この山小屋の乾燥室は,防火のためか午後9時には送風が止まってしまうため,靴などは,朝まで置いておいても殆ど乾かない。 なんとかならないのかと思う。

ページトップへ