閉じる
戦場ヶ原・小田代ヶ原  

2019年(令和元年) 9月19日(木 )



コース・タイム
9/19(木)
 自宅(8:40) ⇒ 赤沼駐車場(9:50)
  駐車場(10:00) → 戦場ヶ原(10:50-11:05) → 泉門池(11:45) → 小田代ヶ原(12:30-13:05) → 駐車場(14:15)
 駐車場(14:20) ⇒ 大江戸温泉霧降(15:15)
9/20(金)
 大江戸温泉(9:06) ⇒ ロマンチック村(9:49-10:10) ⇒ 自宅(10:30) 

同行者
    チコ

 酷暑から解放され,気力も戻って来たので,戦場ヶ原を歩いて見ることにした。コースは,いつものように赤沼駐車場から,戦場ヶ原を通り,小田代原に向かうコースをとった。 昨年も,同じ9月19日に同じコースを歩いている。
 今夜は霧降に宿が取れたので,チェックインの時間を考え,ゆっくりと自宅を出た。
 
赤沼駐車場に着いたのは9時50分。小学生の団体を載せてきたのか,到着を待っているのか大型バスがたくさん止まっていた。乗用車の駐車スペースには余裕があった。駐車場の背後には男体山が聳えている。


 赤沼駐車場から,奥白根山の頂上が見える。あの尖っているところがそうだ。


 駐車場の脇にはマユミがあって,たくさんの実を付けていた。少しだけ色づきはじめていた。


 リンドウ リンドウにはいろいろな種類があるが,これは「リンドウ」


 戦場ヶ原に出ると草原の背後に男体山の雄姿が。今日は予報通りに良い天気だ。何組かの小学生の団体が対向してきた。


 アシが穂を付けて群生している。これも,戦場ヶ原の今だけの光景だ。


 オニウコギが,紫の実を団子のように付けている。この実は,やがて真っ黒になる。


 メギも実を付けていた。


 ウメバチソウが今を盛りと花をつけていた。


 ホザキシモツケは,殆どが咲き終わり,花をつけているのは僅かしか無い。


 ツルコケモモが赤い実を付けている。身体に似合わない大きな実だ。


 カンボクの実も,色づき始めた。


 アキノウナギツカミの花は小さい。写真に撮るのは大変だ。


 アキノウナギツカミの茎には,逆方向に向いた小さな棘がびっしりと付いている。たしかに,これでつかめば,ヌルヌルしたウナギでもつかまえることはできるだろう。


 小田代原に着いた。正面に「貴婦人」が凜として佇んでいる。 大真名子山の背後から雲が湧き始めた。


 小田代ヶ原の草モミジはグラデーションを作る。日光自然博物館の「日光の花325」によれば,
 
ヤマアワ  → 白
 
ノガリヤス → 薄紫
 
ヤマヌカボ → 薄紫
 
エゾヌカボ → ピンク (少ない)
 
トダシバ  → ピンク,薄紫 (少ない)
 
ホザキシモツケ → 深紅
 
アキノウナギツカミ → 赤


 小田代ヶ原のベンチで湯を沸かしカップ麺を食べた。日陰に居ると長袖を着ていても寒さを感じる。暖かなカップ麺が美味しかった。
 食後は,林間の道を通って
赤沼駐車場に戻った。
 
大型バスが,バス用の駐車場に停めきれず,普通車用の駐車場にまで停車していた。こんなの初めて見た。

 今日は,久しぶりの山歩きで,心身をリフレッシュできた。やはり,山は良い。

ページトップへ