閉じる
社 山

2019年(令和元年)  9月25日(水)



コース・タイム
 自宅(6:00) ⇒ 歌ヶ浜駐車場(7:10)
   駐車場(7:25) → 狸窪(8:00) → 阿世潟(8:24-34) → 阿世潟峠(8:56) → キレット(9:21-31) → 山頂(10:32-40) →
      → 昼食(11:26-58) → 阿世潟峠(12:27-30) → 阿世潟(12:51) → 狸窪(13:14) → 駐車場(13:55)
 歌ヶ浜駐車場(14:04) ⇒ 自宅(16:08) 

同行者
   【単独】 

 7月末の尾瀬キャンプのガイド以来,山歩きから遠ざかっていた。いささか夏の暑さに負けてしまい,体力気力が減退してしまっていた。さすがに,秋分の日を過ぎるとその暑さも勢いを失い,山歩きをしてみようという気になった。
 どこに登ろうかと考えたのだが,体力脚力に自信が無く,いつでも引き返すことができる
社山に登ることにした。天気予報も,この3日間は高気圧に覆われ,全国的に良い天気になると告げていた。
 宇都宮の自宅を6時に発ち,日光道路を日光に向かった。まだ上空は厚い雲に覆われていたが,西の方の空には雲の切れ間が確認できた。これから良い天気になるのだろう。



 予想したとおり,日光道路の清滝出口まで来ると,空は晴れ渡った。


 細尾の交差点では,いつものように男体山の姿が見られた。平日なのに,奥日光に向かう車は意外と多い。


 明智トンネルを抜けると,奥白根山の頂上が見えた。やはり,白根山は雪を頂いた姿がきれいだ。
 明智平と中宮祠の間の道路が,この10月1日から,
中宮祠方向への一方通行になる。今までは,対面による双方向通行だったのだが,第二いろは坂の交通渋滞を緩和させるために全線に渡って2車線の一方通行になる。既に,路面標示や交通標識などは一方通行用に書き換えられていた。


 ほぼ1時間で歌ヶ浜駐車場に着いた。車内で朝食を食べ,身支度を調えて出発した。やや寒さを感じさせるくらいの空気が気持ち良い。


 駐車場内に横断歩道ができていた。


 中禅寺湖の対岸には奥白根山が聳えていた。V字形に切れ込んだ左のピークが頂上だ。


 今日は社山もよく見える。雲が全く見えない良い天気だ。


 イタリア大使館別荘記念公園本邸


 この夏に新しくできた船着き場 定期遊覧船が発着する。


 この季節は,木漏れ日が心地よい。





 暑くなってきたので,半袖シャツを脱いだ。ズボンの裾は,阿世潟で外した。


 シロヨメナ この時期は咲いている花は少ない。


 湖岸に出て男体山を見た。 私は,ここから見た男体山の姿が,左右の均整も取れ,最も美しいと思う。


 湖岸の白い砂がきれいだ。


 阿世潟に着いた。歌ヶ浜駐車場からちょうど1時間だ。久しぶりの山歩きとしては合格点だ。


  阿世潟峠に向かう。冬には,もっと遅い時間にならないとここまで日が差し込んでは来ない。


 阿世潟峠


 峠から小さなピークを一つ越えると,山頂方向が見渡せる。社山は,本当の山頂をなかなか見せてくれない。中央奥のピークが頂上だが,本当の山頂はさらにこの奥だ。


 ここまで来ると,いつも,富士山を探す。残念だが今日は見えない。見えるときは○の中に見える。


 私が勝手に名付けた「社山キレット


 少し登って中禅寺湖を振り返った。今日は風が無いので,湖面が鏡のようだ。男体山の後ろ側から雲が湧き出した。


  ここからは,山頂までなだらかな登りだ。身体も心もリラックスして登る。雲の塊が頭上を通過していく。山頂が日陰になった。


 山頂に着いた。歌ヶ浜駐車場から,休憩を含めて3時間7分かかった。現在の体調としては,満足できる時間だ。

 山頂から自宅に電話して,無事登頂を報告し,FBに写真をアップした。
 昼食は,少し降った例の場所で食べることにして,山頂を後にした。

 下山路 クマザサが生い茂り,足元が確認できない。確認しながら慎重に降るしかない。


 本格的な黄葉はまだまだこれからだ。


 ミズナラとどんぐり


 ヤマハハコ


 駐車場に戻って来た。 男体山も半分が雲で隠された。


 社山も,雲底が山頂に届いた。予報より,天気の崩れるのが早かった。


 駐車場にはたくさんの車が停まっていた。例によって,外国人団体の乗った大型バスが何台も停まっていた。


 2ヶ月ぶりの登山だったので,無事に歩けるか心配だったが,足腰に痛みの出ることもなく,無事に行ってくることができた。少し自信を取り戻した。

ページトップへ