閉じる
尾 瀬 ヶ 原

2019年(令和元年) 10月09日(水)-10日(木)



コース・タイム
 10/09
   自宅(5:06) ⇒ 戸倉P(6:52-7:35) ⇒(シャトル)⇒ 鳩待峠(8:00)
    鳩待峠(8:20) → 山の鼻(9:45-10:28) → 牛首三叉路(11:27-12:00) → ヨッピ橋(12:50) 
     →東電小屋(13:10-20)→ 見晴桧枝岐小屋(14:00)
 10/10
   見晴(7:40) → 竜宮(8:14) → 牛首三叉路(9:07-13) → 山の鼻(9:54-10:15) → 鳩待峠(12:00)
  鳩待峠(12:08) ⇒ 戸倉P(12:30-45) ⇒ やまびこ(昼食13:50-45) ⇒ 金精峠 ⇒ 自宅(15:15)

同行者
    チコ

 ほぼ恒例になった秋の尾瀬 に行って来た。見晴の山小屋は,10月13日から27日にかけて,順次小屋を閉めていく。 毎年,その頃を狙って尾瀬に出かけている。この頃になると,ハイカーもぐっと減り, 静かな尾瀬 を味わうことができる。そこで,天気予報を見比べ,本州全体が,大陸から張り出した高気圧に被われる, 10月9日〜10日で出かけることにした。

10月9日(水)
 できれば,規制が解除された鳩待駐車場 まで車で入りたかったので,早朝の暗いうちに宇都宮を発った。
 日光バイパスの正面には,女峰山 がくっきりと見えた。

 細尾の交差点まで来ると,うっすらと赤味を帯びた男体山が見えた。


 明智トンネルの出口からは,朝日に輝く奥白根山 が見えた。


 戦場ヶ原 まで登ってきた。今朝はかなり冷え込んだらしいが,まだ霜は降りて無いようだ。


 金精道路 を上ってきて,見晴ポイントの駐車スペースで車を停めた。三岳の方から太陽が昇り, 男体山がシルエットになった。


 できれば鳩待峠 まで自分の車で入りたかったのだが,鳩待峠への分岐点には,「一般車満車」 の表示が出ていた。仕方なくそこを右折し,戸倉第一駐車場 に車を入れた。ここもかなりの車が停まっていた。
 車の中で朝食を食べ,身支度を調えた。


 戸倉第一駐車場からシャトルバス に乗り,鳩待峠に向かった。このシャトルは乗り合いタクシー なので,満員にならないと発車しないのだが,今日は登山者も多く,殆ど待たずに発車した。


 鳩待峠駐車場 に着いた。3段になっている駐車場の最下段と中段が一般車の駐車場で,シャトルバスは,中段から発着していた。 見る限りでは,最上段は開いていたのだが,何らかの理由があって,そこには停めさせないのだろう。
 良い天気なのだが,気温が低い上に 風が強い ので,とても寒い。帽子が飛ばされないようにあごひもを付けた。冬用のジャケットを着,手袋をはめて出発した。


 シャトルを降りて,少し歩き,峠の休憩所 に着いた。先を急いでも時間を持て余してしまうので,ゆっくりと身支度を調えた。


 鳩待山荘の前まで行くと, 至仏山の山頂が見える。ちょうど,山頂だけが雲の影になっていた。


 登山口 と言ってもここからは登るのではなく,降る。


 大きなダケカンバ も,まだ色好き始めたばかりで,緑と黄色が混じっている。


 川上川を挟んだ対岸の山腹 もこれからもっときれいになる。昨年は10月15日に来たのだが,紅葉はもっと進んでいた。6日間の差だけでは無く,今年は 紅葉が遅れているという。


 川上川橋を渡った所に,マユミ の木があり,夏には花を,秋には実を楽しませてくれる。


 ヤマトリカブト  トリカブト属の同定は専門家でも難しいという。詳しい同定は無理だから,標高からヤマトリカブトとした。


 オオウバユリ は,たくさんの実を付けていた。ストックで茎を軽くたたくと,たくさんの種子をまき散らす。


 山の鼻 の,至仏山荘前のベンチで湯を沸かし,コーヒーを飲んだ。今日は寒かったので,温かなコーヒーが美味しかった。
 40分ほど休んで,尾瀬ヶ原に向かった。木道を少し歩いて至仏山 を振り返った。


 望遠レンズで覗くと登山道 が見えた。登山者の姿も見えた。


 エゾリンドウ  この花は,霜にやられると,花びらの先が霜焼けを起こして茶色になるのだが,花の先がきれいなところを見ると, まだ霜は降りていないようだ。


 イワショウブの実が赤くなっている。


 これは,赤い実が全て落ちてしまい,がく だけが残ったもの。このままの状態で雪の降るのを待つ。


 この実は,オオマルバノホロシ 漢字で書くと 大丸葉保呂之 別名を 尾瀬茄子と言う。 確かに,花は茄子によく似ている。


 原の川上川を渡り,上田代に入ると,目の前が開ける。  燧ヶ岳の姿が雄大だ。


 ズミ 尾瀬のズミは木は小さいが実はたくさん付ける。


 ヒツジグサ  私が初めてヒツジグサの紅葉に出会ったのは,大学3年の秋だった。 群青色の青空を写した水面に,赤褐色に紅葉したヒツジグサの葉が浮かんでいる 姿は,50年j以上経った今でも鮮明に記憶されている。


 紅葉を終えると,水がしみこんでいき,水中に沈んでいく。すると,程なく雪が水面を埋めていく。


 逆さ燧 という案内があるところ。今日はきれいに写っている。


 今日は天気も良いので,朝からヘリコプターによる荷運び が盛んだ。この時期に小屋の修理をする山小屋も多く,そのための材料も多いと聞く。
 写真には高空を飛ぶ旅客機も写っている。


 牛首三叉路 で,昼食にした。湯を沸かしカップ麺を食べ,コンビニで買ってきたおむすびを食べた。


 三叉路から竜宮に向かって少し行ったところで木道の工事 が行われていた。登山者が減り,雪が降るまでの間が,木道工事の絶好機 なのだ。ネットで包んであるものは,ヘリで運ばれた資材で,取り外した古い木材もまた,ヘリで運び出す。


 今日は天気も良く,時間にも余裕があるので,東電小屋 の方を回って見ることにした。
 燧ヶ岳の左奥に見える山は,会津駒ヶ岳に続く尾根の最も手前の大杉岳  大杉岳の左奥には,僅かに会津駒ヶ岳が見えている。





 上空に別のヘリコプター がやってきた。ゆっくりと行ったり来たりしている。何かの取材なのか。帰宅して写真を拡大したら,個体の横に NHKと書かれてあった。



 池塘の向こうに燧ヶ岳  まさに絵はがきにしたくなる景色だ。この景色が見られただけでも,このルートにして良かった。


 ヨッピ橋はヨッピ川に掛かる吊り橋だ。
 実は,朝から,左の股関節に違和感を感じていたのだが,徐々に痛みが出てきた。 歩けないほどの痛みではないが,かなり痛くなってきた。


 ヨッピ橋を渡り,ヨシッポリ田代を進むと, 東電小屋 に着く。かつて,東京電力が,尾瀬の社有地を管理するために建てたのが東電小屋の前身だ。今でも,管理は,東京電力の子会社の 東京パワーテクノロジーが行っている。
 大学4年の秋 ,就職試験が終わった翌日,一人で,ザックを担ぎ,奥鬼怒から尾瀬に入った。初日は宇都宮から 日光沢温泉まで,翌日中俣沢を通って 長蔵小屋へ。3日目にこの 東電小屋に着いた。当時,この本館は無く,別館が建ってっているところに 小さな小屋 が建っていた。夕食後,囲炉裏の廻りに座り,いろいろな話を聞かせてもらった。そんな思い出のある山小屋だ。 もう一つ,結婚前の妻と二人で尾瀬を訪れたときに泊まったのもこの東電小屋だった。
 日当たりの良いベンチに腰を下ろし,休憩にした。


 休憩後,今日の宿,桧枝岐小屋 に向かって歩き出した。拠水林の紅葉 がきれいだった。


 ヤマトリカブト


 東電尾瀬橋 以前は,東電橋と言い, 「一人ずつ渡ってください」 と注意書きがあるくらいに小さな橋だったが,立派に作り替えられた。
 尾瀬ヶ原の橋では,雪の重みから逃げるため,冬季には橋板を取り外すのが普通なのだが, 新しくできたこの橋では橋板を取り外さない。雪の荷重に十分耐えられるように作られているのだ。


 本当に今日は良い天気だ。朝のうち吹いていた風も止み,歩くと汗が出る。


 アシの穂 アシ 悪しに通じるからと, 良しに通じるヨシ と呼ぶことが多くなった。


 今夜の宿,桧枝岐小屋に着いた。桧枝岐小屋は, ヒゲクマさんこと, 萩原英雄さんがオーナーの小屋で,見晴地区では 最も早くから最も遅く まで開いている小屋だ。手作りの料理にも定評がある。


 16:30からの入浴タイムに真っ先で入り,汗を流した。風呂上がりにビールと行きたかったのだが, 入浴前に既に2杯も飲んでしまっていたので,夕食まで我慢することにした。

 今夜の夕食人数は,私たちと同年配の4人パーティー が1組,若いカップルが1組と, 中年男性が1人,それに 私たちと言うことで,全部で9人だった。


 夕食を食べ,部屋で休んでいると,日没の時間 になった。背中アブリ山 (八海山)の稜線に日が沈んだ。あまりに天気が良すぎると ,日没はあっけない。


 部屋に戻って,他にすることも無いので,布団に入った。
 いつの間にかうとうとし,何度か目を覚ましたが,朝までうとうと状態だった。

10月10日

 明るくなるのを待って外に出た。ベンチや木道に霜が降りて いた。後でヒゲクマさんに聞いたところ,この秋一番 の冷え込みで,今朝は初めて氷点下 になったという。

 条件が揃えば,白い虹が見られるのだが,今日は が少ないから,多分見られないだろう。 この写真を撮ったのは 5時47分。まだ夜は明けきっていない。


 至仏山の頂に陽が当たってきた。  5時53分


 紅葉した葉に,が降りてきれいだ。


 早発ちの登山者が歩き出した。 至仏山に登るのだろう。
 至仏山に登るのならば,小屋の朝食をキャンセルするか弁当に変えてもらって,この時間に歩き出すのが理想だ。


 チコが起きてきた。至仏山 に朝日が当たっている。今日も良い天気だ。


 朝食を食べ,身支度をして桧枝岐小屋 を出発した。見送ってくれたヒゲクマさんと記念写真 。腕を組むのがヒゲクマさんのお決まりポーズ。


 同宿だったカップルが私たちより前に歩き出した。この二人とは 山の鼻まで前後しながら歩いた。


 木道は真っ直ぐに至仏山 の方向に延びている。木道も痛みが出てきた。そろそろ替え時だ。


 振り返ると,燧ヶ岳 の雄姿が見える。 燧ヶ岳と至仏山は並び立つ尾瀬の秀峰だ。


 竜宮小屋を過ぎ,十文字を過ぎると,「竜宮 」だ。 吸込み口を見るための木道が一部壊れていたのを修復していた。,


 更に少し進むと,下大堀川橋 だ。新しい橋を作っている。両側の橋脚がしっかりとできており,橋桁 を取り付けるばかりになっていた。そのために,10月15日 から17日までの3日間,ここは 通行止め になる。ヘリコプター輸送を伴う工事と表示してあったので,多分,橋桁は,どこかで組み立てたものをヘリコプターで運ぶのだろう。 橋につながる木道も,付け替えることになるから,橋の前後にある現在の古い木道は,まだそのままだ。


 新しい焼き印を見つけた。「 環境省 令和元年」と言う意味だ。


 ヒツジグサ の写真は何枚も撮ったのだが,また撮ってしまった。正面の岩壁のある山は, 景鶴山


 山の鼻で,休憩。ポットに湯をもらってきたので,それでコーヒーを飲んだ。
 いよいよここから登りだ。山の鼻は標高1400m ,鳩待峠は1600m弱 だから,約200mほど登ることになる。
 チコは心臓の病を得てから,登りが苦しくなった。平地では普通に歩けるのだが,登りは,緩い登りでも苦しくなってしまう。 この,山の鼻から鳩待峠までの登りが限界のようだ。登山者の少ないこの時期は,マイペースでゆっくりと登ることができる。


 川上川橋から上流を見た。やはり,紅葉は遅れている。


 峠に向かう道の前半は木道のだらだら登り。後半は, 木製階段による急登だ。
 山の鼻と鳩待峠の間には6カ所のベンチがある。上から,第一〜第六ベンチだ。今日は,そこで4回休憩した。


 木製階段が終わり,石畳道になると,峠は近い。


 鳩待峠に着いた。 1時間45分かかったが,上々のタイムだ。


 バスの乗車券を買い,駐車場に向かうと,シャトルバスが直ぐに出る という。殆ど待たずにバスに乗れた。
 戸倉第一駐車場 に着いたのは12:30。身支度を解いて駐車場を出発したのは12:45。
 いつものそば屋 で盛りそばと野菜天ぷらを注文した。いつもながら,ここの野菜天ぷらには驚かされる。分量が多い上に,一つ一つも大きい。
 満腹になって日光を目指した。紅葉シーズン には入っていたが,まだ最盛期ではなく,平日でもあり,時間的に早かったこともあって, いろは坂 まではスムーズだった。ところが,例によって,カーブだけ極端に遅い車があって, いろは坂を降りきるまではのろのろ運転させられた。
 恒例の晩秋の尾瀬だったが,好天に恵まれ,その 素晴らしさを満喫することができた。また来年も来たい。

ページトップへ