閉じる
社 山

2019年(令和元年)  11月21日(木)



コース・タイム
 自宅(6:30) ⇒ 歌ヶ浜駐車場(7:30)
   駐車場(8:05) → 狸窪(8:48) → 阿世潟(9:13-24) → 阿世潟峠(9:53) → キレット(10:35) → 頂上(11:48-12:05) →
     → 昼食(13:05-25) → 阿世潟峠(13:55) → 阿世潟(14:17-21) → 狸窪(14:45) → 駐車場(15:20)
 歌ヶ浜駐車場(15:30) ⇒ 自宅(14:35) 

同行者
   【単独】 

 例年,この時期にはforestさん燕岳に登っているのだが,今年は体調に自信が無かったので,山行をキャンセルした。その変わりという訳でもないのだが,奥日光の紅葉渋滞も終了したようなので,社山 に登ることにした。今年5回目の社山である。 社山は往復6時間以上掛かる山で,簡単には登れないが,体調と相談しながら登るには適切な山だ。
 6時半に宇都宮を発って,日光道路を日光に向かった。日光に近づいてくると,頂きに雲を載せた 女峰山 が正面に見えてきた。昨日までに降った雪が白く見える。今日は良い天気だ。 天気予報では「強風」を伝えているが,それも徐々に収まる予報だ。


 約1時間で,歌ヶ浜の駐車場 に着いた。風は強くないが,寒い。車の車外温度計は2度 を示しており,出発時の宇都宮の気温と同じで,それほど低くは無い。

 今日の服装は,ボトムはCWXに冬用の トレッキングパンツ。トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツにモンベルの クリマブロックロッシュジャケットを着た。その上に UNCO&BORORジャケット を着て,頭にはニット帽を被った。頬に当たる風が痛いので,フードを被った。
 靴は夏用のテクニカ 。 下山のときのスリップ防止のために,ザックの中にチェーンアイゼン を入れてスタートした。ストック はザックに取り付けた。

 奥白根山は雲を被っていて,駐車場からは見えなかった。


 男体山が朝日を受けて輝いていた。まだ,雪は見えなかった。


 社山も,頂上まですっきりと見えた。ここにも雪は見えない。


 駐車場に植えてあるナナカマド が真っ赤な実をつけていた。


 英国・イタリア大使館記念公園を過ぎると,今年新たに作られた 船着き場がある。船着き場の名前は「 大使館別荘記念公園


 男体山の頂上を望遠レンズで覗くと,微かに白くなっている。 霧氷だ。


 ここまではおおむね日陰を歩いてきたが,ここには日が当たっている。正直なもので,日が当たると暖かくなる。


 阿世潟 はまだ日陰だ。今日は汗をかきたくなかったのでゆっくりと歩いたため,いつもより10分ほど多く掛かった。


 峠に向かう道にも陽が当たって来た。


 阿世潟から30分で阿世潟峠に着いた。


 いつも,峠に着くとまず,富士山 を探す。雪を頂いた富士山の姿を見つけることができた。
 肉眼ではよく見えるのだが,写真に写すとこの程度になってしまう。


 峠の先のピークをまわると,山頂が見える。


 社山キレットを過ぎて少し登ると見晴らしが良くなる。振り返ると, 中禅寺湖が大きく広がっていた。


 男体山から南東に延びる尾根の向こうに山が見える。女峰山かと思って,カシミールで調べたら, 高原山だった。中央のピークが 釈迦ヶ岳だ。中禅寺湖の湖岸には 中宮祠の町並みが見える。


 真後ろを見ると,半月山 が聳えている。中央の最も高いピークが山頂だ。


 半月山から右に視線を移していくと,筑波山 が雲の上に浮かんでいた。画面左端の水平なところが半月道路第二駐車場 。半月道路は11月29日から冬季閉鎖に入る。


 奥白根山に掛かっていた雲も取れ,真っ白に輝く頂が顔を出した。


 私の大好きな,山頂に向かう道 。 日陰には先日降った雪が残っている。 


 ロックガーデンを過ぎると山頂はもうすぐだ。


 山頂 に着いた。駐車場から3時間40分かかった。最短タイムより1時間ほど多く掛かったが,今の体力ではしかたない。 足腰の痛みが出ないで登れただけで十分だった。
 山頂で知った人に会った。4人のグループで来ていた。世間は狭い。
 今日の登山者はその4人と,単独行が1人の合計6人だった。

 山頂で自宅に電話し,無事を報告。写真を撮り,FBに載せた。昼食はいつもの場所で食べることにして,下山を開始した。 今日は天気が良い。正午を過ぎても雲が湧かず,風も殆ど無い。


 半月山の手前に雨量観測所のアンテナ が見える。その手前のピークを右側に巻く道の途中に,風の影になるところがあり,いつもそこで昼食にしている。 今日はいつもより時間が過ぎているが,いつも通り,そこまで降って昼食にした。


 昼食を食べ,阿世潟峠 に向かった。阿世潟峠を北側に降ると富士山は見えなくなるが,今日は一日中見えていた。陽が回って 富士山がシルエットなった。


 阿世潟まで降ってきた。さすがに,午後二時を過ぎると,影が長くなる。


 湖岸の道を歌ヶ浜駐車場 に向かった。日陰は寒くなってきたが,大使館記念公園 を過ぎると再び日向の道になる。記念館は11月末までオープンしている。


 駐車場に戻って来た。相変わらず 男体山は輝いていた。 遊覧船もまだ運航していた。


 奥白根山も,よく見えている。


 社山 はシルエットになった。今日一日,楽しい山歩きをさせてもらって感謝感謝。


 駐車場の車は増えていた。旗を持ったバスガイドの後について歩く一団もいた。これから,記念公園に向かうらしい。


 このところ山歩きから遠ざかっていたので,無事に歩けるか不安だったが,なんとか歩ききることができた。 前半でセーブして歩いたのが良かったようだ。

ページトップへ