閉じる
高 山

2020年(令和2年) 1月10日(金)



コース・タイム
 宇都宮自宅(6:31) ⇒ 竜頭の滝上P(7:45)
   駐車場(8:25) → 東尾根(9:09) → 最低鞍部(10:14) → 頂上(10:58-11:25) → 昼食(12:04-40) → 夏道 → 駐車場(13:30)
 駐車場(13:40) ⇒ 宇都宮(14:45)

同行者
    【単独】

 正月の高山登山は, 2010年 ヤッホー宇都宮 の新年登山から始まった。それ以後, 2011年,2013年,2015年,2017年,2018年,2019年と続き,今年で 8回目だ。
 高山は,中禅寺湖と戦場ヶ原の間にあって標高が 1667.5m ある。標高が高いので,雪も比較的多いのだが,登山口の標高が 1350m程あるので標高差は 320m弱で,登りやすい山だ。
 6時30分に自宅を出て,コンビニで朝食と昼食を買い,日光に向かった。車外温度計は 5℃ を示している。上空を雲が被っていたためにあまり冷え込まなかった。依然として,上空は雲に被われている。 天気予報ではこれから晴れると言っているが,にわかには信じがたい状態だ。
 日光道路を日光に向かって走っていると,上空の雲が切れてきた。日光連山の姿も見えてきた。 しかし,男体山も女峰山も頂きは雲に隠れていた。少し走ると, 女峰山を被っていた雲に日が当たって明るくなった。


 男体山の頂きにも陽が当たり始めた。


 明智トンネルを出たところから見えるはずの奥白根山 も,今日は雲の中だった。


 いろは坂も,黒髪平から上は 路面の凍結が見られたが, 中禅寺湖畔まで登ってくると,完全に凍結していた。 車外温度計は 氷点下1℃を示していた。


 対岸には,社山 が,朝日を受けていた。社山にも登りたい。


 菖蒲が浜まで来ると,路面は更に白くなった。


 滝上駐車場に着いた。車外温度計は 氷点下2℃を示していた。


 車の中で朝食を食べ,身支度をした。その間に一台の車がやってきて山歩きの準備を始めた。 ザックにスノーシューをつけているので,どこに行くのかと尋ねたら, 庵滝に行くと言う。
 私も,身支度をして歩き始めた。 今日の服装は,ボトムはCWX にモンベルのインスレイションパンツ ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツ に同じファイントラックのドラウトタフアルパインロング を着て,モンベルのクリマブロックロッシュジャケット を着た。上には,ウインドブレーカーを着た。 UNCO&BORORジャケット はザックの中に入れた。頭にはニット帽を被った。靴は夏用の TECNICA で,チェーンスパイクを付けた。念のため,14本爪の軽合金アイゼンを持ったが,使うことはなかった。


 歩き出したとき,もう1台の車が駐車場に入ってきた。後で出会った人は,この車の人らしかった。 私より後で出発したのだが,夏道を通ったため,東尾根を直とした私より先行した形になった。
 橋の上から下流を眺めた。その先に中禅寺湖 が見えた。


 登山口の雪の量は昨年とほぼ同じで,多くはない。


 いつものように,この尾根を登ることにした。


 この尾根を登る。シカ の足跡はたくさんあるが,人の足跡はない。


 このシンボルツリー を過ぎると,主尾根はもうすぐだ。


 登り始めて45分で主尾根 の上に着いた。ほぼいつも通りの時間だ。


 やはり,主尾根の雪は少ない。日当たりの良いところでは雪は融けてしまっていた。
 夏道の合流点から新しい足跡 が出てきた。夏道を通ってきた人が先行している。 少し歩くと,先行者の姿を見ることが出来たが,追いつくことはできなかった。
 昨年,標識が新しくなった。


 ここが主尾根の最低鞍部 だ。ここから山頂まで45分ほどかかる。


 雪の量が増えてきた。20〜30cm ほどで,先行者の足跡を利用させてもらった。


 登りの途中で振り返ると,男体山が美しかった。


 山頂の手前で,下ってきた人と出会った。この人が先行者だった。


 山頂記念  今日は,風も弱く暖かいので,ウインドブレーカーも途中で脱いでしまった。


 雲の量が増え,日陰になる時間が増えた。山頂から自宅に電話して無事登頂を伝えた。 FBに写真を載せ,少しだけ休憩して下山を開始した。 中禅寺湖の湖面が光っている。


 斜面は降る方が神経を使う。滑らないように注意しながら慎重に降った。


 主尾根の中間点近くに,日当たりが良く北風の影になるところがある。昨年も昼食を食べたここで今年も昼食にした,
 昼食を食べて,下山を再開した。今日も,昨年と同じく,夏道 を下ることにした。


 竜頭橋まで戻って来た。 男体山がきれいだ。


 駐車場には私の車だけが残っていた。


 駐車場で身支度を解き, 帰途についた。今日は天気予報通り良い天気で,楽しく歩くことができた。欲を言えば,もう少し雪が欲しかった。

ページトップへ