閉じる
社 山

2020年(令和2年) 1月20日(月)



コース・タイム
 自宅(6:32) ⇒ 歌ヶ浜駐車場(7:22)
  駐車場(8:00) → 狸窪(8:42-54) → 阿世潟(9:25-30) → 阿世潟峠(10:04) → 引き返し点(1660m)(11:22) → 昼食(11:37-12:13) → 阿世潟峠(12:41) → 阿世潟(13:00) → 狸窪(13:35) → 駐車場(14:16)
 歌ヶ浜駐車場(14:31) ⇒ 自宅(15:28) 

同行者
 単独

 10日前の1月10日に, 高山に行く途中で,中禅寺湖畔から眺めた 社山 に登りたいと思っていた。天気予報が良くなったので1月20日に登ることにした。 偶然なのだが,昨年も1月20日に登っていた。
 昨年と同じに,6時30分に自宅を出て,途中のコンビニで朝食と昼食を買って,日光道路に乗った。 車を走らせていると,背後に日が昇り,ドアミラーにその姿が映った。


 日光口SAの入口からは,正面に 女峰山が見える。日は当たっているが,山頂近くでは雪が舞っているようだ。


 細尾交差点からは,手前の山の向こうに 男体山が見える。山頂近くには雲がかかり,雪が舞っているようだ。


 自宅から約1時間で歌ヶ浜駐車場 に着いた。自動車の車外温度計は0℃ を示している。ここは風もなく,暖かだ。
 車内で,コンビニで買ってきた助六寿司を食べ,身支度を調えた。
 今日の服装は,ボトムはCWX にモンベルのインスレイションパンツ ,トップは,ファイントラックのフラッドスキンメッシュシャツ に同じファイントラックのドラウトタフアルパインロング を着て,モンベルのクリマブロックロッシュジャケット を着た。上には UNCO&BORORジャケット を着て,頭にはニット帽を被った。靴は夏用の TECNICA を履き,6本爪の軽アイゼンをザックに入れた。 今日は,ストックとピックルの両方を車に積んできたのだが,ピッケルを使うことにして,ザックに取り付けた。


 中禅寺湖の対岸には,これから登る社山 が朝日を受けていた。


 望遠レンズで撮影すると,登山道のある尾根がよく見える。


 奥白根山には雲の固まりがあって見ることができない。


 湖畔のベンチには雪が載っているが,フェンスにできるしぶきつらら はできていなかった。


 冬季閉鎖中の半月山道路から分かれて 湖畔道路に入ると,路面に雪が乗っており滑らずに歩くことができた。


 相変わらず,男体山の頂上には雲がかかっている。


 暑くなったのでジャケットを脱ぎ,ウインドブレーカーを着た。軽アイゼンは 狸窪で着けた。


 年間を通じて,一般車は入れない道路なのだが,新しい轍 がついていた。この轍は,狸窪のゲートを過ぎても続いていた。


 阿世潟に着いた。ここに,1台の ピックアップトラック が止まっていた。どこかで工事でもやっているのだろうか。それとも, 登山者が乗ってきたのだろうか。
 昨年11月に社山に登ったとき,頂上で会った人が,「阿世潟まで車で来た 」と言っていた。そのときは聞き間違いと思っていたのだが,やはり,そういう人もいるのかもしれない。


 私は,今までに30回以上社山に登っているが,ここまで乗り入れた車を見たのは初めてだった。 でも,この後,この車に乗ってきたと思われる人には会わなかった。
 この車は,私が降ってきたときには,既に居なくなっていた。


 阿世潟峠 に向かった。積雪は20~30cmほどだが,踏み固められており,足が潜るようなことは無かった。


 無雪期と同じ時間で阿世潟峠 まで登ることができた。ややとばし過ぎたのか,足の筋肉疲労 が激しい。すごく足がだるい。


 峠まで登ると,いつも富士山 を探す。霞んではいたが富士山の姿を確認できた。毎度のことだが, 目で見えていても写真には写らない 。画像処理ソフトでコントラストと明度を調整したのだが,この程度で限界。


 山頂 が見えた。晴れてはいるのだが,意外と雲が多く日陰になる部分が多い。


 社山キレット


 見晴らしの良いところまで登って振り返った。男体山 の頂上に懸かっている雲はまだ取れない。中禅寺湖 の水面も,曇り空を写してどんよりしている。


 11時20分  山頂までは更に20~30分ほど掛かるだろう。股関節に痛みも出てきたので,ここで 引き返す ことにした。この季節は日没も早く,12時に山頂では,駐車場に戻るのは16時頃になってしまう。 私は登頂には全くこだわっていないので,躊躇せず引き返しを決断した。


 キレットの向こうにロボット雨量計 のアンテナが見える。


 いつもの場所で昼食を食べ,阿世潟峠 まで降ってきた。


 阿世潟ももうすぐだ。気温が低いため,雪はサラサラしている。


 阿世潟を過ぎ,湖畔道路から湖畔に出てみた。


 車の轍が真っ直ぐに伸びている。


 駐車場まで戻って来た。 男体山に掛かっていた雲がやっと取れた。


 駐車場の車が少し増えていた。


 奥白根山は,今日一日,姿を現すことはなかった。


 社山もシルエットになった。


 今日は,体長は悪くはなかったのだが,いつもより疲れた。雪のあるうちにもう一度挑戦しよう。

ページトップへ