閉じる
 社 山

2020年(令和2年) 2月12日(水)



コース・タイム
 自宅(6:13) ⇒ 歌ヶ浜駐車場(7:07)
  駐車場(7:45) → 狸窪(8:25-30) → 阿世潟(8:54-9:14) → 阿世潟峠(9:43) → キレット(10:27-43) → 頂上(12:10-35) → 昼食(13:23-48) → 阿世潟峠(15:30) → 阿世潟(14:54-59) → 狸窪(15:30) → 駐車場(16:24)
 歌ヶ浜駐車場(16:34) ⇒ 自宅(17:43)

同行者
 単独

 天気予報が好天を告げていたので,社山 に登ることにした。3週間ほど前の,1月20日 にも登ったのだが,そのときは,バテてしまい,頂上まで行かずに引き返してきた。 今日は,多少時間が掛かっても,バテなければ山頂まで行きたいと,自宅発の時間を早めた。
 いつも通りだが,日光道路 を走っていると,背後に日が昇り ,サイドミラーに写った。


 今市IC付近から,朝日を受けた 女峰山が見えた。今日は一片の雲も無く,文句なしの良い天気だ。


 細尾交差点からは 男体山が見える。雪は多いようだ。


 いろは坂 第11カーブでは,朝日 が真正面から射してくる。思わず目がくらむ。


 明智トンネルを出たところからは,真っ白な 奥白根山が見えた。ここにも雲は見られない。


 歌ヶ浜駐車場に着いた。外気温計は マイナス4℃を示している。今の季節にしては暖かい。



 車内で,コンビニで買ってきた助六寿司を食べ,身支度を調えた。
 今日の服装は,ボトムはCWXにモンベルの インスレイションパンツ,トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツに同じファイントラックの ドラウトタフアルパインロングを着て,モンベルの クリマブロックロッシュジャケットを着た。上には UNCO&BORORジャケットを着て,頭にはニット帽を被った。靴は夏用の TECNICA を履き,6本爪の軽アイゼンをザックに入れ,チェーンスパイクを履いてスタートした。 今日は,ストックとピックルの両方を使ってみようと,両方をザックに取り付けた。というのは,前回ピッケルを使ったのだが, 杖として使うのには,あまり使い勝手が良くなかったので,傾斜の揺るいところではストックを使おうと思ったのだ。


 中禅寺湖の対岸には,青空を背景に,奥白根山 が真白に輝いている。


 その左には,今日の目的地,社山 が見える。雪は多いようだ。わくわくする。


 男体山にも雲は懸かっていない。


 名物の「しぶきつらら」 が発達していた。この写真を撮るために来たというご夫婦に会った。


 イタリア大使館別荘記念公園は冬季閉鎖中だ。開館は4月1日という。


 新しくできた船着き場 も,冬季閉鎖中だが,ロープに付いたしぶきつらら がきれいだ。


 湖岸道 を進む。陽が射して暖かだ。狸窪で冬用のジャケットを脱いで,ウインドブレーカーを着た。 狸窪で,チェーンスパイクを脱いで,6本爪アイゼンに履き替えた。


 阿世潟に着いた。駐車場から 70分掛かったが,いつもの速さだ。ここから, ダブルストックにした。ピッケルより軽く,快適だ。


 トレースはしっかりとできており,足が潜ることは無い。


 阿世潟から約30分で阿世潟峠 に着いた。標準的なタイムだ。


 稜線に出ると,直ぐに富士山 を探す。薄雲の中だったが,その姿をしっかりと確認できた。


 山頂方向を見渡す。本当の山頂は,左側の最高点を登ったその先だ。


 徐々に雪が増えて来た。ここまで,ダブルストック で登ってきたのだが,傾斜が強くなってきたので,ピッケル を出して,ストックをザックに着けた。ピッケルを雪に刺したときの安定感は確実なのだが,意外と歩きづらい。 ダブルストックの方が歩きやすいと感じたので,再びストックを取り出し,ピッケルをザックに着けた。


 風はなく,登っていると汗が出てくる。モンベルの クリマブロックロッシュジャケットを脱いで,ファイントラックの 長袖シャツになった。


 今日は先行者 はいない。トレースは,前日以前のものだ。よく見ると,最新の足跡は下りのものだった。多分,昨日のものだろう。


 まさに天空の散歩道  雪はクラストしており,歩きやすい。疲れたが,今日はまだ大丈夫だ。


 山頂に着いた。 駐車場から4時間半 掛かった。時間は掛かったが,まだ余力はある。山頂から自宅に電話して無事登頂を報告し,FBに写真をアップした。 薄雲が増え始め,少し風が出てきた。


 昼食はいつもの場所でとることにして下山 を開始した。中禅寺湖に入っていくようなこの景色が好きだ。


 阿世潟まで降ってきた。日が差し込んで明るい。でも,もうじき 午後3時。影が長くなった。


 阿世潟から1時間25分で駐車場 に戻ってきた。湖岸の小枝に氷が付き,キラキラと輝いていた。


 相変わらず,駐車場は閑散としていた。男体山の稜線の奥に見えるのは, 女峰山の山頂だ。


 今日は,山頂まで時間が掛かったが,天気も良く,楽しく歩くことができた。 意識的にペースを落としたことが良かったのかもしれない。膝や股関節の痛みも出なかった。 ただ,駐車場への帰着が16時を過ぎたのは反省点だ。

ページトップへ