閉じる
社 山

2020年(令和2年) 11月12日(木)



コース・タイム
 自宅(6:00) ⇒ 歌ヶ浜駐車場(6:52)
 駐車場(7:15) → 狸窪(7:55) → 阿世潟(8:17-26) → 阿世潟峠(8:52) → キレット(9:31-42) → 頂上(10:59-11:18) → 昼食(12:02-37) → 阿世潟峠(13:11) → 阿世潟(13:40) → 駐車場(14:46)
 歌ヶ浜駐車場(14:55) ⇒ 自宅(16:00)

同行者
 単独

 4月7日以来,7ヶ月ぶりに社山 に登った。5月に発作性頭位目まい を発症して,山登りどころではなかったが,目まいもほぼ収まってきたので, いつでも引き返せる山として社山に登ることにした。
 歌ヶ浜駐車場から,往復で6~7時間かかるので,出来るだけ速く歩き出そうと,宇都宮市の自宅を朝の暗いうちに出発した。 日光道路を走っていると,正面に 日光連山が見えてきた。


 まもなく日が昇り ,サイドミラーに太陽が写った。


 正面の女峰山 にも日が当たり始め,僅かだが赤くなった。


 日光道路の鳴虫山トンネル を抜けると道は大きく右にカーブする。すると,正面に男体山 が見える。ナギが僅かに白くなっている。


 いろは坂の明智第二トンネル を抜けると,雪をまとった奥白根山 が見える。今日は良い天気だ。


 歌ヶ浜駐車場に着いた。車外温度計は マイナス1℃を示している。風がないので寒さは感じない。


 身支度をして出発した。 今日の服装は,ボトムはCWX モンベルのインスレイションパンツ 。トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツ に同じファイントラックのドラウトタフアルパインロング を着て,その上にダクロン の長袖シャツを着,UNCO&BORORジャケット を重ねた。頭にはニット帽を被った。 靴は夏用のテクニカ 。 下山のときのスリップ防止のために,ザックの中にチェーンアイゼン を入れてスタートした。ストック はザックに取り付けた。



 社山 に朝日が当たっている。山頂から左手前に降ってくる尾根が登山道だ。早くあそこまで行きたい。 でも,たどり着けるかどうかは行ってみないと分からない。



 イタリア大使館別荘記念公園に行く道にライト が付けられた。電線が地面を這うなど,恒久的なものではないようなので,今週末から始まる ライトアップ期間だけのもののようだ。


 狸窪を過ぎ, 阿世潟 に向かう。落ち葉が厚く積もり,歩くとガサガサと大きな音を立てる。周囲が静かなので,異様に大きな音に聞こえる。



 湖岸に出て男体山 の姿をカメラに納めた。カメラのCCDが劣化したのか,写真の写りがあまり良くない。ピントが甘く,コントラストも弱い。



 阿世潟 に着いた。汗をかきたくなかったので,ゆっくり歩いたつもりだったが,ほぼ 1時間 で着いた。ここまでで出会った人は3人。半月道路入口のゲート前にある 身障者用駐車場 の脇を通り過ぎたとき,出発の準備をしていたどう見ても身障者とは思えない3人グループがいた。彼らは, 私が阿世潟で休憩中に追いつき,追い越していった。今日一日で出会った人は,そのグループを含めて8人だった。


 木製の橋を渡ると,阿世潟峠 まで一気に登る。


 阿世潟峠


 峠から,社山に向かって小さなピークを一つ越えると,山頂 が見えてくる。と言ってもここから見えるのは偽の山頂で,本当の山頂は見えない。


 ここまで来ると,いつも富士山 を探す。ここに見えるはずなのだが,今日は見えない。


 大きな雲の塊が近づいてきた。山頂も雲に被われた 。先行者の話では,このとき山頂近くでは吹っ掛け があったという。


 雲に被われているのはここだけのようで,奥白根山 ははっきりと見える。



 振り返って見る男体山 には,その中腹に雲がたなびいている。


 まもなく,雲も頭上を離れ,陽射しが戻って来た。日が陰ると寒くなるが,陽が射してくると暑くなり汗をかく。 衣服の調節が煩わしい。
 山頂に続く登山道は,いつ来ても感動する素晴らしいところだ。


 奥白根山がよく見えた。


 ロックガーデンを過ぎれば,頂上はもう少しだ。


 山頂 に到着した。先行して山頂で休んでいたグループの一人に頼んでシャッターを押してもらった。暑くて, シャツの腕をまくっている。駐車場から 3時間45分で到着した。今の体調ならば,十分に満足できるタイムだ。


 山頂から自宅に電話し,無事到着を報告た。スマホからネットに接続し FBに写真を載せた。昼食は下山途中のいつもの場所でとることにして山頂を後にした。膝をかばっての下山なので,若いときのようにぴょんぴょんとは下れないが, さすがに下山は速い。昼食休憩の35分を含めて,2時間かからずに阿世潟まで降りてきた。


 一生懸命に歩いたので,阿世潟から駐車場までほぼ1時間 で着いた。この時期になると,さすがに紅葉渋滞 も一段落し,スムーズにいろは坂を降りることができた。


 清滝から日光道路に入ると,道ばたの紅葉が輝いていた。



 今日は,体調に自信がなく,途中敗退もあるかなと思っていたので,山頂まで行くことができ, それも比較的良いタイムで登れたので大いに満足できた。

ページトップへ