閉じる
茶 臼 岳

2021年(令和3年) 4月6日(火)



コース・タイム
自宅(6:10) ⇒(東北道)⇒ 峠の茶屋駐車場(7:20-朝食)
 駐車場(7:50) → 中の茶屋跡(8:30) → 峰の茶屋(9:03-09) → 山頂(10:02-昼食-40) → 峰の茶屋(11:17-32) → 駐車場(12:15)
駐車場(12:23) ⇒ 自宅(14:32)

同行者
    【単独】

 積雪期の茶臼岳には,ここ数年で 4回 登っている。2017年 から3年連続で登っており,昨年も登りたかったのだが,コロナ禍による外出自粛のため, 登山を断念した。
 峠の茶屋駐車場 までの道路が開通するのは,例年4月1日だ。 ロープウエイが開業 するのは,年によって異なるが,3月18日前後で,この日以降はロープウエイ山麓駅駐車場まで 車で入れる。それ以前に 茶臼岳に登る場合には,は 大丸の駐車場から歩かなければならない。
 2019年 は,4月8日に,車で 峠の茶屋駐車場まで入り, 峰の茶屋経由で山頂まで往復した。
 2018年 は,3月16日にロープウエイが開業したので,3月18日に ロープウエイ駅駐車場に車を置き, 朝日岳と茶臼岳に登った。
 2017年 も,3月20日にロープウエイ駅駐車場から茶臼岳に登った。
 依然としてコロナウイルス の感染は収束は見られないが,密を避け,感染防止に注意しながら 茶臼岳 に登ることにした。天気予報を確認し,東日本が高気圧に覆われる4月6日に実施することにした。
 特に急ぐことは無いのだが,6時過ぎに自宅を出た。 春分の日 を過ぎたので,日の出の時刻も早くなり,既に昇った朝日が照りつけている。


 高速道を那須IC で降り,那須街道を茶臼岳 に向かった。正面に茶臼岳の特徴的な姿が見える。上空を覆っていた黒い雲は移動して行き, 山体に陽が当たってきた。


 自宅から1時間10分ほどで,峠の茶屋駐車場 に着いた。気温は3℃ で意外と高い。強風の予報も出ていたのだが,ここでは風は殆ど無く,暖かだ。車の中で朝食を食べ, 身支度をした。


 今日は,途中で測定してみようと思い, パルスオキシメータ を持ってきていた。まず駐車場で計ってみた。 酸素濃度は95% 脈拍数は122 。私は,通常から脈拍数は多いのだが,かなり高い。標高が 1470m あるためだと思うが,これほどとは思わなかった。 呼吸数(RR) 毎分20回でこれも多い。 灌流指数(PI) 1.9 で正常値だ。せっかく持ってきたパルスオキシメータだが,この後測定を忘れてしまって, このほかのデータは無い。


 駐車場で支度をしていると,スキー を担いだ4人連れが山から戻ってきた。ここに スキー場 は無く,不審に思ったので,安全距離を確保しつつ尋ねてみた。「ここに滑れるような場所はあるんですか?」 「探しながら少しずつ滑って来ました。」「昨日来たのですか?」「今朝来ました。これから仕事に行きます。朝練です。」  地元ならではの楽しみ方があるのだなと感心した。
 今日の服装は,ボトムはCWX にモンベルのインスレイションパンツ トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツ に同じファイントラックの ドラウトタフアルパインロング を着てその上にダクロン の長袖シャツを重ね,更にその上にラテラの DUALUXジャケット を着た。薄い ウインドブレーカー をザックの中に入れ,頭には夏用の ハットを被った。
 今日の靴は,夏用のTECNICA  6本刃の軽アイゼンをザックの中に持ち, ダブルストックで歩きだした


 駐車場には20台 ほどの車が停まっていたが,殆どが既に出発しており,空になっていた。


 まず,自宅で書いてきた登山計画書 を登山指導所のポストに入れた。 雪は少なく 登山口にある鳥居も,根元までむきだしになったいる。 右下は2019年4月8日のようす。


 鳥居をくぐった後,これまでは, 正面の斜面を直登した のだが,既に雪は解け,笹が顔を出しているため直登はできなかった。夏道を辿って尾根に出た。 尾根には 潅木 が茂っており,そこには雪が残っていた。しかし,例年よりはずっと少ない。


 陽が当たり風もないので,暑い。ダクロン の長袖シャツとラテラの DUALUXジャケット を脱いだ。ここでアイゼンを着けた。


 中の茶屋跡園地 まで来ると,雪はすっかり無くなった。茶臼岳のミミズク がよく見える。もう雪は無いようなのでアイゼンを脱いだ。この後,下山するまで使うことは無かった。


 朝日岳の雪も解けていた。


 朝日岳に登るには,この剣ヶ峰 を越えなければならない。冬季は岩が凍結しているので, 頂上を越えて 行くが,夏季には巻き道を通って 朝日岳に向かう。この時期には,既に頂上を通ることは出来ないから,巻き道を行くことになるのだが, 大きな雪渓を二つ 渡らなければならない。雪は既に緩んでいるので十分に注意しなければならない。


 朝日岳は「那須穂高」 という別名も有るように,かなりの岩山だ。


 すっかり雪の無くなった登山道を峰の茶屋 に向かう。


 峰の茶屋の手前に,遅くまで残る雪渓 がある。滑落に注意して通過した。


 峰の茶屋避難小屋は開放されていた。積雪時には 冬季小屋の部分だけが開放されている。


 峰の茶屋は強風が吹き抜ける ことで有名だが,今日は風は弱い。ただ,吹く風は冷たい。


 振り返ると,白河方面には 雲海が広がっていた。


 小屋の横からは流石山から三倉山への稜線 が見える。例年は真っ白に見えるのだが,今年は雪解けが進み,まだら模様だ。


 その左には会津駒ヶ岳 が見えた。ここにはまだたっぷりと雪がある。


 更にその左には 燧ヶ岳が見えた

 前後して登ってきた登山者は皆朝日岳 の方に向かって行った。私も朝日岳に登ろうか迷ったのだが,もともと計画していなかったので, 朝日岳に登るのは止めにした。 計画通り 茶臼岳 に向かった。小屋から少し登ったところで振り返った。


 面白い岩を見つけた。火山岩特有の「柱状節理」 だ。このルートは,今まで何回も通ったのだが,今まで気づかなかった。


 山頂直下 に大きな雪渓があったのだが,ほとんど解けてしまって,残骸だけになっていた。


 山頂に着いた。駐車場から 2時間12分で登ることが出来た。


 那須岳神社の奥宮。背後に 流石山 。 天気は良いのだが,風が冷たい。


 山頂から日光連山 高原山が見えた。


 風陰に腰を下ろし,昼食にした。寒いので長居せずに下山にかかった。噴火口を一周してから,元来た道を戻った。 噴火口には雪解け水が溜まり 「釜沼」 を作っていた。水面は完全に凍りついている。


 火口の周回路から真下に峰の茶屋 の赤い屋根が見える。


 眼を上げると,真っ白な山が見えた。飯豊山 だ。


 峰の茶屋で少し休んで,駐車場に向かった。潅木帯の雪 は柔らかになり,踏み込んだ足が何度か流れた。


 鳥居 まで戻って来た。ここは風も当たらないので暖かだ。


 駐車場 に戻ってきた。車は少し増えていた。


 駐車場で身支度を解き,自宅に向かった。今日は,好天に恵まれ,楽しい山歩きが出来た。 もう少し雪があるだろうと思ってきたのだが,これもやむを得ない。帰路は,高速道を使わず,一般道を走った。 特にスピードの遅い車もあったが,逆らわずに後に付いて走った。 歳の功か,もうイライラすることも無くなった。2時間と少しで自宅に着いた。

ページトップへ