閉じる
高 山

2022年(令和4年) 4月 2日(土)



コース・タイム
 宇都宮自宅(6:01) ⇒ 竜頭の滝上P(7:07)
  駐車場(7:47) → 尾根上(8:43) → 最低鞍部(9:49) → 頂上(10:55−11:17) → 最低鞍部(12:04) →昼食(12:40-13:10) → 尾根東端(13:41) → 登山口(14:45) → 駐車場(14:38)
 駐車場(14:55) ⇒ 宇都宮(16:10)


同行者
    単独

 久しぶりに,日本列島中央部が高気圧に覆われるというので,3月4日以来,ほぼ1ヶ月 ぶりに 高山 に登ることにした。前回は,雪が深く,踏み抜きや急斜面の大雪に苦労したので,今日は 環かんじき を準備してきていた。
 今日は予報通りに天気は良く,日光道路からは 女峰山 がきれいに見えた。


 いろは坂の第二明智トンネルを出たところからは, 奥白根山 が真っ白に見えた。


 中禅寺湖岸からは 社山 がきれいに見えたが,まだ雪はたっぷりとあり,簡単には登れそうにない。


 自宅を出て,1時間と少しで 竜頭の滝上駐車場 に着いた。まだ停まっている車はなかった。


 駐車場の車外温度は 氷点下7℃ を示していた。今朝は,この時期としてはかなり冷えたが,風がないので寒さは感じない。


 車の中で,朝食を食べ,身支度をした。 今日の服装は,ボトムは CWX 冬用のトレッキングパンツ トップは,ファイントラックの フラッドスキンメッシュシャツ に同じファイントラックの ドラウトタフアルパインロング を着て,モンベルの クリマブロックロッシュジャケット を着た。頭には夏用のハットを被り,靴は夏用の TECNICA を履き,6本爪の軽アイゼンを付けた。前回はピッケルだけを使ったのだが,今日はスト ックもザックに取り付けた。 環かんじき は,積雪も多くはなく, 雪も締まっているようなので,車に置いていくことにした。


 駐車場に停まっている車は,私の車1台だけだ。


 登山口  雪は少なく,笹が見えている。前回は笹は雪で覆われ,見えなかった。


 前回は,途中まで夏道を行ったのだが,今日はいつもの この尾根 を登ることにした。


 順調に登って,この尾根の シンボルツリー までやってきた。


 主尾根の東端 まで登り着いた。駐車場から55分かかったが,積雪期としてはまあまあのタイムだ。


 主尾根を進み, 夏道との合流点 までやってきた。雪は,足が潜るほどではなく,歩きやすかった。


 三本指の足跡 があった。三本指は鳥類の特徴だが,比較的大型の足跡なので,どんな鳥だろうか。


 シャクナゲ は,まだ葉を丸めている。


 最低鞍部 を過ぎ,最後の登りに掛かった。通常は,この斜面を斜めに横断して登っていくのだが, 今日はトレースが無い。かなり雪も深いので,横断は諦め, 斜面の右側 を登っていくことにした。


 土の むきだしになった所 をつないで登っていく。傾斜が急なので,両手を突き,四つん這いで登っていった。


 斜面の雪 はかなり深い。


 斜面を登り切って, 頂上に繋がる尾根 に着いた。振り返って見た。


 少し進むと, 山頂標識 が見えた。


 頂上直下の斜面に1時間以上掛かってしまい, 駐車場から3時間10分 ほどかかった。山頂は日当たりが良いので雪解けが進んでいた。


 南には,樹間に 中禅寺湖 が見える。ここで自宅の妻にLINEし,FBに写真を載せた。昼食は下山途中で食べる ことにして,少し休憩しただけで下山を開始した。帰路は,往路を戻ることにした。


 途中で, ドローン を飛ばして 写真撮影 をしている人に出会った。西から登ってきたと言っていた。今日一日で出会った人はこの 人だけだった。


 私が登ってきたときの足跡 があるので,そこを下ることにした。


 途中で 振り返った。 雪が解けているところもあるが,谷の雪はまだ深い。


 途中で, 倒木に腰を下ろし昼食にした。 休憩後主尾根を東端まで進み,そこから急斜面を下った。間もなく, シンボルツリー まで下ってきた。


 尾根は狭くなり,傾斜もきつくなった。大きな段差を降りようと,径15cmほどの木 に手を突いて,力をかけたところ,ボキッと音がして 根元から折れた。 木を掴んだまま3メートルほど落ちて,大きな木にぶつかって止まった。 顔面に痛み が走り,ダラダラと 血が流 れた。しばらくは何もできず,少しして気分が落ち着いたところで,ティシューで血を拭 き取り,鼻血を止めるために,ティシューを丸めて鼻に詰めた。しばらくして血が止まったので,少 しずつ下山を始めた。
 間もなく,登り口まで降りてきた。


 駐車場まで戻って来た。運転席のルームミラーで改めて傷を調べ,濡らしたティシュー で血を拭いた。 バンドエイド を貼って,身支度を解いた。自宅の妻に電話し,車をスタートさせた。


 怪我をしたのは残念なことだったが,この程度の怪我で済んだのは 不幸中の幸い だった。掴んだ木が枯れていて折れると言うことは良くあることなので,十分に注意して いたのだが,やはり甘く見ていたのかもしれない。

ページトップへ