閉じる
ミヤマホツツジ
深山穂躑躅
ツツジ科 ミヤマホツツジ属

 中部以北の本州,蒜山,大山,と北海道に分布し,亜高山の林縁や高山の岩場などに生育する。 高さは30〜100cmの落葉低木。 ホツツジに似ているが,別種。
 若い茎は赤褐色で,微毛が生えている。
 葉は枝に互生し,葉の形は倒卵形〜倒卵状長だ円形で長さ1〜5cm。
 花期は7〜8月で,枝を分けた先に総状にまばらに花序をだす。花弁の色は緑白色で,花冠の外側は淡く赤味を帯びている。 花冠は深く3裂し,裂片は反り返って裏側に巻き込んでおりツツジ科の花としては特異な形をしている。
  雌しべが弓状に象の鼻のように曲がるのが特徴。一方, ホツツジの雌しべは,長くほぼまっすぐに伸びる。


 2008.08.07 白山