ハクサンシャクナゲ

 私がはじめてハクサンシャクナゲに会ったのは,学生の時に登った奥白根山だった。でも,当時は花には興味が無く,印象も薄く,記憶にも残っていない。
 次ぎに見たのは,たぶん,1980年に
奥穂高岳に登ったとき,涸沢手前の雪渓の脇に咲いていたものだった。印象としては白よりも,薄黄色だったような気がしている。もしかしたら,キバナシャクナゲだったかもしれない。
 身近なところでは,
那須清水平周辺シャクナゲの群生が見られる。これはアズマシャクナゲだ。一方,日光白根山(奥白根山)とその周辺でも群生が見られるが,これはハクサンシャクナゲだ。もっとも,全てチェックしたわけではないので,アズマシャクナゲも混じっているかも知れない。
 長い間,アズマシャクナゲハクサンシャクナゲをどのようにして見分けたらいいのか悩んでいた。高山植物の本に,「葉の裏に茶色の毛が密生しているのがアズマシャクナゲ」と書かれていたのを頼りに,葉の裏を見ていたが,どうもはっきりしない。決定的な違いが見いだせない。
 最近になって,植物図鑑を詳しく読み,決定的といえる違いを見つけた。それは,
葉の付け根の構造だった。アズマシャクナゲでは,葉の縁が流れるように葉柄に繋がっている。それに対して,ハクサンシャクナゲでは,葉の縁と葉柄が90度以上の角度で接していることだ。さっそく,実際に山に登って実際の葉で確認すると,その違いは明確だった。長い間の疑問が解決した。

ハクサンシャクナゲ(女峰山)
 では,キバナシャクナゲではどうなのだろうか。キバナシャクナゲは,シャクナゲの仲間では最も高いところに生育する種類で,ハイマツと混生している場合などが多い。この場合は背丈は低く,全体として小形になっているが,ハクサンシャクナゲと形で区別するのは難しい。キバナシャクナゲでは,葉は全体に丸形で,葉柄は短く,葉の縁とは流れるように接している。葉柄の形はアズマシャクナゲに似ているが,両者は生育場所や,葉の全体的な形で区別することができる

アズマシャクナゲ(中禅寺湖畔)