クルマユリ(ユリ科)

 亜高山帯に咲くユリ。葉が車状につく。花弁に光沢があるのが特徴
1982.8.6  栃木県沼原

 長野県の小諸から鹿沢に抜ける地蔵峠道の途中に奈良原という集落がある。子どもが小学校の低学年だった頃の夏休み,そこにあった友人の別荘を借りて1週間位ずつ滞在した。
 
奈良原から地蔵峠までは車で直ぐに着けた。地蔵峠から高峰林道を高峰に向けて少し走ると,池ノ平の駐車場に着く。ここから,池ノ平湿原にはすぐだ。まだ,その頃は訪れる人も少なく,豊富な高山植物をゆっくり観察できた。ここで名前を覚えた花もたくさんある。クルマユリに出会ったのもここだった。
 池ノ平を横切り,対岸の斜面を少し登ると
三方が峰に着く。その,樹林帯の道の脇にクルマユリが咲いていた。30cmにも満たない小さな体で,僅かな木漏れ日を精一杯に受けとめようと,背伸びするように咲いていた。花はたったの1輪,しかし,茎の下の方には,輪生した葉が,クルマユリであることをしっかりと主張していた。
 
那須の沼原湿原でも,クルマユリとの出会いの記憶がある。駐車場から沼原に行くと,まず,沼原を周回している道に出る。そこを右に折れ,数十メートルも行くと,東屋がある。この東屋の前にはポンプ井戸があり,夏にはその冷たい水で顔を洗った。更に数十メートル進むと,道が二俣に分かれる。右へ行くと姥が平を経て茶臼岳方面へ,左に行くと,坂を下り,三斗小屋宿跡を通って三斗小屋温泉方面へ行く。この分かれ道の正面に大きなクルマユリがあった。それは,とても見事なもので,10個以上もの花が何段にも咲き,最も下の輪生葉は小さなテーブルほどもあった。この株は,毎年確実に大きくたくましく成長しており,毎年,この花に会うのを楽しみにの一つにして沼原に出かけた。ところがある年,いつも咲いていたところに,その花の姿は無かった。代わって,大きな穴が黒い底を見せていた。私は言葉を失った。