白根山のシラネアオイ (キンポウゲ科)

1990年7月(座禅山南面)
シラネアオイは,1科1属1種日本特産の種である。分布は,本州中北部と北海道である。花びらのように見えるものは萼の変わったもので花弁ではない。

シラネアオイシラネは「日光白根山」であり,アオイは葵の花のことである。(山と渓谷社「野草ハンドブック1春の花」)

 1990年7月,座禅山南面のシラネアオイ
 弥陀が池の北西にある座禅山の斜面は,かつてはシラネアオイの群生地だった。少なくとも,この写真を写した1990年まではこのような光景が見られた。しかし,その後3〜4年で殆ど姿を消した。毎年,その時期に,シラネアオイを見ることを楽しみに奥白根山に登っていたのだが,しばらく登るのをやめた。

 最近になって,
電気柵などを設置し,シラネアオイ等の積極的な保護(復活)処置をスタートさせた。

 2002年の7月初め,奥白根山に登ったとき,弥陀が池の北岸で,道から離れた電気柵の中に青紫色の花を見つけた。もしかしてシラネアオイかもしれないと喜んだのだが,良く見ると,グンナイフウロの花だった。残念だったが,グンナイフウロが見られるようになったことは,環境改善が進んでいるという証拠でもあり,近いうちにシラネアオイが復活するだろうと期待をもった。

 復活したシラネアオイ(2003年6月)
 2003年6月末奥白根山に登った。登る以前からシラネアオイが復活したという情報があり,期待して登った。菅沼コースで,最後のカーブを曲がり,弥陀が池の畔に出たとき,右側斜面の柵の中に,紛れもない「シラネアオイ」を見つけた。僅か数輪の花だったが,うれしさがこみ上げてきた。よかった,ほんとうによかった。

 
シラネアオイの名前のもとになった白根山で,シラネアオイが見られないと言うのは,なんとも悲しいことだった。かつての大群落を見た記憶が有るだけに早く復活することを願わずにはいられない。

 初めに
シラネアオイの危機が叫ばれたのは「盗掘」によるものだった。これによって生育場所が少なくなり,次に,増えすぎたシカの食害が追い打ちをかけた。シカが増えたのも,もとを辿れば,人間の勝手な森林伐採により食料となる草が一時的に増えたためと言われている。これも人災である。一度崩れてしまったバランスは,その平衡を取り戻すのに長い年月がかかると言うことを今更ながらに認識しなければならない。