戻る

 ブログ 独 り 言 2017


2017.12.31
 一年間の山行を振り返って


 大晦日に,今年一年の山行を振り返ってみた。写真は,4月5日の谷川岳山頂(トマノ耳)記念
 今年の山行は
26回で,日数は30日だった。昨年は25回,32日だったから,ほぼ同じになった。
 今年は山行回数が減ったと思っていたのだが,数えてみたらあまり変わらなかった。
 ただ,
北アルプスなど,きつい山は確かに少なくなった。老け込む気は無いのだが,体力が落ちたのは事実だし,無理も利かなくなった。
 来年も健康を維持しながら,自分に合った山歩きを楽しみたいと思っている




2017.12.16
 谷川岳


 9月26日 谷川岳に登った。4月5日に次いで今年2度目の谷川岳だ。良い天気に恵まれて,苦しかったが楽しい山歩きをすることができた。
 今回は
巌剛新道を上った。 チコはもう厳しい登山は無理なので留守番になった。 巌剛新道は,チコが若いときに兄と二人で登ったという思い出のコースだった。そのときは肩の広場まで行ったが,山頂を踏めずに下山したのだそうだ。その思いを持って,2002年10月5日にチコと二人で巌剛新道を往復した。
 私にとってはそれ以来二度目の巌剛新道だ。巌剛新道もそうだが,合流後の
西黒尾根も急峻な岩場が多い。そこでヘルメットを付けた。最近では,ヘルメットを付けた登山者を見ることも多くなったが,この日,私以外にヘルメットを付けた登山者はいなかった。

 紅葉にはまだ早いかなと思っていたのだが,山頂付近の紅葉は最盛期だった。写真は,オキノ耳から見たトマノ耳とその西斜面
  風もほとんど無く,半袖でいても暑かった。そのせいか,体力が無くなったからか,疲れた。下山も巌剛新道を通るつもりでいたが,諦めて天神尾根を通り,ロープウエイで下ることにした。
 天神尾根は日陰がない。強烈な日差しに照らされて,軽い熱中症になった。やっとの事で
熊穴沢避難小屋にたどり着き,小屋の中で横になった。15分ほど休んでいたらかなり回復したので,天神平を目指して歩き始めた。



2017.12.16
 沼原


 9月21日 茶臼岳に登ろうと,那須に向かった。天気予報に反して風が強い。峠の茶屋駐車場まで行ってみたが,強風で車が揺すられるほどだ。強風を突いて登っていくハイカーもいたが,私たちは登山を諦めて駐車場を後にした。
 ここならば風も強くはないだろうと判断し,
沼原に向かった。  沼原の駐車場に停まっている車少なかった。駐車場から原に降り,ベンチで湯を沸かし昼食にした。風はかなりあったが,バーナーの火が消えるほどではなかった。  
 ゆっくり時間を過ごし,
道の駅「やいた」に寄って野菜を買ったりして帰った。



2017.12.16
 会津駒ヶ岳


 9月9日 会津駒ヶ岳に登った。チコには今の状態では無理なので単独行になった。
 会津駒ヶ岳は,私の大好きな山で,このところ毎年必ず登っている。今年は,初夏に登りたかったのだが,都合が付かず見送った。
 初夏には,
ハクサンコザクラコバイケイソウが咲き乱れ天上のお花畑になる。会津駒は秋も良い。澄んだ青空に草紅葉はこの世のものとは思えない。  会津駒ヶ岳は,簡単に上れないところが良い。私の足では,登山口から,奥にある中門岳まで4時間強かかる。
 この日も疲れたので,下山後
「アルザ尾瀬の里」で入浴し,ビールを飲んで車中泊をした。なかなか快適で癖になる。



2017.12.16
 初秋の小田代原

 9月4日 久しぶりにチコと戦場ヶ原を歩いてきた。写真は,小田代原の「アキノウナギツカミ」だ。茎に,逆向きに細かい棘が生えているので,これを持ってウナギをつかめば滑らないでつかめるというということだ。
 9月になると,戦場ヶ原や小田代原は秋の気配が深まってくる。小田代原では草紅葉も始まる。
 チコと山歩きをするのは,6月5日以来だ。  良い天気に恵まれて,楽しく歩くことができた。今晩は霧降の温泉に泊まる。




2017.09.02
 最近の山行

 ほぼ9ヶ月ぶりにブログ更新する。 写真は6月20日に登った奥白根山

 前回は,昨年11月の燕岳のレポ紹介だが,それからもいくつか山を登っている。
 今年になって,1月17日に大菩薩嶺,3月20日に那須茶臼岳,4月5日に谷川岳,5月2〜3日にアヤメ平から尾瀬ヶ原へ,それぞれ雪の上を歩いてきた。
 6月20日には奥白根山7月3〜4日7月15〜16日8月1〜3日に尾瀬沼から尾瀬ヶ原に行ってきた。