戻る

ブログ 独 り 言 2021



2021.03.26
 谷川岳 途中敗退

 本州中央部が広く高気圧に覆われ 好天の予報が出た。先週の社山で少し自信がついたので 谷川岳 に登ることにした。積雪期の谷川岳に登るのは,今回が 10回目 だ。途中敗退が2回, 肩の小屋までが1回で,山頂を踏めたのは6回だ。 途中敗退は悪天候のためで,積雪期の谷川岳では, 天候の善し悪しが成否を分ける。昨年も登りたかったのだが,新型コロナの蔓延による外出自粛のため,諦めた。
 谷川岳ロープウェイは, 原則通年営業なのだが,今年は,新型コロナの蔓延による外出自粛のため,3月平日のロープウエイは運休しており, 3月22日の月曜日から運行が開始されたばかりだ。そのため運行開始は 9時00分 。もう少し早く歩き出したいのだが,仕方ない。少し余裕を見て6少し前に宇都宮の自宅を出た。 自宅から2時間ほどで,ロープウェイ駅「ベースプラザ」の駐車場に着く。 身支度を調え,エレベーターで6Fの切符売り場に登る。
 切符売り場 には長い行列が出来ていた。密にならないように間隔をとっているためか,かなり長い。ざっと 80人 ほどか。 7時45分に切符の販売が開始され,JAFの会員証提示で,2,100円が2,000円になった。
 ゴンドラは大型で,座席が16あるので,乗車はあまり待たなかった。15分で 天神平 に着いた。
 あまり正確ではないが,手元の温度計は2℃を示している。風はないので寒さは感じない。
 それにしても今日は登山者が多い。今までの10回の中で最も多い。途中で数えてみたが,前後に見えるだけで 100人以上 居た。 と言うことは全部では200人以上になるだろう。
 天狗岩(天狗の溜まり場)に着いた。今日はここで 折り返す ことにした。体調はけして悪くはないのだが,足が疲れた。自分としてはやはり オーバーペースだった。 今日は登山者が多く,マイペースを維持するのが難しかった。後ろから追いついてきた登山者には 道を譲る のがマナーなのだが, そのためにはトレースを外して横に出なければならない。今日は登山者が多く,対応しきれなかった。更に, ロープウェイの始発が9:00 と,例年より30分遅いから, あまりゆっくりしていられないという気持ちの焦りがあった。腿の筋肉がパンパンで,左膝の痛みも出てきた。 谷川岳は,降るのも大変な山だから,降るための 余力を残して 撤退を決断した。




2021.03.16
 モンステラ

 いつも行く近所のスーパーには,花屋さんが出店をしている。そこに, モンステラ の鉢が二つあった。 売れ残りなのか,300円という値札が付けてあったが,あまり程度が良いものではなかったので迷っていた。 すると,ある客が一方を買っていった。それを見て,決心し,残りの方を買って帰った。1月7日のことだった。 水をやりながらしばらくしていると,新芽が顔を出し,数日前にその葉が開いた。窓がしっかりと入っており, とても素敵だ。ハワイには行けないが,これでハワイの気分が少しだけ味わえる。



2021.03.09
 クリスマスローズ

 クリスマスローズは寒さには強い花なのだが,宇都宮の冬は寒すぎて,なかなか育ってはくれなかった。 春に買ってきた鉢植えのクリスマスローズを,花の後に路地に植えて,来年も咲かそうとしたのだが,なかなか上手く いかなかった。品種によって,暑さ,寒さに対する強さに違いがあるらしく,夏の暑さで絶えてしまったものや, 夏は越えても,冬の寒さで参ってしまうもの多かった。この株は,一昨年の春に買ったものだが,その年の夏も越し, 翌春には少しだが花も付けた。そこで,昨年は,肥料も与え,水も欠かさずに手入れしたら,夏でも元気な葉を着けて いてくれた。秋から冬になった頃には,残った葉は少なくなったが,葉の着いたまま冬を越した。寒さが峠を越えた頃, いくつかの花芽を確認した。そして,しっかりと,たくさんの花を咲かせてくれた。背丈が低いのは 寒さのせいなのだと思う。是非来年も咲かせたい。



2021.02.28
 奥白根山

 いつもの散歩コースから奥白根山が見える。奥白根山は,群馬県との県境にあり,群馬県側の気候の 影響を受ける。そのため,男体山はよく見えても,奥白根山には雲がかかり見えないことが意外と多いのだ。 このようにすっきりと見えるのは珍しい。



2021.02.28
 ジンチョウゲ

 我が家には数株のジンチョウゲがある。満開になると,辺り一面に爽やかな芳香をまき散らしてくれる。 この香りを嗅ぐと「春になった」ことを実感するのだ。ジンチョウゲは,気温は低く,まだ真冬と思っている間に, いつの間にか花を開く。最初の一輪が開いた期日をメモしているが,不思議なことにそれは毎年ほぼ同じなのだ。



2021.02.06
 日光連山
 
 いつもの散歩コースから日光連山がよく見える。右から,赤薙山,女峰山,小真名子山,大真名子山,男体山, そしてその左奥に奥白根山が見える。これらは全て頂上を踏んだことのある山で,それぞれにいろいろな思い出がある。 そんなことを思い出しながら歩いている。



2021.02.05
 シジュウカラ

 シジュウカラは野鳥の中でも,比較的よく見る鳥だ。喉から腹を縦断して下腹部まで繋がる黒い帯が特徴だ。 ガラの仲間には似た鳥も多いがこの特徴で見分けられる。この黒い帯は,雌では細く,雄では太くなるというから, これは多分雄だ。



2021.01.21
 シンビジウム

 小池さんから頂いたシンビジウムが咲きました。育て方に失敗し,僅かしか花を付けませんでした。 昨年の植え替え時に,植え替えて直ぐに直射日光に当ててしまったため,日焼けを起こしてしまい,弱ってしまいました。 同時に植え替えたもう少し大型のシンビジウムは,日焼けがひどく,今年は花芽を付けませんでした。来年は 失敗しないように注意して育てます。



2021.01.21
 モズ

 我が家の近くに鶴田川 という,川幅10メートルほどの川が流れています。そこが,私たちの散歩コースだ。 このところステイホームで行くところがないので,ほぼ毎日散歩に出ている。
 田圃や畑の中を流れるこの川には,いろいろな小鳥が現れる。 カワセミも時々姿を現すし, ジョウビタキ には毎日のように会うことが出来る。写真は モズの雌と思われる。



2021.01.13
ジョウビタキ

 いつもの散歩コースで ジョウビタキに会いました。



2021.01.12
手帳

今年は, 少し大きい手帳を使うことにした。現職中はB5サイズの手帳(ノート?)を使っていたのだが,退職に伴って, ポケットサイズの手帳にした。現在は,それでも,記入するスケジュールは殆どなく,十分な大きさだった。
 ところが, 最近,気が変わって,その日の出来事を,日記のように書きたいと思い出した。そこで,再びB5サイズの手帳を 購入して,新年から使い始めた。
 ところが,ところがだ, 書くことがない。いろいろ考えたのだが,やはり思いつかない。まあ,良い。書くことが出来たときに書くことにして, 何も無いときは空欄とすることにしたのだが,これは,とりもなおさず,毎日を無駄に過ごしていることの 証明になってしまうのか。



2021.01.07
 登り初め

 写真は昨年の登り初め。2020年1月10日 奥日光高山
 例年ならば,高山に登っている時期なのだが,今年は無理のようだ。
 高山の新年登山は,2010年から昨年までの11年間に8回実施している。 今年も是非行きたいと思っていたのだが,諦めることにした。
 この時期の山歩きは,密になることはないが,遭難や怪我をすれば, 救助隊や医療機関の負担を増す ことになる。やはり少しでもリスクを感じるならば自粛するしかない。



2021.01.01
 年の初めに思うこと

 昨年から全世界的に蔓延している,新型コロナウイルス については,まだまだ先が見えてない。今年の最も心配な問題で,仮に ワクチン が完成して,接種が進んでいっても,直ぐに解決するとも思えない。
 重症化リスクの高い「高齢者」 としては, 出来るだけ外出せず,自宅に閉じこもっている他はない。生活用品の購入のために近所のスーパーマーケットにだけは 行かなければならないが,開店直後の空いている時間に行くことにしている。
 この時期の山歩きは,密になることはないが,遭難や怪我をすると, 救助隊や医療機関の負担を増す ことになる。やはり少しでも危険を感じるならば自粛するしかない。

 自宅の近所の陸橋から見た初日の出