に戻る 思い出の山シリーズ 6
奥 穂 高 岳

期日 1980年(昭和55年) 8月5日(火)〜8日(金)
(作成日 2004年12月30日)
 



コース
8月
  5日(火) 宇都宮⇒新宿⇒松本⇒(タクシー)⇒上高地→明神→徳沢→横尾山荘(泊)
  6日(水) 横尾山荘→本谷橋→涸沢→ 穂高岳山荘→涸沢岳→穂高岳山荘(泊)
  7日(木) 穂高岳山荘→奥穂高岳→前穂高岳→岳沢ヒュッテ→上高地⇒松本(穂高温泉)
  8日(金) 松本 ⇒(夜行)⇒ 新宿 ⇒ 宇都宮


同行者
  松本,阿久津,渡辺,黒尾,齋藤,人見,増渕,山口,増渕

 当時私は,宇都宮市内の中学校に勤務していた。プライベートでは,子どもたちを連れて日光の山などに登っていたが,日本アルプスなどに行ったことはなかった。
 夏休みを前にして,あれこれ夏休みの計画をしている中で,同僚の
M先生が,奥穂高行きを計画してくれた。全くの初心者も含めて,奥穂高に登るという。経験のあるのは,リーダーのM先生を除くと,養護教諭のM嬢くらいで,私を含めて,あとは,たいした経験はなかった。
 下の写真にあるとおり,
総勢10人のグル−プになった。多少経験のある私は,一応,最後尾を受け持った。

8月5日(火)
 早朝国鉄宇都宮駅に集合し,東北線,国電を乗って新宿駅から松本に向かった。時々雨のぱらつく天気で,途中で見えるはずの南アルプスも,見えなかった。
 
松本駅からは,タクシー上高地に向かった。今でもそうだが,電車・バスと乗り継いでも,タクシーで行っても料金に大差はなかった。
 松本駅は良い天気で,強い陽射しが照りつけていた。
 奈川戸ダムの展望台で記念撮影。
 
この10人が,この山行の参加者。後列右端の無帽が私。



 松本駅に着いたときは上天気だったが,上高地に近づくにつれて,空模様が怪しくなり,ついに雨が降ってきた
 河童橋のたもとで記念撮影。このときは雨も激しくはなく,雨具を着ていない人もいる。


 河童橋から,梓川の流れをのぞき込んでいる。

 だんだんと強くなった雨の中を必死に歩き,やっとのことで横尾山荘へたどり着いた。
 
横尾山荘では,乾燥室がフル稼働しており,濡れた物は全て乾かすことができた。
 初めての
山小屋泊りで,驚くことばかりだった。10人の団体だったので,1室をあてがわれた。明日に備え,早々に布団に入ったが,隣室が夜遅くまでギターを弾いたりして騒いでおり,なかなか寝付けなかった。私は,ついに業を煮やし,「静かにしてくれ」と怒鳴り込んだ。そこは従業員の部屋だったが,彼らは文句を言わずに静かにしてくれた。 日頃「おとなしい」と思われていた私の,思わぬ一面を見た仲間達は驚いていた。


8月6日(水)

 本谷橋。現在は立派な橋になっているが,当時は,丸太を渡しただけの橋だった。
 本谷橋を渡った対岸は,絶好の休憩ポイント。ここからは,いよいよ傾斜が増した本格的な登りになる。


 涸沢の手前に,涸沢ヒュッテと唐沢小屋の分岐がある。(正面中央右奥に標識が見える。)ここには例年遅くまで雪渓が残っている。(最近では雪渓が残っていない場合が多い。)
 唐沢小屋。ベランダの手すりに布団が干してある。唐沢小屋で休憩し,いよいよザイテングラードの登りにかかった。



 苦しいザイテングラードを登り切って,穂高岳山荘の前でとりあえず「乾杯

穂高岳山荘の前の私
 
36歳

 ウールのニッカボッカにストッキング,靴はミズノの革靴。この革靴は20年以上も履いていた。


 山荘にチェックインした後,日没を見るため,涸沢岳に登った。


 一面の雲海の彼方,遙か遠くに白山の姿が離れ小島のように見えた。
 夕日は,
笠ヶ岳の向こうに広がる雲海に沈んだ。一瞬,上空に広がる雲が黄金色に輝いた。

 陽が沈むと急速に暗くなった。
 山荘に向かって急いで山を下りているとき,ちょっと
異様な風体の中年男性が山荘方向から登ってきた。ワイシャツにズボン,運動靴に小さなナップザック,そしてどういう訳かピッケルを持っていた。疲れのためか口の周囲には白い泡が着いていた。異様な姿とともに,薄暗くなりかけたこの時間に,山頂の方向に向かっていくこの男性の尋常でない様子に,声を掛けた。
 「これからどこまでいくんですか?」
 「
穂高山荘まで
 「じゃー道が反対ですよ」
 「
いや,これでいいんだ
 何度か押し問答を繰り返したが,頑として私たちの言うことを信じようとしない。私たちも山荘まで行くんだから一緒に行こうと
半ば強引に腕をつかんで,つれて下った。かなり疲れていたらしく,それからは殆ど口を開かなかった。夕食時に彼の姿を探したのだが,見つからなかった。山荘の従業員の話では,食事も取らずに寝込んでいたらしい。
 薄暗がりの中の奇妙な出来事は,今考えても不思議でならない。もしかしたら,幻だったのかもしれない

 夕食後,食堂で穂高の四季を撮した映画を見た。特に,冬の美しさには感動した。
 寝る前のひととき,外に出て星空を眺めた。3000mの高度で見る星空は素晴らしく,正に,手の届く近さで今まで見たことのない無数の星が瞬いていた。


8月7日(木) 

 山荘の前のテラスには,日の出を見るために,多くの人が集まっていた。眼下には一面の雲海が広がっていた。その雲海に,常念岳の尖った山頂が特徴的な姿を現していた。
 雲海と空を区切る一線がオレンジ色に輝き,その輝きがだんだんと強くなると,
常念岳の右肩のあたりの雲海から,太陽が姿を現した。太陽の上に伸びる光の帯は,「太陽柱」または「サンピラー」と呼ばれる自然現象で,極めて珍しいものだ。
 太陽の光が顔に当たると,急に暖かくなる。

 奥穂高岳山頂。風が強く寒かった。北岳より2m低いので,それを追い越そうとして積んだと言われる石積みの上で。(この話は寓話のようだ)

 前穂高山頂。紀美子平に荷物をデポし,空身で登った。紀美子平では,ライチョウの親子にも会えた。


 紀美子平からの降りは,穂高岳山荘の初代オーナー今田重太郎が開いた「重太郎新道」。ハシゴやクサリを使い,一気に高度を下げていく。降り始めるとすぐに岳沢ヒュッテの赤い屋根が見えるのだが,なかなか近づかない。

 やっと着いた
岳沢ヒュッテの前は,多くの登山者でごった返していた。ここで昼食をとり,あとは上高地目指してひたすら下った。


 上高地からはタクシーに分乗し,松本へ向かった。松本では駅近くの温泉施設(信州会館?)に行き,汗を流し夕食を食べた。 そして,深夜に松本駅を出る新宿行きに乗り込んだ。

  この山行は,私の初めての北アルプスだった。日光や尾瀬とは違った華やかさと,設備の整った山小屋。そして,全国から集まる登山者。どれも全て初めての体験だった。
 登ること自体は苦痛ではなかったし,吊り尾根も楽しく歩けた。初日こそ雨に降られたが,あとの2日間は好天に恵まれ,北アルプスの素晴らしさを体験できた山行だった。