に戻る 思い出の山シリーズ 8
谷 川 岳 縦 走

期日 1982年(昭和57年) 8月7日(土)〜9日(月)
(作成日 2005年3月23日)
 


8月7日(土)

  宇都宮 ⇒ 土合山の家(駐車場)

  駐車場 →  谷川ロープウエイ土合駅  ⇒(ロープウエイ)⇒  天神平

   天神平 → 熊穴沢避難小屋 → 肩の広場(肩の小屋)

8月8日(日)

  肩の小屋 → 谷川岳(トマの耳) → 一ノ倉岳 → 茂倉岳 → 武能岳 → 蓬峠 → 土樽山の家
8月9日(月)

   土樽山の家 → 土樽 ⇒(電車)⇒ 土合 → 土合山の家(駐車場) ⇒ 一ノ倉沢出会 ⇒ 土合 ⇒ 宇都宮

 
 一昨年から,夏休みを利用して,職場の仲間と泊付きで山登りをしている。同僚のMさんが,経験が豊富であり,彼が計画をして私たちを連れて行ってくれている。
 一昨年は,
奥穂高へ登り,昨年は八ヶ岳へ登った。今年は谷川岳へ行く計画を立てた。宇都宮から土合までの往復は自動車を使い,土合から土樽に抜け,電車で土合に戻ってくる計画だ。

第1日 8月7日(土)
 宇都宮の集合場所に集まり,そのころ始まったレンタカーの10人乗りワゴン車(トヨタグランドハイエース)を借り,私が運転して土合に向かった。正確な時刻は記憶していないが,土合に着いたのは10時過ぎだったと思う。土合山の家に断って駐車させてもらい,徒歩でロープウエイ駅に向かった。
 
天神平でロープウエイを降り,熊穴沢避難小屋を経由して肩の小屋に向かった。天気は良かったが,夏特有の雲が湧き始めていた。
 天狗岩で休憩↓。何を飲んでいるのかな?
 ランニングシャツ姿の私↓。後方遠くに「ザンゲ岩」が見える。

 天神尾根を登る↓。いろいろなザックが面白い 

 肩の小屋を目指して登る。空模様が怪しくなってきた↓。



 肩の小屋の直前で,にわかに空模様がおかしくなってきた。休憩も取らずに,肩の小屋に飛び込むと同時に大粒の雨と突風が襲ってきた。私たちより数百メートル遅れて登ってきた若い人のグループがあったが,彼らは小屋までたどり着けずに,夕立の洗礼を受けたようだった。
 ひとしきり雨風が吹き荒れると,天気は回復した。山服にはガスが漂っていたが,日も射してきた。僅かのところで小屋までたどり着けなかった若者のグループが,濡れた雨具を肩にかけながら登ってきた
 
肩の小屋は,私たちが泊まった数年後に営業をやめ,避難小屋になってしまった。建物も,小さなものに建て替えられた。
 ところが,平成14年(2002年)に避難小屋の改修工事が始まった。遭難防止と自然保護活動充実のため管理人が常駐できるようするためと説明された。
 現在は,予約すれば,食事付きで宿泊ができるようになった。詳しいことは水上町観光商工課「谷川岳肩の小屋の利用について」を見て欲しい。


 99年10月(左)           02年10月,増築・改修工事中の肩の小屋(右)


 肩の小屋の夕食
 メニューは写真から想像することもできるが,記憶には残っていない。



第2日 8月8日(日)
 次の日は,朝から良い天気だった。朝食前に小屋の周辺を散策した。  
 朝日の当たる肩の小屋
  
マチガ沢をのぞき込む

  肩の広場で。後方は万太郎山へ続く稜線
  肩の小屋での朝食


 谷川岳山頂(トマノ耳)
 トマノ耳からオキノ耳を望む

 一の倉岳へ向かう一ノ倉沢からガスが昇ってきた
 谷川岳方面を振り返る。一ノ倉沢はガスに包まれた。


 一ノ倉岳
 武能岳へ向かう稜線


 武能岳山頂
 蓬峠へ。正面の尖った山は,大源太山


 嫌になるほど長く,単調な蓬沢の降り
 やっとたどり着いた土樽山の家で,汗を流し祝杯をあげる。これがあるから山歩きはたのしい。


 第3日 8月9日(月)
 土樽山の家は,上越線土樽駅のすぐ前にある。まず,土樽駅から登りの電車に乗り,土合駅まで戻った。土合山の家で,預けておいた車をとり,一の倉沢出会まで車で入った。
 一の倉沢の岩壁をバックに記念撮影
 芸術家のAさんはスケッチブックを開いた。


 「昨日の今頃はあそこを歩いていた」稜線をめながら,感慨にひたる。

 初めての谷川岳は,好天に恵まれて,すばらしいものだった。
 湯桧曽川に面した岩壁と,対照的な西側のスロープ。荒々しさと,優しさの並立した稜線。いずれもすばらしい体験だった。
 稜線では,たくさんの花に出会うことができた。

 それにしても,最近の谷川岳の混雑ぶりには閉口する。紅葉期はむろん,それ以外でも山頂は混雑し,写真撮影もままならない。
 西黒尾根や厳剛新道の静けさに憧れてしまう。