に戻る
尾瀬の思い出

 
53年前の三平見晴らし (1964.10.1)立っているのが私


 2002年の8月31日,大清水 から尾瀬 を訪れた。
 大清水から尾瀬に入るのは30年ぶりくらいになる。 尾瀬にはよく行くが,最近は, 鳩待峠御池 から入ることが多い。30年前のころは,大清水 富士見下 が尾瀬に入る2大ポイントだった。この2カ所には,夜行列車に接続した路線バスが, 上越線の沼田駅から出ていた。当時はまだ, 鳩待峠にも,御池 にも路線バスは入っていなかった。尾瀬ヶ原 に行くには「富士見下 」,尾瀬沼 に行くには「大清水 」と言うのが定番だった。
 私が初めて「尾瀬」に足を踏み入れたのは富士見下 からだった。1964年6月11日。大学の友人と2人で,宇都宮駅から大宮駅経由で上越線の夜行に乗り, 沼田駅からバスで富士見下に向かった。6日間かけて, 至仏 を登り,奥鬼怒に抜けてきた。
 その後,アヤメ平 の湿原破壊がますますひどくなったことなどから,アヤメ平に最も近い 富士見下 口への大型バスの乗り入れが制限さて,それにともなって富士見下からの入山者は減少していった。
 私が初めて大清水 から尾瀬に入ったのは,その年の秋だった。大学の友人7人と,奥鬼怒 から中俣沢を下り 大清水に一泊。翌日三平峠 を越えて長蔵小屋に向かった。次の日は 沼尻から尾瀬ヶ原 に出て,原を縦断し鳩待山荘に泊まった。当時は, 鳩待峠までの交通機関はなく,徒歩で 戸倉に出てバスに乗った。
 2回目は,妻と尾瀬に行ったときだった。このときも,富士見下 から入り,東電小屋に一泊した。次の日に 尾瀬沼に抜け,長蔵小屋 から三平峠を通り, 大清水に下ってきた。その後,職場の仲間と春の尾瀬を日帰りで散歩したときにも 大清水から往復したが,たぶんそれだけと記憶している。

 大清水 からの林道歩きは,昔と変わっていなかった。ただ,気のせいか道幅が広くなり,周囲の樹木が大きくなったような気がした。 一之瀬の休憩所は,かつては橋を渡った向こう側にあったが, 橋を渡る手前に移っていた。
 三平峠には昔の雰囲気が残っており,三平下から眺める燧ヶ岳 は昔のままだった。三平下から,尾瀬沼の西を廻り沼尻へ向かった。このコースを歩くのは今回が最初だが, 寂しいくらい静かなコースであり,ゆっくりと雰囲気を味わいながら歩くにはいいコースだ。特に,沼尻近くの小沼湿原が気に入った。 湿原から眺める燧ヶ岳の姿もいい。
 「沼尻」は今は「 ぬまじり」と呼んでいるが,かつては「 ぬしり」または「ぬじり 」と呼んでいた。 私は,「ぬじり」という呼び方で覚えているので,「ぬまじり」という呼び方にはなんとも引っかかるものがある。 (昭和38年発行の「ニューマウンテンガイドブックシリーズ1 尾瀬高原」朋文堂 にも,「 ぬしり」とフリガナがついている。)
 地名の読み方(呼び方)についてはいろいろな考えがあるだろう。長い年月の間に変化していくのは自然の成り行きでもあり, それが言葉というものなのだから仕方のないことだと思う。しかし,わずか数十年の間に変わってしまうのは, 古い友人を失うようで寂しい気がする。また,山の名前などが,眺める土地により名前が微妙に違うのはそれはそれで面白いことだ。
 北アルプスの「穂高」も「 ほだか」と濁って呼んだり「ほたか 」と濁らずに呼んだりするのは,岐阜県側と長野県側での思い入れがそれぞれにあり,興味のあることだ。
 沼尻には船着き場が残っているが,かつては三平下または長蔵小屋との間で 渡し船が動いていた。 私は乗船したことはないが,「ポンポン」というエンジンの音が静まり返った沼面に響いていたことが記憶に中にある。 長蔵小屋で昼食をとり,三平下へ向かった。

尾瀬訪問のあしあと (2018.6.19 追加)

月-日 目的地  概  要
1964 6/11-16 尾瀬から奥鬼怒  富士見下から尾瀬に入り,奥鬼怒へ抜けた
9/29-10/3 奥鬼怒から尾瀬へ  奥鬼怒から入り,大清水小屋,長蔵小屋,鳩待山荘に宿泊,鳩待峠から戸倉へ
1965 10/3-6 奥鬼怒から尾瀬  奥鬼怒から入り,長蔵小屋,東電小屋に泊まり,富士見下への単独行
1967 9/30-10/1 富士見下から大清水へ  富士見下から入り,東電小屋に1泊,翌日尾瀬沼から大清水へ
1998 7/13-14 尾瀬ヶ原  御池から三条の滝を通り,東電小屋へ。翌日,尾瀬沼に抜け,沼山峠へ
1999 7/25-26 至仏山〜アヤメ平  鳩待から至仏山を登り,尾瀬ヶ原に下って東電小屋に一泊。翌日アヤメ平から鳩待へ
10/24 燧ヶ岳  単独で,御池から往復
2000 5/29 尾瀬ヶ原  鳩待から雪解けの尾瀬ヶ原を散歩
2002 8/31 尾瀬沼  大清水から尾瀬沼一周
10/12 燧ヶ岳  御池から燧ヶ岳に登り,長英新道を大江湿原に下り沼山峠へ
2004 5/1 尾瀬沼  大清水から残雪の尾瀬沼へ
7/11 尾瀬ヶ原  鳩待峠から竜宮まで往復
2005 5/3 至仏山  鳩待峠から雪の至仏山を往復
5/25-26 尾瀬ヶ原  鳩待峠からアヤメ平を経て見晴にテント泊,翌日原を縦断して鳩待峠へ
10./0-11 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  沼山峠から入り,温泉小屋に一泊,翌日御池へ
2006 4/26 尾瀬沼  大清水から,凍結した尾瀬沼の横断に挑戦
7/8-9 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  沼山峠から入り,見晴らしでテント泊,翌日燧裏林道を通って御池へ
8/20 尾瀬沼  友人を案内して沼山峠から尾瀬沼を往復
9/30-10.1 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  大清水から入り,見晴らしでテント泊,翌日尾瀬ヶ原を縦断して鳩待へ
2008 10/18-19 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  沼山峠から入り,見晴しの檜枝岐小屋に一泊,翌日裏燧林道を通って御池へ
2009 7./1 尾瀬沼  大清水から入り,尾瀬沼を一周して戻る
10/10-11 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  沼山峠から入り,見晴しの檜枝岐小屋に一泊,翌日裏燧林道を通って御池へ
2010 4/25 尾瀬沼  大清水から,凍結した尾瀬沼へ,帰路は冬路沢から廃林道経由で一ノ瀬へ
10/15-16 尾瀬沼・原・至仏山  大清水から入り,尾瀬沼を経て檜枝岐小屋で一泊。翌日は至仏山を登って鳩待峠へ
2011 6/12 尾瀬沼  沼山峠から入り,尾瀬沼まで往復
2012 4/21 尾瀬沼  大清水から氷結した尾瀬沼まで往復
7/2-3 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  キャンプ下見で,沼山峠から入って見晴に一泊し,鳩待ちに抜けた。
7/23-25 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  学校キャンプで,沼山峠から入って見晴と山の鼻にそれぞれ一泊。鳩待ちに抜けた。
2013 6/9 尾瀬ヶ原  鳩待ちから入って竜宮まで往復
6/27-28 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  キャンプ下見で,大清水から入って見晴に一泊,鳩待ちに抜けた。
7/23-25 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  学校キャンプで,沼山峠から入って見晴と山の鼻にそれぞれ一泊。鳩待ちに抜けた。
10/4-5 尾瀬ヶ原  鳩待ちから入って東電小屋に一泊。鳩待ちに戻った。
2014 7/23 尾瀬沼  大清水から尾瀬沼往復
10/10-11 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  大清水から入って見晴に一泊。鳩待ちに抜けた。
2015 4/25-26 アヤメ平〜尾瀬ヶ原  鳩待ちから入ってアヤメ平を通って見晴らしで一泊。翌日尾瀬ヶ原を横断して鳩待ちへ
7/2 尾瀬沼  キャンプ下見で,大清水から尾瀬沼往復
7/22-24 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  学校キャンプで,大清水から入って,尾瀬沼,尾瀬ヶ原を回って鳩待ちへ。
10/13-14 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  大清水から尾瀬沼経由で見晴らしで一泊。翌日尾瀬ヶ原を縦断して鳩待ちへ。
2016 4/30 至仏山  鳩待から雪の至仏山往復
7/4-5 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  キャンプ下見で,大清水から入って見晴に一泊,鳩待ちに抜けた。
7/12 会津駒ヶ岳  滝沢登山口から会津駒ヶ岳・中門岳を往復
8/2-4 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  学校キャンプで,大清水から入って,尾瀬沼,尾瀬ヶ原を回って鳩待ちへ。
10/18-19 尾瀬ヶ原  鳩待から入って見晴に一泊し,鳩待に戻った。
2017 5/2-3 アヤメ平〜尾瀬ヶ原  鳩待から雪のアヤメ平を通って尾瀬ヶ原へ
7/3-4 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  キャンプ下見で,大清水から入って見晴に一泊,鳩待ちに抜けた。
7/15-16 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原  友人たちと,大清水から入って見晴に一泊,鳩待ちに抜けた。
8/1-3 瀬沼〜尾瀬ヶ原  学校キャンプで,大清水から入って,尾瀬沼,尾瀬ヶ原を回って鳩待ちへ。
9/9 会津駒ヶ岳  滝沢登山口から会津駒ヶ岳・中門岳を往復
2018 5/4-5  尾瀬沼  大清水から入って,尾瀬沼ヒュッテに一泊,翌日,往路を戻った。