に戻る 三斗小屋宿跡  


三斗小屋宿跡の大灯籠
 三斗小屋宿はかつて会津中街道の宿として栄えたところだ。
 
会津中街道は,会津若松から大峠を越えて,氏家町阿久津河岸に至る約123kmの道で,元禄8年(1695)に自然災害で通行できなくなった会津西街道に変わる道として開かれた。主として会津藩会津南部の幕府領廻米輸送に利用され,一時は参勤交代の大名行列にも利用されたが,やがて会津西街道の復旧に伴い交通量が激減した。
 慶応4年(1868)
戊辰戦争に際して,沿線の村は被害を受けた。24戸もの家が建ち並んでいた三斗小屋宿は全戸焼き払われ,板室宿も2戸を残して全焼してしまった。
 その後も
会津南部阿久津河岸を結ぶ近道として利用されていたが,明治37年の磐越西線の開通により,荷物輸送路としての使命を終えた。
 このようにして三斗小屋宿は地図から姿を消したが,その歴史的価値を見直す動きを受け,
那須北ライオンズクラブの事業として昭和58年度から石灯籠などの復元を行い,現在に至っている。

ページトップへ