に戻る 早稲沢(ワセッサワ)  

 かつて(30年ほど前)早稲沢を上りつめた峠から,小淵沢(ニゴリ沢)の林道まで荷物運搬用の索道(ロープウエイ)がかけられていた。当時,長蔵小屋の荷物は,大清水から中俣沢林道を登り,小淵沢林道の途中まで車で上げ,そこから早稲沢の峠まで索道で上げていた。早稲沢の峠からは,キャタピラの付いた特殊な車で長蔵小屋まで運んでいた。
 昭和40年10月,私は,
奥鬼怒の日光沢温泉を朝に立って,鬼怒沼から中俣沢を下り小淵沢の合流点から小淵沢を登って小淵沢の田代から長蔵小屋に行くつもりで歩いていた。このコースは前年の6月に逆コースで歩いていたが,檜高山を半周するようなコースで,なんとか近道はできないものかと考えていた。小淵沢の途中から直接に尾瀬沼に出られれば,かなりの近道となる。地形図で調べたが,岩場や崖は無いようである。行って行けないコースではない。考えながら歩いていると,索道が目に入った。この索道の話は以前に聞いていたので,この索道に沿って登ることにした。歩き始めだけは,索道の点検用に歩いたと思われる踏み跡が付いていたが,少し進むと全く何もなくなった。クマザサが背丈以上にも高く生い茂り,視界は全く効かない。時々,倒木の上に乗って進行方向を確かめた。頭上を通っている索道も,背の高い樹林に隠され,見失いがちになる。頭上を通る索道に沿って登るので,急な斜面を一直線に登ることになり,傾斜もかなり急になる。少し進んだところで,無謀だったかなと後悔したが,一方で,このくらいなら何とかなるという自信みたいなものも湧いてきた。結局,40分ほどの藪こぎで峠の索道終点に出られた。ここからは広い道で,突然に尾瀬沼畔の登山道に飛び出した。自分としては,自分の体力や技術などを基にして判断したことで,間違ってはいなかったと思っていたが,今考えると,やはり無謀だったと言わざるを得ない。いろいろな意味で良い思い出にはなっている。

ページトップへ