戻る
    2013 スイス旅行


 7月31日(水) 成田・チューリッヒ


 搭乗機  スイス航空JX611便 エアバス300


 シベリア上空  蛇行した川が見える


 海岸線  陸地の上空にだけ雲がある



 8月1日(木)   チューリッヒ・ザンクトガレン・マイエンフェルド


 ホテルの窓から  大きなクレーンが目立つ


 ザンクトガレン旧市街  人通りはあまり多くない


 彫刻を施した出窓  冨の象徴


 特徴的な 木組みの家  隣の家と完全に繋がっている


 大聖堂の天井  素晴らしい絵で埋めつくされている


 聖人の座る椅子  背後の彫刻が素晴らしい


 ハイジの泉  広い芝生でバーベキューを楽しむ家族も


 嶮しい岩山を背に, ハイジ村 のハイキングコース


 標高 2284mユリア峠 にあった小さな湖



 8月2日(金)  サンモリッツ・ディアボレッツア・サンモリッツ


 サンモリッツ湖 に昇る朝日


 ホテル前の植え込みの エーデルワイス


 モルテラッチ氷河  1年で30mずつ後退している


 ロープウエイから


 ロープウエイから


 ラヌンクス・グラキアリス キンポウゲ科


 左が ピッツバリュー ,中央左奥の山が最高峰 ピッツベルニナ


 ロープウエイ


 遠くに白い湖 ウーゴ・ビアンコ


 バスで ウーゴ・ビアンコ を通って ティラノ



 8月3日(土)  サンモリッツ・アンデルマット・グリンデルワルド


 ホテルの窓から


 氷河特急機関車


 氷河特急



 8月4日(日)  グリンデルワルド・クライネシャイデック・ユングフラウヨッホ


 メンリッヘン


 ユングフラウ


 ラウターブルンネンの谷


 アイガー北壁


 メンヒユングフラウ


 ユングフラウシルバーホルン


 クライネシャイデック に近づいてきた


 アイガー北壁


 ゲンチアナ・オリビクラリス リンドウ属


 ユングフラウ鉄道


 ラックレール


 クライネシャイデックアイガー


 登山電車 がゆっくりと下ってきた


 アイスメール から見た フィッシャー氷河


 スフインクステラス


 プラトーテラス が見えたこれからあそこへ行く


 クライネシャイデック が足元に見える


 ユングフラウ


 スフィンクステラス


 グリンデルワルド に降りてきた


 ウェッターホルン



 8月5日(月)  グリンデリワルド・シニゲプラッテ・ツェルマット


 グリンデルワルドの家  建国記念日の飾り付け


 ベルナーオーバーランド鉄道


 登山電車 私たちはこの トロッコ車両 に乗った


 プルサティラ・アルピナ


 ユングフラウ には強風が吹いている


 エーデルワイス


 インターラーケンの ヘーエマッテ広場 からユングフラウがよく見える


 トゥーン湖 クルーズ


 ツェルマット についた マッターホルンが出迎えてくれた



 8月6日(火)  ツェルマット・ゴルゴグラード・リッフェルベルク


 ホテルの窓から見た 朝日に輝くマッターホルン


 今日のマッターホルンは 雲一つ無い


 登山電車の窓から もよく見えた


 左が モンテローザ(4634m) ,右が リスカム(4527m) マッターホルン より高い。


 クルムホテルマッターホルン


 ゴルナー氷河


 ローテンボーデン駅から ハイキングスタート


 アンドロサケ・アルピナ サクラソウ科


 小リッフェル湖


 リナリア・アルピナ  ゴマノハグサ科


 小リッフェル湖を通ってリッフェルベルク駅を目指す


 センペルビウム・アラクノイデウム  クモニスバンダイソウ属


 マッターホルンは,ますます 雲に隠れて しまった



 8月7日(水)  ツェルマット・エギュー・テュ・ミデイ・ ベルン


 ローヌ川の谷


 建物の上に ミディ展望台 が見えた


 シャモニー の街


 ミディ北峰に向かう ロープウエイ


 中央峰展望台 へは,橋を渡ってエレベーターで上る。


 ロケット型の 中央峰展望台


 ベルンに向かうバスの窓から よく手入れされた畑地が見えた


 バラ公園から見た ベルン旧市街


 アーレ川