戻る

乗  用  車



TOYOTA HARRIER  2.4G
  2000年10月〜2008年7月


 この車は, 2000年12月 に,マイナーチェンジ直後に購入したものだ。パワーユニットは 2400cc で,遠出したときの運転しやすさには満足していた。
 この車を購入したときには,雪のある山に出かけるようになることなど,考えてもいなかったので,燃費のことや価格を考えて FF にしたのだが, 4WD にしておけば良かったと,ちょっぴり悔やんだ。
 運転席の視点が高いので,周囲が見やすく,安心感がある。視点が高いと,スピード感が割引きされるので,ついついスピードを 出し過ぎてしまうのが欠点。
 パワーに不足を感じたことはないが,その分燃費が良くない。もっともこれは,ゆっくり走ることが嫌いな私の性分に起因するこ となので,納得しなければならない。
 写真は,2008年2月16日, 奥日光歌ヶ浜駐車場 で撮したもの。タイヤは,ホイールごと スタッドレスタイヤ に交換しているので,オリジナルではない。ボンネットのアンテナは, アマチュア無線用 のアンテナ。


 SUBARU LEGACY OUTBACK 2.5i
  2008年7月〜2012年6月


 2008年7月,HARRIERの 走行距離が10万kmを越えたので,ガソリン高騰の折から燃費の良い車に買い換えることにした。
 今回は 4WD車 にすることで,色々な車を比較検討した。 最終的には, ハリアー の新型と,この アウトバック が残った。 ハリアーは「高級車」であり,造りの丁寧さ高品質感では,やはり優れている。その分, 車体が重く ,10/15モード燃費も悪い。それだけに,高速走行時の安定感は優れている。一方, OUTBACK は,同じ 4WD (subaruでは AWD と言う)で,ハリアーより 250kg も軽く,その分燃費が良い。室内の造りの高級感はないが,それは我慢することにした。
 AWDトルク配分や4輪個別のブレーキ制御を自動的に行う 「VDC」 ( ビークルダイナミクスコントロール )が,5月のマイナーチェンジから2.5リットル車にも装備され,雪道の安全性も一段と向上した。 
 写真は,2010年12月12日, 奥日光歌ヶ浜駐車場 で撮したもの。タイヤは,ホイールごと スタッドレスタイヤ に交換しているので,オリジナルではない。ボンネットのアンテナは, アマチュア無線用 のアンテナ (最近は保安基準が厳しくなり,ボンネットへの突起物の取り付けはできない)


 SUBARU LEGACY OUTBACK 2.5i EyeSight
   2012年6月〜


 60歳定年退職後に再就職した仕事も9年目になった。この仕事を辞めるときには,車を買い換えようと考えていた。 僅かだが退職金も出るので,購入の足しにもなるはずだった。ところが,この4月から雇用形態が変わり,退職金が精算され支給 されてしまった。折から,エコカー補助金の予算も7月中には底を突きそうだという予想が発表されたこともあり,時期を 早めて購入することにした。
 私の年齢から考えても,車を運転できるのはあと10年程度だろうから,今度買う車が,生涯最後の車になる。やりくりを続け てきた妻には申し訳ないが,少しだけ贅沢をさせてもらうことにした。
 車選びの第一条件は, 4WD であること。私は冬の奥日光が大好きで,凍結したいろは坂を登る機会は今後も少なからずあるから,これは,はずせない条件だ。 燃費は良いに越したことはない。 HV も長期間で考えると,魅力的だ。ただ, 4WDのHV はまだ僅かしか販売されていない。私は,長距離のドライブが好きで車中泊も楽しみにしている。そのため,妻と私の二人がゆっ くりと寝られる場所がとれるかどうかも条件になる。ということで,色々考えたが,結局最後に残ったのは,トヨタの エスティマHV と,スバルの アウトバック の2つだった。 アウトバック は,モデルチェンジされ,サイズも動力系もまったく新しくなっていた。販売店で実車を見たりしながら比較検討した。
 エスティマHV は値段は高いが,HVと言うことと,室内空間の広さが魅力だ。ところが,実際に販売店に行って実車を見たところ,どうもしっく り来なかった。3列シートで室内は広いのだが,作りのコンセプトが,私の求めているものと違っているのだ。7〜8人乗り で快適に移動するための工夫はたくさんなされているが,「車中泊」となると,意外と使いにくいのだ。快適に車中泊をする ためには,かなりの改造が必要になってくる。
 アウトバック については,現在,4年前に購入した旧モデルの車に乗っており,動力性能,走行性能には120%満足している。後席を倒せば, 小柄の私には十分過ぎる長さと,二人で寝るには十分な幅の寝室が現れる。ただ,寝室の天井が低く,あぐらをかくと頭がつ かえることが不満だった。
 新アウトバックは, 全高が6cm 高くなり, 室内高も4cm 高くなった。実際に座ってみたところ,十分とは言えないが,かなり改善されていた。ドアも,旧モデルではサッシュレスの フルオープンタイプ だったが,新モデルでは,オーソドックスな サッシュ式 に変更になっていた。車中泊では,ドアガラスに,目隠しをしたり,防虫ネットを張ったりするが,この時にサッシュレスではそれ がうまく取り付かないのだ。
 ということで, OUTBACK 2.5i EyeSight  を購入することにした。 EyeSight は特に必要とは思わなかったが,今回Ver2となって使い良くなったと言うことなので,入れることにした。
写真は,2012年6月23日, 納車 されたその日に自宅で撮したもの。