ザ ッ ク  2015.2.19 一部追加



  Jack Wolf Skin arcadia 35 1998年〜2004年

 1998年,山歩きを再開するに当たって,新しいザックを買った。特にブランドなどは気にしなかったが,背当ての構造が気に入って買った物だ。
 ザックの,背中に触れる部分に,本体から浮き上がった形で
ネットが張ってあり,背負ったときに,ザックが背中に触れないようになっている。汗かきの私としてはうれしい構造で,jack wolf skin では,現在も,同じ様な構造のザックを作っているはずだ。
 大きさが
約35リットルと手頃だったこともあり,どこへ行くのにもこのザックを背負っていった。




  millet capucin 35/45M 2003年春〜2008年4月

 2003年夏劔岳に登るのに合わせて,新しいザックを買った。今までの物よりやや大きめということで,ミレーのキャプサン35/45を購入した。上蓋が調節できるようになっており。45リットルまで対応できる。使いながら,使いにくいところをいくつか改造している。
 まず,ストックホルダーのループの位置を変え,長さが可変できるようにした。オリジナルでは,固定されたループが底布と背面布とのつなぎ目に縫いつけられており,ストックを着けたままザックを地面に降ろすと,ストックが外れてしまうことがある。そこで,ループを上部に着け直した。
 そのほか,背面に波状のテープを縫いつけ,アクセサリーなどを着けられるようにした。
 2008年,痛みが目立ってきたので,2008年4月の室堂を最後に現役を引退した。




 
PAINE RANDO 30-35M 2004年〜

 1998年からメインで使っていたarcadiaの痛みが激しくなり,買い換えを考えるようになった。
 できれば,チコと
共用で使える物を考えた。いろいろ探した結果,比較的軽量なのが気に入ってこれにした。
 使用した感想は,「軽量」と言うことなので仕方ないが,少し詰め込んで重さが増すとやや頼りなさがある。
 ウエストベルトに,
ループを取り付け,タオルなどが掛けられるようにした。(2004.9.25購入)




  karrimor couger 50-75 2004年〜

   2004年の冬,奥白根山でのテント泊に参加することになった。シェラフやダウンジャケットを持って行くとなると,どうしても40リットルでは足りなくなった。
 そこで,いろいろと探した結果,このザックにした。
50−70リットルはちょうど手頃だった。
 このザックは,
背当ての長さが調節できる機構を持っているので,荷物の重さに応じて,自分で担ぎやすい長さに合わせることができる。
  このザックも,いくつか改造している。センターに付いていた,ストック固定用のゴムループをセンターポケットの両サイドに移動した。これで,2本のストックを並行に固定できる。
 さすがにしっかりした作りで,17〜18kgを担いでも,安心感がある。




 karrimor ridge 25 2006年〜2011年6月

 日頃の日帰り山行などに持って行く小さなザックを探していた。
現品限りの安売りで
karrimor ridg 25 が出ていたので早速購入した。カリマーのザックは,サイドの収納が特徴で,多用途に使え,便利だ。
 小さいザックということで,背中長が短いので背負いにくいが,重いものを背負うわけではないので,我慢している。
 背負ったまま出し入れできる水筒ホルダーを右側サイドに取り付けた。
 機動性もあり,気に入っている。

 (2011.6.21記) 使用も6年目に入り,痛みが目立ってきた。まだ十分使えるのだが,新しいザックが使いたくなって,買い換えることにした。


 


 karrimor ridge 40 2008年4月〜

  millet capucin 35/45M の痛みが目立ってきたので,それに代わる物として,雲の平を機に購入した。
 2〜3泊の小屋泊まり用として,40リットル程度の容量の物を探した。
 既に,カリーマーのザックを2つ使っているが,使いかってはかなりいい。そこでカリマーの40リットルザックと言うことで,このザックになった。
 2気室で,作りもかなりしっかりしている。大切に使おう。



 (2008.10.10 記事追加)

  MAMMUT atoll 25  2009年11月〜

 チコは,日帰りの山行などには,15リットル程度の小さなザックを使っていたが,もう少し大きめのザックが欲しいというので,このザックを購入した。できるだけ軽いことと,レインカバーが内蔵されていること,2気室の作りなどが条件となった。
 今までは雨蓋付きスタイルのザックを使っていたが,これはジッパーオープンタイプで荷物の出し入れがしやすそうに見えた。
 これで日帰り山行から1泊の小屋泊り山行まで十分に使える。
 写真はカタログの写真で,実際にはもっと明るい赤色だ。



 (2010.12.10 記事追加)

  deuter futura 26   2011年6月〜

 karrimor ridg 25 を便利に使っていたのだが,使用を初めて6年目に入り,痛みが目立ちだした。何よりも,新しい機能の付いた新製品が次々に発表され,それを使ってみたくもなってきた。そこで,新しいザックを探すことにした。条件は,
 1 大きさは25リットル程度
 2 2気室
 3 レインカバー内蔵
 この条件を満たしており,さらに,ザックの荷室と背中が密着しないように,ネットを強い力で張った構造が気に入った。


 (2011.06.22 記事追加)

OSPREY-KESTREL 28 S/M  2014年8月〜 

 チコが使っているMAMMUT atoll 25 が意外と使いにくいという。フレームが無いだけ軽量なのだが,少し多く詰め込むと丸まってしまい,背中へのフィット感が良くないのだ。
 そこで,秋に尾瀬一泊の山行を予定しているので,それに併せて新しいザックを購入することにした。
 容量は26〜28リットル程度で,雨蓋タイプ。フレーム内蔵でできれば2気室。私の使っているdeuter futura 26 が気に入っているので,同じものをネットで探したが,適当なものがなかった。これは2気室では無いのだが,比較的小型で軽く,色も良かったので購入した。


 (2015.02.19 記事追加)