スノーシュー
 
1 購入
 私がスノーシューを初めて購入したのは,2001年の冬だった。シーズンの終わりの頃,安売りで購入したもので,全くなにも考えず見た目の大きさが手頃だったのと,他になかったことが理由で購入したのだった。できれば,私と妻用のものと2足欲しかったのだが,1足しか無かったので,代わりに,アルミ製の輪カンジキを一つ買った。

 ◎ LODESTONE
 シューの表には「LODESTONE MOUNTAINEERING」と表示がしてある。幅19.5cm×長さ57cmのもので,この年の冬は,妻がこれを使い,私は輪カンジキを使った。妻がスノーシューで楽に歩けるところも,私の輪カンジキではズボズボ潜ってしまった。スノーシューの効果を納得させられた。 次の年にもう一足買い,今は,これを私が使っている。体重+過重が85kgを越える私用には,少し小さめだが,満足している。
 同時に購入した,EXP OF JAPAN 製のアルミ輪カン





 ◎ ALTAS 821

 次の年,妻用にもう一つ買った。「ALTAS」というメーカーのもので,「821」というモデルだ。これはシリーズ最小のモデルで,サイズが 8.5"×21"で,荷重が75lbs〜140lbsというふうにカタログに書いてある。荷重をkgに直すと34kg〜63kgとなり,妻用としては丁度良いかなと思っている。
 スノーシューは,荷重に応じてサイズが決められている。小さいほど取り回しには便利だが,その分,沈みも大きくなる。

 
日光の戦場ヶ原付近を歩いた感想としては,かなり役に立つ道具だという気がする。新雪ではかなり沈むし,階段などは特に歩きにくい。しかし,もともとそのようなものだと納得すれば,それなりに使えるものだと思う。

2 LODESTONEの破損
 2004年1月10日に,スノーハイキングに奥日光へ出かけた。湯元から刈込湖を往復する計画で,歩き始めた。金精道路を越えたところでスノーシューを付け,小峠を目指して歩き始めた。ところが,歩き始めて少しすると,突然左足のスノーシューが足からぶら下がった。スノーシューが壊れたのだ。靴を包むようにして固定するためのプラスチックプレートが,付け根の部分から折れてしまったのだ。
 このときは,持っていたベルトで応急手当をして歩くことができたが,深い山の中だったら,遭難にも繋がりかねない
重大な事態だった。
 さっそく,修理に出すことを考えたが,修理に出せば,
1か月程度はかかるだろうから,今シーズンは使えなくなる。何とか,自分でも修理できそうなので,自分で修理して使うことにした。

◎ 自己修理
 まず,
底のリベットを外し,破断した部分を切り取った。次ぎに,両側のプラスチック板を,幅広の布ベルトを縫いつけて繋ぎ,外したリベットの替わりに同じ太さのボルトで固定した。かなりしっかりと出来上がり,自分としては満足だった。
 このスノーシューを履いて,2月28日に
高山に登った。靴のホールドはかなりしっかりできており,歩くのに不自由や不安はなかったが,左右の方向性がルーズで,つま先の向いた方向をスノーシューが正確に向いてくれない。平坦路では気にならなかったが,斜面のトラバースではかなり不自由だった。やはり,本格的に修理しないとだめだと思った。

◎ WILD−1のホームページ
 何気なく,
WILD−1のホームページをみていたら,WILD−1多摩NT店で購入したLODESTONEのスノーシューが,同じように破断し,それを無償修理してもらったという書き込みがあった。やはり,材質に問題があったことをメーカーが認めたのだ

◎ 問い合わせ
 早速WIDL-1ホームページの「
お問い合わせ」欄に,自分のような場合,無償修理の対象になるかどうか質問した。直ぐに 株式会社 カンセキ WILD-1 事業部 キャンプバイヤー 石川 琢也さんからメールで返事が届いた。結論として,無償修理になるか有償修理になるかはメーカーが決めるので,そのことは何とも言えない。とにかく,販売店で相談して欲しいということだった。

◎ 修理依頼
 結局この冬のスノーシューを履いたのは,2月28日の高山が最後だった。5月1日の尾瀬沼にも持っていったが,使うことはなかった。今シーズンはこれで最後と決め,いよいよ
修理に出すことにした。
 
WILD−1宇都宮駅東店へ持参し,修理を依頼した。このとき,破損の状況と,自分で修理したことを話した。更に,WIDL-1多摩NT店でも同じような事例があり,メーカーが無償修理にしたことなどを説明した。担当の店員は,他の客の応対で忙しい中,丁寧に話を聞いてくれた。有償修理でもやむを得ないが,できれば無償修理になるようメーカーに頼んで欲しいとお願いした。修理伝票にも状況を詳しく書き込み,その旨伝えてくれることになった。
 (2004.5.10 記事追加)
 
◎ 修理完成
 1か月以上経った6月中旬,修理が出来上がったと連絡が入った。無償で修理できたという。早速引き取りに行った。
 靴を包む部分が
最新モデルと同じ材質のものに交換され,新品同様になっていた。
 商品の欠陥は残念なことだが,責任を持って対応するメーカーと店の対応に十分満足した。
←出来上がってきたLODESTONE。靴を包む部分が柔らかいものに取り替えられていた。
(2004.6.20 記事追加)

3 横滑り防止用アングルの取り付け
 ・ LODESTONE

 LODESTONE は平地用のスノーシューだ。傾斜地用に比べると,どうしてもその機能は劣る。特に,斜面のトラバースで,シューが横滑りをしてしまう。底に,横方向のすべりを止めるための仕組みがないのだ。
 そこで,横滑りを防ぐ目的で,アルミのアングルを付けた。アルミの枠にシートを止めているリベットを外し,改めて,アングルと一緒に止めた。アングルの角がシートを傷めないように,アングルとシートの間にクッション材を挟んだ。



 ・ ALTAS 821
 ALTASは,LODESTONEに比べ,前爪に横爪があり,横滑りには強くなっている。
 しかし,もともと平地用のスノーシューなので,斜面のトラバースは苦手だ。
 そこで,LODESTONEと同じ方法で横滑り防止用のアングルを付けた。
 (2008.02.18 記事追加) 



  

 MSR LIGHTNIG-ASCENT 25Y

 LODESTONEALTAS 821も平地を歩くことを前提に作られている。もともとスノーシューはそう言う目的をもった道具なのだが,雪山の登山や山スキーなどに用いられるようになって,傾斜地に適したように工夫がされるようになった。
 その典型が
MSRLIGHTNIG-ASCENTだ。全方向型グリップのアルミフレームが特徴で,アイスバーンや急峻なトラバース時でも安定して歩くことができる。
 発表されたときから注目していたのだが,なんとも高価で手がでなかった。しかしこのところ値下がりしてきたので,ついに2010年11月に通販で購入した。
 このスノーシューのバインディングは,スキー靴やスノーボードの靴にも合うように,大幅な融通性を持たせてあるのだが,その分,操作性が良くない。私の場合は,自分の履く靴に合えばそれで十分なので,そのうちに,使いやすいように改造しよう。
 (2010.12.10 記事追加)


 ALTAS 821の修理

 2015年2月に,ALTAS 821を履こうとしたら,靴をホールドする部分が割れていて履くことができなかった。ALTAS 821は,2002年に購入したものだから,既に12年以上経っている。材質の劣化は仕方ないことだ。そこで,靴のホールド部分を修理することにした。古い部材は全て捨て,新しい材料でホールドを作った。材料は,ホームセンターで購入した「安全ベルト」。適当な硬さもあって丁度良かった。熱した半田ごての先で溶かして切ることで,繊維がほつれることもない。底の部分は,スノーシューにリベットで固定されていたのだが,外した後はステンレスボルトで固定した。これで,当分は使えるだろう。