テ  ン  ト


  IBS ウルトラライトII ゴアタイプ 

 テントを買おうと思った直接の動機は,単純に,山小屋の混雑から逃げたいと思ったからだ。今のところ,夏の一時期を除いて,どうしても土日祝日しか山に行くことができない。ところが,紅葉シーズンなどの山小屋は,殺人的な混雑だ。幸いなことに,まだ,「畳1畳に4人」というほどの混雑には遭遇したことはないが,それでも,かなりの混雑は経験した。
 土日祝日を外して山歩きができるようになれば,テントなど要らないと思うのだが,当分はこういう状況が続くので,やむを得ずというところだ。
 もちろん,テント泊で山に行くというのはそれだけではない。
より自然と一体になり,より深く自然を感じることができる。狭くとも,テントの中は「我が家」であり,自由を謳歌できる。テント泊という選択肢を加えることで,行ける山の幅が広がるが,テントや食料を担いで山登りができるかはあまり自信がない。まあ,無理せずに,行けるところから行けばいいのだ。
 購入したテントは,
IBSイシイスポーツオリジナルテントで「ウルトラライトII ゴアタイプ」という2人用のものだ。別の店で販売している「パイネ ゴアライトテント 2〜3人用」と比較検討した結果,上記の物に決めた。このテントの大きな特徴は,フライシート無しでも前室があると言うところだ。
 昨年12月に奥日光でテント泊したときに,同居させてもらったテントが「
ゴアタイプ」のもので,どしゃ降りの雨に見舞われたが,フライシート無しでも特に問題はなかった。一般のテント泊では,ゴアタイプならばフライシートは無くても十分だということが分かった。そこで,フライシート無しでも前室が確保できるところに魅力を感じて,2005年5月10日,この製品をネットで購入した。結局,フライシートも後で買うことになるのだが,必ずしも持ち歩かなくても良いと思っている。

 テントの使い始めは,6月25日,尾瀬の見晴しテント場だった。雨に降られることもなく,快適な一晩を過ごした。2回目は,8月27日の八ヶ岳赤岳鉱泉テント場だった。このときも雨はなく,快適なテント生活だった。
 2回の使用経験を経て,テント生活をより快適にするための
改造を行った。「改造」と言えるほどのものではないが,テント内に綱を張れるように,小さなループ接着剤で貼り付けた。これで,テント内に綱を張りタオルなどを提げることができる。強度の問題や,漏水のことなども考えたが,この程度ならば問題はないだろう。

 テントの内側に着けたループと張った綱
 赤岳鉱泉でテント泊をしたとき,高度が2200mあるため,8月といえど朝はかなり冷え込んだ。テント本体には,濡れるほどの結露はなかったが,ボトムの部位分にはかなり水滴が付いた。フライシートを着けることでかなり改善されることが見込まれるので,フライシートを購入した。重さも450gと,かなり軽いので,が予想されるときや,気温の低い季節には持って行くことにする。
 (2005.9.5 記事作成)