社 山

期日 2016年(平成28年) 9月10日(土)
 


コース・タイム
 宇都宮(5:24) ⇒ 歌ヶ浜P(6:17)
  駐車場(6:50) → 狸窪(7:17) → 阿世潟(7:52) → 阿世潟峠(8:11) → キレット(8:42) → 山頂(9:31-55) →
          → 阿世潟峠(10:50-11:00) → 中禅寺山(11:58) → 半月峠(12:07) → 狸窪(12:49-55) → 駐車場(13:25)
 歌ヶ浜P(13:45) ⇒ 宇都宮(15:00)

メンバー
 単独

 天気予報では,明日からまたぐずついた天気が続くという。チコが,「山にでも行ってきたら?」と言うので,急遽出かけることにした。候補としては,奥白根山,男体山などがあがったが,最も気楽に登れる社山に登ることにした。

 急ぐ事はなかったのだが,例によって早く目が覚めてしまったので,身支度して5時30分にならないうちに宇都宮の自宅を出た。

 宇都宮を出たときには,上空は雲で覆われていた。石那田辺りでは,
かなり濃い霧が立ちこめていたが,今市辺りからは,霧は上がった。

 日光バイパスを走っている内に
朝日が昇り,その姿がドアミラーに映った。


 前方に日光連山が見えたが,いずれも雲がかかっている。上空は雲が切れて,青空がのぞき始めた。


 日光に近づくに従って,男体山に懸かっていた雲も登り始めた。


 明智第二トンネルを出たところから見える奥白根山は,今日は見えなかった。


 歌ヶ浜の駐車場に着いた。中禅寺湖には底の低い雲が掛かり,社山の姿も見えない。


 男体山も途中から上は雲の中で,湖畔の旅館街だけが朝日を浴びて光っていた。


 今年7月1日にオープンした「英国大使館別荘記念公園」は時間外のためまだ門は閉ざされていた。英国大使館別荘記念公園からイタリア大使館別荘記念公園まで,湖岸を通って行けるようになるのかと思っていたのだが,案内図によれば,その間に「立入禁止」の民間施設があるので,行けないようだ。


 市道からイタリア大使館別荘記念公園に行く近道が,しっかりと整備されていた。
 今日も釣り人は多い。雲の底が少しずつ上昇していき,男体山の裾野がよく見えるようになった。


 狸窪(ムジナクボ)を過ぎると砂利道となり,何本かの沢が道を横切る。今日は沢の水量が多く,道にあふれていた


 間もなく,男体山に懸かっていた雲がとれ,きれいな姿を現した。


 この時期,咲いてる花は少ない。これはこの時期の貴重な花シロヨメナだ。


 少しスピードを上げて歩いたおかげで,駐車場から約1時間で阿世潟に着いた。


 木漏れ日が差し込み,明るい林内は爽やかで気分が良い。


 約20分で阿世潟峠に着いた。今日は残念ながら富士山の姿は見えなかった。
 カラマツの幹に,爪痕のようなものが見えた。クマの爪痕かと思ったのだが,どうやらこれは,鹿の角研ぎの跡らしい。



 阿世潟峠からひと登りすると,雨量観測所のあるピークだ。その先が,私が勝手に名付けた「社山キレット」だ。慎重に通過する。


 ひと上りして振り返ると,中禅寺湖が足元から広がっている。


 ダケカンバの葉の緑と幹の白,そして青空の対比が美しい。ダケカンバの葉ももうじき秋色に染まる。


 私の大好きな「天上の遊歩道」。頂上まであとひと登り。


 これも私が勝手に名付けた「ロックガーデン」 岩の上を越えていくのが楽しい。


 山頂到着  駐車場から2時間41分で,今までの最短時間だ。これまでの最短記録は,昨年10月の2時間47分だから,6分縮めたことになる。

 山歩きは,早ければ良いというものではないが,今回は速く歩こうと決めて努力した結果なのだから,これはこれで嬉しい。


 山頂から西に少し進んだところに,見晴らしの良い場所がある。そこまで行ってみると,そこにはすでに10人ほどの先客がいて,思い思いに休憩していた。今日は土曜日で天気も良く,多くの人が登っていたのだ。登山者の中には,私のように歌ヶ浜駐車場から阿世潟経由で登ってきた人の他に,半月峠駐車場から往復する人もかなりいたことが後で分かった。今日の社山往復で出会った人は30〜40人くらいだった。社山の登山者としては多いほうだ。
 正面奥が
黒檜岳,右奥のピークは奥白根山


 見晴しで,おむすびを食べ,facebookに写真を投稿し,家で待っているチコに電話して無事に山頂に着いたことを報告した。
 見晴しに30分ほどいたが,徐々に雲が増えていき,陽射しが遮られる時間が増えてきた。先を急ぐ山行でもないのだが,下山することにした。
 少し降ったところから
奥白根山の山頂を見た。望遠レンズで覗くと登山道まで良く見えた。


 社山の登山道は,一部で笹が茂り,道を覆い隠している。笹の下に何があるか分からないので,ストックで確認しながら慎重に降った。


 ヤマハハコ 小さい花だが,良く見ると,花びらが繊細で可愛い。


 阿世潟峠まで降りてきた。左に降ると阿世潟へ,直進すると半月峠へ行ける。今日は,時間も早いので,ここから尾根伝いに半月峠まで行って,そこから狸窪に降ることにした。


 少し進むと,中禅寺湖唯一の島,上野島が良く見える。遊覧船が上野島を廻っていた。


 カラマツ林の緩やかな尾根を登っていく。笹丈も短く,歩きやすい。





 尾根を登ったところから振り返って社山奥白根山を見た。社山は大きく,白根山は遠い。


 半月峠の手前に 1655m のピークがある。2011年2月5日に,中禅寺湖から尾根を詰めてこの山に登ったことがある。(レポ) このピークが「中禅寺山」と呼ばれていることをその時に知った。 ダケカンバの幹の取り付けられた銘板には「1650M」とあるが,地形図では1655mとなっている。


 中禅寺山から,尾根に沿って,笹に覆われた急な斜面を降ると半月峠だ。


 半月峠  直進すると半月山へ,左に降ると狸窪に出る。きょうはここから狸窪に降る。


 落ち葉の登山道は,もう秋の気配だ。


 湖畔の周回道路に出た。ここでも沢の水が道路を横断している。


 英国大使館別荘記念公園に寄ってみた。と言っても,建物には入らず庭を素通りしてきた。ここのカフェでは美味しいケーキが食べられるという。ぜひ,混雑しない時期に来てみたいと思う。


 記念公園の入口  なかなかしゃれている。





 駐車場に戻ってきた。男体山には再び雲がかかり始めた。


 シルエットの社山も,山頂には雲がかかった。
 駐車場の車は,朝よりも増えていた。


 後半はやや雲が多めになったが,穏やかな一日で,楽しい山歩きができた。少しペースを上げて歩くこともできたし満足した一日だった。

ページトップへ