閉じる
硫黄岳-赤岳

2018年(平成30年) 6月13日(水)-14日(木)




コース・タイム
 6/13(水)
  自宅(3:50) ⇒ 佐久IC(5:42) ⇒ 赤岳山荘駐車場(7:00)
   駐車場(7:50) → 堤防河原(9:00-09) → 赤岳鉱泉(10:30-52) → 赤岩ノ頭(12:52-13:00) → 硫黄岳頂上(13:32) → 硫黄岳山荘(14:02)
 6/14(木)
  山荘(6:30) → 横岳(7:31) → 三叉峰(8:16) → 地蔵仏(9:35) → 展望荘(9:41-46) → 赤岳(10:38-11:21)→ 行者小屋(12:50-13:04) →
 → 赤岳鉱泉(13:35) → 堤防河原(14:37) → 駐車場(15:29)
  駐車場(15:45) ⇒ 八ヶ岳山荘(16:00) ・入浴,夕食  駐車場で仮眠
 6/15(金)
  八ヶ岳山荘(4:00) ⇒ 佐久IC(5:10) ⇒ 自宅(7:06)

同行者
    単独

 この時期の八ヶ岳 はとても魅力的だ。一昨年の6月18日に 硫黄岳から横岳を歩いてきた。 (⇒レポ) 今年も!と時期を狙っていたところ,この13日−14日が良い天気になるというので,八ヶ岳に出かけることにした。
 一昨年は,赤岳山荘 に前泊し,日帰りで一周しようとしたのだが,疲労のため,赤岳まで行けず,地蔵尾根を下ってしまった。 今年は,硫黄岳山荘 に宿泊して,ぜひとも赤岳まで行こうと計画した。

 6月13日(水)
 自宅の宇都宮から美濃戸まで約4時間 掛かるから,自宅を午前4時に出発した。予報に反して天気はあまりよくない。かなり霧が深い。

 北関東道の波志江SA を過ぎたところで日が昇った。


 上信越道の碓氷橋 が,相変わらず美しい姿を見せている。天気は回復して,青空が広がっている。


 佐久ICで高速を降り,大門街道を上っていくと再び に包まれた。


 白樺湖から下って少し走って行くと,右手に 八ヶ岳が見えてくる。中央のなだらかな山頂が 硫黄岳だ。


 赤岳山荘の駐車場 に着いた。一日1,000円と言うことで,2日分の2,000円を払った。 駐車場は,満車と言うほどではないが,かなりの車が停まっている。


 途中の波志江SA で買ってきた助六寿司を食べて朝食とし,早速身支度をして出発した。


 今日は平日 と言うことで,登山者の姿は少ない。


 北沢を赤岳鉱泉 に向かった。明るい林道歩きは快適だ。


 マムシグサが咲いていた,色合いなどは ユモトマムシグサに似ているが,確かなことは分からない。


 林道終点の堤防河原  ここからはいよいよ山道になる。


 スミレの同定は苦手だ。日光などでよく見るものと少し違うが, タチツボスミレだろう。


 キバナノコマノツメ  葉が,駒ノ爪(馬の蹄)似ているのでこの名がついた。


 暑くなったので,長袖を脱いで,アームカバーを着けた。


 稜線が見えてきた。大同心 が見える。


 赤岳鉱泉 に着いた。2時間40分かかった。一昨年は2時間掛からなかった。 今日は急がなかったこともあるが,体調はあまりよくない。


 赤岳鉱泉からは,展望山荘 赤岳の山頂が見える。


 少し休んで,硫黄岳 に向けて出発した。


 展望荘に荷揚げのヘリが来ていた。


 高度が上がってくると,木々の間に阿弥陀岳 が見えてきた。


 足下にイワカガミが咲いていた。


 ヒメイチゲ


 コミヤマカタバミ


 更に高度が上がると赤岳 が見えてきた。


 赤岳,中岳,阿弥陀岳   少し雲が増えてきた。


 ナナカマド


 硫黄岳は南面も鋭い岸壁だ。


 赤岩ノ頭 ここを左に行くと 峰の松目に行ける。 硫黄岳は右に行く。


 雲が出てきた。


 硫黄岳山頂


 天狗岳も雲に隠れてきた。


 振り返って赤岩ノ頭を見た。


 硫黄岳山荘が見えた。


 硫黄岳山頂  気温が下がり風も出てきた。寒い。長居は無用,写真を撮っただけで下山を開始した。


 硫黄岳爆裂火口壁


 ガスが出てきた。ガスの向こうに硫黄岳山荘 が見える。


 イワウメ 今回の山行ではたくさんのイワウメに出会えた。


 幅広い尾根に,ルートを示す大きなケルン が並んでいる。


 野辺山方向を見た。 ビニルハウスが光っている。何を育てているのだろうか。


 振り返って,赤岩ノ頭を見た。


 今日の宿,硫黄岳山荘が近づいた。


 硫黄岳山荘は,かつては 硫黄岳石室と呼ばれていた。 強風を避けるために,石を積んで半地下構造にしていたためそう呼ばれた。やっとたどり着いたという感じだ。 赤岳鉱泉から,前回は2時間30分だったのだが,今回は3時間10分かかった。とても疲れた。


 山荘は, 1階が食堂などで, 寝室は2階だ。 内部は明るく清潔で,快適に過ごせそうだ。標高が高いためか気温が低い。持ってきたものを全部着込んで布団に潜り込んだが, 体が冷えているため,なかなか暖まらない。30分ほどして階下の談話室に行き,生ビールを飲んだ。 食欲は起きないが,ビールは美味しかった。


 疲れすぎて食欲がない。 1杯のグラスワインで流し込んだ。


 食事の後,日没の写真を撮りたかったのだが,周囲は濃い霧 に包まれ何も見えない。諦めて布団に潜った。 なかなか眠れなかったが,20時の消灯は気がつかなかったから,それまでには眠れたらしい。 いつものように,朝までには何度か目を覚ましたが,比較的よく眠れた。

 6月14日(木)
 日の出は4時30分過ぎだろうと判断し,少し前と言うことで 4時20分に外に出てみたらもう日が昇りかけていた。 あわてて写真に収めた。雲海の向こうに暖かな光を放つ太陽がゆっくりと昇ってきた。


 山荘も暖かな光に包まれる。寒さを忘れ,その光を全身で浴びていた。


 食欲はなかったが,朝食も頑張って食べた。身支度をして出発したのは 6時30分 だった。宿泊者の中で最も遅い出発になってしまった。予想したほどには寒くないが, ウインドブレーカーを着て, オーバーズボンを履いた。


 硫黄岳は昔から コマクサが自生していた。そのコマクサを守ろうと建てられたのが 駒草神社だ。


 この時期の八ヶ岳で最も鮮やかな色を見せるのが,この オヤマノエンドウだ。


 まず目に飛び込んできたのが北アルプスの稜線 だ。


 乗鞍岳


 御嶽山


 中央アルプス


 硫黄岳を振り返る。


 白馬−鹿島槍


 キバナシャクナゲ


 「台座の頭」まで登ってくると, 富士山が見えた。


 妙高連山


 横岳山頂  山頂に居た登山者に,バックに富士山を入れて写真を撮ってもらった。


 金峰山と奥秩父の山 五丈岩も見える。


 富士山の残雪も少なくなった。


 南アルプス


 赤岳と阿弥陀岳の間に南アルプスが見える。


 北アルプスの稜線


 足下に広がる市街地は茅野市 。その右には諏訪湖が見える。


 白馬岳の方から雲に隠れてきた。


 赤岳と富士山 この写真に,本邦第一位の 富士山と第二位の 北岳が写っている。


 富士山と三叉峰


 ホソバノアマナ


 ハクサンイチゲ


 コメバツガザクラ





 ウルップソウはこの葉しか見つからなかった。


 ミネズオウ 小さな花だ


 やっとツクモグサに会えた。  白馬岳八ヶ岳 にしか生育していない希少種だ。


 三叉峰 右に赤岳,左に富士山


 ここのツクモグサ は蕾が開きかけたところ。


 チョウノスケソウ 花は チングルマに似ているが,特徴的な葉でそれと分かる。


 赤岳が進行方向にそびえている。


 この時期,黄色い花は少ない。これはミヤマキンバイ。


 イワハタザオ


 ミヤマオダマキはまだ蕾だ


 地蔵尾根分岐  一昨年は赤岳まで行けず,ここで下山してしまった。今日も疲れは溜まっている。 ここで降りようかという誘惑に誘われたが,もし今年ここで降りてしまったら,もう一生赤岳には登れないだろう。 勇気を奮い起こして赤岳に向かった。


 赤岳展望荘 ここもかつては 赤岳石室と呼ばれていた。


 急斜面を登って山頂を目指す。


 振り返ると,急傾斜が分かる。ゾクゾクする高度感だ。


 キバナシャクナゲ でもここの花はピンク色だ。


 このピンクの花を漬けた株の葉は左だからキバナシャクナゲ  一方,右はハクサンシャクナゲ の葉。葉身と葉柄の付き方に違いがある。


 頂上小屋が見えてきた。もう少しだ。


 頂上小屋 37年前の 1981年 にこの小屋に泊まったことがある。数枚の写真が残っているが,記憶はあまりない。


 赤岳山頂


 稜線の東側から ガスが昇ってきた。天気は崩れてきた。軽く食事をして,下山することにした。


 文三郎道を下ることにした。 岩の隙間に イワベンケイが咲いていた。


 急傾斜を,石を落とさないように最大限の注意をしながら下った。


 阿弥陀岳方向との分岐。手前の山は 中岳で,後ろの 阿弥陀岳にはガスが掛かっている。


 急傾斜の下山道 がずっと先まで続いており,その先に行者小屋 が見える。


 イワカガミ


 階段が続く 。若い人がトントントンと軽快に下っていったが,私には無理。ダブルストックで一段ずつ慎重に下っていった。


 樹林帯に入っても急傾斜は続く。


 ミネザクラが咲いていた。


 行者小屋 美濃戸に下るには,行者小屋から 南沢 にそって下るのが一般的だが,一昨年にそこを下ってみて,意外と歩きにくかった。今回は, 赤岳鉱泉を経由して 北沢にそって下ることにした。  少し休憩して赤岳鉱泉 に向かった。

 約30分で赤岳鉱泉に着いた。


 赤岳鉱泉から約1時間で 堤防河原に着いた。ここからは林道歩きだ。

 堤防河原から50分で 駐車場に戻った。



 濡らしたタオルで顔と手足を拭き,身支度を解いて駐車場を出発した。 美濃戸口まで対向する車はなかった。


 美濃戸口の八ヶ岳山荘 で入浴し,生ビールを飲んだ。あまり食欲はなかったが夕食も食べた。 車の中には,念のために寝袋を持ってきていたので,そこで横になった。なかなか寝付けないで居ると,夕方から小雨が降り出した。 赤岳にも夕立があったという。意外と好天は続かなかった。好天のうちに下山できて幸運だった。
 翌朝4時に駐車場を出発し帰途についた。自宅には7時少し過ぎに着いた。


 ページトップへ