閉じる
戦 場 ヶ 原

2019年(令和元年) 5月17日(金)




コース・タイム
 自宅(8:10) ⇒ 宇都宮ロマチック村(8:40-50) ⇒ 赤沼駐車場(9:30)
  駐車場(9:50) → ハリギリ広島(10:55) → 小田代原(11:36-12:05) → 駐車場(13:12)
 赤沼駐車場(13:18) ⇒ 霧降滝(14:00-10) ⇒ 大江戸温泉霧降(14:20) 

同行者
    チコ


 今日は,夕方から,チコの兄弟会が開かれる。天気予報も良かったので,戦場ヶ原を歩いてから会場に向かうことにした。
 
赤沼駐車場からは,奥白根山の山頂が見える。5日前の12日にはあの山頂に立っていた。そのときより更に雪解けが進んだようだ。


 赤沼茶屋前の交差点から見る三岳の上にはかなりまとまった雲が集まっている。青空は見えるのだが,天気予報ほどには良くならないかもしれない。


 赤川沿いの道は,日も差し込んで明るい。赤川は渇水で,川底を見せている。


 種子を飛ばした後のオオウバユリが残っていた。


 戦場ヶ原のユニバーサル歩道も,作られてからほぼ10年。痛みも進み,接ぎが当てられている。


 ミヤマウグイスカグラが咲き始めていた。


 タチツボスミレ


 ズミも芽吹き始まった。


 昨年夏に新しくなった青木橋


 ヒゲネワチガイソウ


 ヒメイチゲ


 小田代原の周回歩道は,車椅子でも通れるように,脱輪防止の縁が付いている。


 ここからは,男体山貴婦人が一直線に見える。


 また雲が増えてきた。薄暗く感じる。


 貴婦人にスポットライトが当たった。


 フデリンドウ フデリンドウの高山型がタテヤマリンドウだ。喉のところの縦縞の模様が似ている。


 ヒメイチゲは,花が終わるとコンペイトウのような実になる。


 キビタキ 喉と胸のオレンジ色がきれいだ。


 キビタキの後ろ姿


 赤沼駐車場に戻って来た。


 宿に向かう前に,ヤマツツジを見るために霧降ノ滝に寄った。


 毎年,この時期に開催されている兄弟会には,3組の夫婦6人が集まった。それぞれに歳をとり,あと何回開催できるかは分からないが,健康でいられる今を感謝したい。翌日は,日光市内にある東大日光植物園(⇒レポ )を見てから,解散した。

ページトップへ