に戻る 思い出の山シリーズ 2
太 郎 山

期日 1963年(昭和38年) 10月5日(土)〜6日(日)
(作成日 2015年1月13日)
 


コース・タイム

10/4 宇都宮(12:28)⇒日光(13:45)⇒和の代(15:40)(泊)
10/5 和の代出発(6:03)→古川アルミ(6:15-25)⇒中禅寺湖(7:00)⇒三本松(7:25-35)→裏男体林道分岐(7:45)→
    →光徳ロッジ(8:00-15)→太郎山分岐(8:30-40)→ハガタテ頂上(11:00)→小太郎山(昼食)(12:03-13:05)→
    →太郎山(13:30-14:05)→お花畑(14:10-35)→志津分岐(15:15)→男体林業飯場(16:50)→三本松(17:55)→
    →菖蒲ヶ浜(夕食20:05,就寝20:35)(泊)
10/6 菖蒲ヶ浜⇒(バス)⇒湯滝→小田代→西ノ湖→千手ヶ浜→赤岩→菖蒲ヶ浜〜(船)〜中宮祠⇒日光⇒宇都宮

同行者
   堀江 郁男


 大学2年(1963年)の秋,サークル「視聴覚教育研究会」の1年先輩のHさんと奥日光を散策した。前年4月に大学の教育学部に入学した私は,進路について悩んでいた。教育学部は教員養成の場なのだが,まだ自分は教員になる決心が付いておらず,理系へのあこがれを持ち続けていた。といって,理系の大学の再受験も決心がつかず,悶々としていた。こんな時,先輩のHさんが声をかけてくれた。菖蒲が浜に泊まれる部屋があるので,そこに1泊して奥日光を歩こうという。Hさんとはそれほど親しい間柄ではなかったのだが,誘ってもらって嬉しかった。Hさんは,たしか,日光に住んでいたと記憶している。
 前日は,昼過ぎに
宇都宮の自宅を出て,日光線で日光に向かった。その日は,日光和の代の兄の家に泊めてもらった。兄は,古川鉱業日光電気精銅所につとめており,和の代の社宅に住んでいた。それまでにも幾度か山登りの前日に泊めてもらっていた。
 Hさんとどこで落ち合ったか,はっきりした記憶はないが,たぶん,三本松のバス停だったように思う。三本松の県営駐車場は,現在のように整備されてはおらず,砂利敷きの広場だった。この頃は,まだ自家用車は増えてはおらず,紅葉時期でも大渋滞は発生していなかった。第二いろは坂が開通したのが1966年だから,この時はまだ,第一いろは坂(当時はただ「いろは坂」と呼んでいた。)を対面通行していた。
 三本松から右に入り,光徳を目指した。「光徳ロッジ」という看板の前で撮った写真。


 手元にある古い地図を見ると,光徳には,アストリアホテルのほかに,光徳ロッジ光徳荘光徳ケビン,などの名前がある。
 奥鬼怒林道(山王峠林道)の太郎山登山口に,地図に書いてある「矢島市郎句碑」がある。ハガタテ登山道が土石流のために通行止めになってからは,訪れる人もほとんど無い。
 
矢島市郎は,長野県生まれで,奥日光の山をよく歩き,1951年に日光国立公園レンジャーの第一号となった人だ。


 碑面には
 
白樺は 
  月が夜来て
    晒すらし

 とある。


 ハガタテは,直線的なガレの登山道で,当時はまだ通行止めにはなっていなかったが,落石が多く危険なコースだった。白黒写真からは想像できないが,青空に紅葉が映えてきれいだった。


 ハガタテコースは大きな石がごろごろする何コースだった。降雨の度に石が流れるため,トレースはついていない。自分で判断して,安定した石を選んで足をつくという登山で,標準タイムより1時間も多くかかってしまった。


 太郎山頂での記念撮影。当時は山頂標識はなく,小さな石の祠があるだけだった。そのことがきっかけで,翌年夏に山頂標識を担ぎ上げることになる。
 下山は,旧噴火口のお花畑を横切って,志津の方に下った。現在「
新薙コース」と呼ばれているコースだ。途中,新薙を横切るのだが,落石が多い上に,対岸の入り口がわかりにくく,道迷いがよく起こるコースだ。

 下山してからは長い林道歩きがあり,林道を歩いているうちに日が暮れた。
 
菖蒲が浜にある小さな小屋に,Hさんが鍵を開けて入り,簡単な夕食を食べて直ぐに床についた。
 翌日は,
湯滝までバスに乗り,西ノ湖を目指して歩き始めた。


 西ノ湖は,水位の変化が大きい湖で,秋から冬にかけては水位が下がることが多い。それから後,西ノ湖は私のお気に入りの場所となり,年間に数回も行くことになるのだが,私が西ノ湖を初めて訪れたのはこの時だ。


 対岸の紅葉がきれいだった。


 西ノ湖から千手ヶ浜に出て,赤岩コースで菖蒲が浜に出た。このコースも,この時初めて歩いた。


 菖蒲ヶ浜から中宮祠まで遊覧船に乗った。湖面から眺める湖岸の紅葉をはとてもきれいだった。


 中宮祠からバスで日光駅まで行き,電車で宇都宮まで帰った。
 この山行は,第一日目だけ細かなメモ書きが残っていた。そのときにはそれほど重要なこととは思わなかったのだが,後になって思い出すとき,そのメモ書きの重要さが分かった。
 Hさんとは,そのあと一緒に山に行くことはなかったが,とても良い思い出として残っている。



ページトップへ